プロ野球の全選手の年俸ランキング2019まとめ

このブログで紹介してきましたプロ野球選手の年俸ランキング。

これまで投手、捕手、内野手、外野手の4シリーズを紹介してきましたが、

今回はその最終章、2019年のプロ野球全選手の年俸をランキングをまとめてみたいと思います。

プロ野球全選手を対象にした高額年俸、増減額をランキングしてみます。

プロ野球高額年俸ランキング2019

出典:https://www.daily.co.jp/

まずは、2019年の年俸のランキングです。

このブログの過去の記事では日本人選手のみでランキングしましたが、

この年俸ランキングまとめでは、外国人選手も含めたいと思います。

なお、プロ野球選手の年俸はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

プロ野球2019年度契約更新 SANSPO.COM

※↑一部の選手が載っていないようですので、独自で調べています。

1.菅野 智之(29)投 手 巨 人 6.5億

2.浅村 栄斗(28)内野手 楽 天 6.0億?

3.柳田 悠岐(30)外野手 S B 5.7億

4.坂本 勇人(29)内野手 巨 人 5.0億

5.丸   佳浩(29)外野手 巨 人 4.5億

6.バレンティン(34)外野手 ヤ ク 4.4億

7.山田 哲人(26)内野手 ヤ ク 4.3億

8.鳥 谷   敬(37)内野手 阪 神 4.0億

8.糸井 嘉男(37)外野手 阪 神 4.0億

8.内川 聖一(36)内野手 S B 4.0億

8.松田 宣浩(35)内野手 S B 4.0億

8.筒香 嘉智(27)外野手 横 浜 4.0億

13.メッセンジャー(37)投 手 阪 神 3.5億

14.青木 宣親(36)外野手 ヤ ク 3.3億

15.岸   孝 之(33)投 手 楽 天 3.0億

15.増井 浩俊(34)投 手 日ハム 3.0億

15.陽   岱 鋼(31)外野手 巨 人 3.0億

18.森   唯 斗(26)投 手 S B 2.8億

18.中村 剛也(35)内野手 西 武 2.8億

18.中 田   翔(29)内野手 日ハム 2.8億

同額の年俸がありますので18位までとなりましたが、2019年プロ野球全選手の20位までのランキングです。

浅村(楽天)は4年で20億円超えとのことで、wikiサイトからの年俸を参考にしました。

ランキング5位の中に巨人の選手が3人、さすがお金を持っている球団ですね。

 

投手部門のところでも書いたんですが、

菅野(巨人)が2019年に15勝したら、次の年俸はどうなるんでしょうか(笑)

2019年の年俸6.5億円は、プロ野球歴代の1位となる金額で、佐々木主浩(元横浜)と並んでいます。

これ以上の年俸になれば日本のプロ野球史上最高額になりますが、

菅野はまだ29歳、あと数年は全盛期が続くでしょうから、最高額更新が期待できます。

・・・それとも、アメリカに行きたいんでしょうか・・・。

 

外国人最高額はバレンティン(ヤクルト)の4.4億円、

年齢をみたときには、山田(ヤクルト)が26歳で4.3億円、筒香(横浜)が27歳で4億円、

外国人や若い選手の2019年の活躍にも注目したいところです。

 

この年俸額のランキングにキャッチャーが入っていません。

キャッチャーの年俸最高額は炭谷銀二朗(巨人)で1.5億円です。

やはり、キャッチャーも野手ですから打撃が良くないと年俸は上がっていかない傾向にありますね。

プロ野球年俸増額ランキング2019

続いて、2019年の年俸の増額をランキングしてみます。

年俸が上がるということは、2018年の活躍ぶりを示しているということです。

1.丸   佳 浩(29)外野手 巨人 +2.4億円

2.菅野 智之(29)投 手 巨人 +2.0億

3.坂本 勇人(29)内野手 巨人 +1.5億円

3.山田 哲人(26)内野手 ヤク +1.5億円

3.森   唯 斗(26)投 手 SB +1.5億円

6.山崎 康晃(26)投 手 横浜 +1.0億円

7.大瀬良大地(27)投 手 広島 +0.82億円

8.中 田   翔(29)内野手 日ハム +0.8億円

8.宮崎 敏郎(29)内野手 横浜 +0.8億円

8.中 村   晃(29)外野手 SB +0.8億円

年俸増額ランキングのベスト10です。

上位3人は巨人の選手。

丸は移籍も影響してか2.4億円、菅野は2.0億円、坂本が1.5億円の増額です。

 

日本1となったソフトバンク、大車輪の活躍をみせた抑え投手の森は1.5億円の増額、

また、中村晃も0.8億円の増額です。

 

昔から台所事情が厳しい広島は、最多勝大瀬良が0.82億円の増額です。

 

増額ランキングで目についたのは、大幅に増額した選手たちの年齢です。

29歳と26歳がほとんどですよねぇ。

ちょうど年俸が上がるタイミングなのか、

FA権取得によって移籍にからむ増額なのかわかりませんが、

ランキング10以内に入った選手たちの年齢がちょっと気になりましたね。

プロ野球年俸減額ランキング2019

残念ながら、年俸が減額した選手たちもランキングにしておきます。

成績が悪かったのか、はたまた怪我などが影響したのか、いろいろな要因が考えられます。

1.金子 弌大(35)投 手 日ハム -3.5億円

2.五十嵐亮太(39)投 手 ヤク -3.4億円

3.和 田   毅(37)投 手 SB -3.0億円

4.中島 宏之(36)内野手 巨人 -2.0億円

5.上原 浩治(43)投 手 巨人 -1.5億円

5.今江 敏晶(35)内野手 楽天 -1.5億円

7.長谷川勇也(33)外野手 SB -1.0億円

8.館山 昌平(37)投 手 ヤク -0.74億円

9.畠山 和洋(36)内野手 ヤク -0.7億円

10.阿部慎之助(39)内野手 巨人 -0.5億円

2019年の年俸が減額された選手たちのランキングベスト10です。

上位3位の金子(日ハム)、五十嵐(ヤクルト)、和田(SB)は3億円を超える減額です。

 

減額となった10人のうち5人は投手ですね。

また、全体的にみると、やはり35歳を超えたベテラン選手たちが多いですね。

まとめ

以上、今回は、プロ野球年俸ランキング2019のまとめということで紹介させていただきました。

プロスポーツの世界ですから、その報酬にはやはり夢がありますね。

6億とかどんな金額なんだろうと思います(笑)。

 

また、年俸の増額減額も実績が影響しますけど、

増額は26歳とか29歳のときに大幅に上がる傾向にあり、

減額はやはり30半ばを過ぎて、そろそろ引退が近いなぁみたいな選手たちが多い傾向にありますね。

これら年俸からも2019年のプロ野球ペナントレースを楽しむひとつの視点になるかと思います。

 

プロ野球年俸ランキング2019は、このブログの中のまとめでした。

年俸を投手、捕手、内野手、外野手別にランキングしていますので、そちらもご覧ください。

【プロ野球】年俸ランキング2019(投手編)

2019年プロ野球年俸ランキング(キャッチャー編)

【プロ野球】内野手の年俸ランキング2019

凄い金額!プロ野球年俸ランキング2019(外野手)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA