センバツ高校野球の出場校決定!さっそくチェック!

2019年の春のセンバツ高校野球の出場校が決まりました!

各地区の上位進出校、明治神宮大会、またセンバツでは21世紀枠、

それぞれの出場権を満たすために頑張ってきたんでしょうね。

さっそく出場校と出場回数、過去の甲子園での成績などチェックしておきましょう。

北海道・東北地区出場校

札幌大谷(北海道)初

2018年明治神宮野球大会で優勝。初出場。

夏の甲子園の出場はなし。

札幌第一(北海道)3回目

北海道地区準優勝。センバツ高校野球は2年ぶり3度目の出場。

夏の甲子園には3度出場。

八戸学院光星(青森)10回目

東北地区大会優勝。3年ぶり10回目のセンバツ出場。

センバツ高校野球の最高成績は準優勝(1回)。

夏の甲子園には9回出場しており最高成績は準優勝(2回)。

盛岡大付属(岩手)5回目

東北地区大会準優勝。2年ぶり5回目のセンバツ出場。

センバツの最高成績はベスト8。

夏の甲子園は10回出場、最高成績はベスト8。

 

関東地区出場校

春日部共栄(埼玉)3回目

関東地区大会準優勝。22年ぶり3回目。

センバツの最高成績はベスト8。

夏の甲子園は5回出場し、最高成績は準優勝。

習志野(千葉)4回目

関東地区大会ベスト4。10年ぶり4回目の出場。

センバツの最高成績は2回戦進出。

夏の甲子園は8回出場で、最高成績は優勝(2回)。

国士館(東京)9回目

東京大会優勝。10年ぶり9回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は準優勝。

夏の甲子園は1回出場、最高成績は2回戦進出。

横浜(神奈川)16回目

関東地区大会ベスト8。5年ぶり16回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は優勝(3回)。

夏の甲子園は18回出場、最高成績は優勝(2回)。

平成10年は松坂大輔を擁し春夏連覇。

桐蔭学園(神奈川)6回目

関東地区大会優勝。16年ぶり6回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績はベスト4。

夏の甲子園は6回出場で、優勝1回。

山梨学院(山梨)3回目

関東地区大会ベスト4。5年ぶり3回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は2回戦進出。

夏の甲子園は8回出場、最高成績は2回戦進出。

石岡一(茨城)初

21世紀枠、初出場。

東海・北信越出場校

東邦(愛知)30回目

東海地区大会優勝。2年連続30回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は優勝(4回)。

夏の甲子園は18回出場、最高成績は準優勝1回。

春の東邦。

津田学園(三重)3回目

東海地区大会準優勝、17年ぶり3回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は2回戦進出。

夏の甲子園は1回出場、最高成績は2回戦進出。

星稜(石川)13回目

北信越地区大会優勝。2年連続13回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績はベスト8(3回)

夏の甲子園は19回出場、最高成績は準優勝。

啓新(福井)初

北信越地区大会準優勝。春夏とおして初の甲子園出場。

 

近畿地区出場校

出典:https://mainichi.jp/

龍谷大平安(京都)41回目

近畿地区大会優勝、3年ぶり41回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は優勝。

夏の甲子園は34回出場、最高成績は優勝3回(準優勝4回)。

春夏の甲子園通算101勝。

福知山済美(京都)3回目

近畿地区大会ベスト8。5年ぶり3回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績はベスト8。

夏の甲子園は4回出場、最高成績はベスト8。

履正社(大阪)8回目

近畿地区大会ベスト4、2年ぶり8回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は準優勝(2回)。

夏の甲子園は3回出場、最高成績は3回戦進出。

明石商(兵庫)2回目

近畿地区大会準優勝、3年ぶり2回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績はベスト8。

夏の甲子園は1度出場。

智辯和歌山(和歌山)13回目

近畿地区大会ベスト4、2年連続13回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は、優勝1回(準優勝3回)。

夏の甲子園は23回出場、最高成績は優勝(2回)。

市立和歌山(和歌山)6回目

近畿地区大会ベスト8、3年ぶり6回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は準優勝。

夏の甲子園は5回出場、最高成績はベスト4。

中国・四国地区出場校

米子東(鳥取)9回目

中国地区大会準優勝、23年ぶり9回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は、準優勝。

夏の甲子園は13回出場、最高成績はベスト4。

呉(広島)2回目

中国地区大会ベスト4、2年ぶり2度目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は、2回戦進出。

夏の甲子園の出場はなし。

広陵(広島)24回目

中国地区大会優勝、6年ぶり24回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は、優勝(3回)。準優勝も3回。

夏の甲子園は23回出場、最高成績は準優勝(4回)。

春の広陵。

高松商(香川)27回目

四国地区大会優勝、3年ぶり27回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は、優勝(2回)。準優勝も3回。

夏の甲子園は18回出場、最高成績は優勝2回。

松山聖陵(愛媛)2回目

四国地区大会準優勝、2年連続2回目の出場。

夏の甲子園は1度出場。

富岡西(徳島)初

21世紀枠。

 

九州地区出場校

筑陽学園(福岡)初

九州地区大会優勝、初出場。

夏の甲子園は1度出場。

明豊(大分)3回目

九州地区大会準優勝、10年ぶり3回目の出場。

センバツ高校野球の最高成績は、2回戦進出。

夏の甲子園は6回出場、最高成績はベスト8(2回)。

大分(大分)初

九州地区大会ベスト4、初出場。

夏の甲子園は1度出場。

日章学園(宮崎)初

九州地区大会ベスト4、初出場。

夏の甲子園は1度出場。

熊本西(熊本)初

21世紀枠。

まとめ

以上、2019年のセンバツ高校野球の出場校が決まりました。

初出場校が8校、最多出場は龍谷大平安の41回。

大阪桐蔭や沖縄の高校が出場しないのは久しぶりにことではないでしょうか。

出場校が決まれば、次は組み合わせですね。

春を告げると言っても良い春のセンバツ高校野球が、今年も楽しみです。

センバツ高校野球についてはこちらもご参照ください。

日程とチケット価格をチェック!センバツ高校野球2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA