プロ野球2019年の注目選手は?横浜ベイスターズ

このブログのプロ野球2019の注目選手シリーズ、今回は横浜DeNAベイスターズをお届けします。

優勝が2回とセリーグで最も優勝回数の少ないベイスターズ。

それでも平松政次、斎藤明夫、遠藤一彦、大魔神佐々木など球界のレジェンド級の投手を輩出してきました。

監督をラミレスが務めてからは2016、2017と2年連続Aクラスで、上位をうかがう状況です。

そんなベイスターズの2019年の注目選手を確認しておきましょう。

ベイスターズ注目の投手

近年はルーキー、新人投手が活躍する傾向にあるベイスターズ。

しかし、若くして活躍したのにその後伸びないというイメージもあるベイスターズ。

そんなイメージのあるベイスターズの2019の注目ておく投手を確認しておきましょう。

東 克樹

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

2018年セリーグの新人賞、東。

立命館大学からドラ1で入団し、24試合の登板11勝5敗、防御率2.45で、

防御率は菅野(巨人)に次ぐセリーグ2位、

勝率.688は先発投手の中でセリーグ1位という堂々たる成績でした。

やはり、新人投手が活躍するベイスターズならではですね。

しかし、近年の過去の例から、活躍した次の年にぱっとしない傾向にあるのもベイスターズ。

そういう意味で、各球団も東を研究してくるでしょうから、

2年目である2019が注目となるわけです。

東がベイスターズを支えるエースになれるか、2年目の投球に注目です。

今永 昇太&濱口 遥大

あえて同じ傾向にある2人を並べて注目投手とさせていただきます。

今永はプロ4年目、1年目8勝、2年目11勝を挙げましたが2018年は4勝止まり。

濱口はプロ3年目、1年目に10勝を挙げましたが2018年は4勝止まり。

実績を残して期待された2018年に不調だった今永と濱口なわけです。

ベイスターズの先発を担う投球ができるかどうか、2019年のこの2人の投球に注目です。

不調を払拭して活躍が期待されます。

上茶谷 大河

新人、若い投手が活躍するのは監督のラミちゃんの野球がそうさせているのかもしれません。

2019年のルーキーイヤーで活躍しそうな候補No.1が上茶谷かもしれません。

昨年ドラ1指名されましたので、これまでの傾向と同じように、ラミちゃんは上茶谷を1軍で使う可能性大です。

他球団と比較すると、サウスポーの先発が多いベイスターズで貴重な?右投げ投手です。

ルーキー上茶谷は注目だと思います。

 

以上、4人を注目の投手としてチョイスしました。

2018年の先発陣、東、今永、濱口、石田はサウスポーです。左が多いんですよ。

そこで右投げである平良、京山、そして上茶谷などが先発を争うことになると思います。

抑えにはセーブ王、小さな大魔神山崎が控えていますので、

やはり、先発投手の頑張りがベイスターズ浮上の鍵を握ることになると思います。

ベイスターズ注目の野手

ベイスターズの主軸は豪華です。

外国人選手を含め良く打つバッターが揃っています。

さらに攻撃力を上げるためには、打率、出塁率が課題でしょうか。

筒香 嘉智

出典:https://sports.yahoo.co.jp/

日本の4番が、ベイスターズの4番です。

チームが強かろうが弱かろうが、勝っていようが負けていようが、

遠くへ飛ばすことのできる長距離砲は全打席観ていたいものです。

2019年も筒香には注目です。

願わくば、毎年40本は打ってほしいです(笑)

宮崎 敏郎

2017年にはセリーグ首位打者、2018年はHR28と活躍していて、

2019年のベイスターズの選手の中で一番給料が上がった選手が宮崎です。

広角に長距離もあることから、何番を打つのかも注目されるところですが、

これまでは5番バッターとして使われることが多いです。

個人的には1、2番あたりを打つと面白かなぁと思ったりしますが。

桑原 将志

得点力をアップするのは、筒香や外国人助っ人の打席の段階でランナーを溜めておくことが重要ですよ。

そうなると特に1&2番バッターの出塁率が求められます。

2019年のベイスターズでは桑原がどの候補ではないでしょうか。

走れる選手ですから、打率をあげたいところ。

桑原の出塁率に注目しましょう。

 

以上、ベイスターズの注目の野手を3人チョイスしました。

HRをみるとロペス26本、筒香38本、宮崎28本、ソト41本と破壊力抜群。

打点もこの4選手がバランスよく稼いでいますので、

やはり、全体的な出塁率の向上が課題でしょうか。

ベイスターズその他の注目点

ラミちゃんが監督を務め4年目になります。

その前は10年連続Bクラス、2008年から5シーズン連続で最下位でした。

ラミちゃんが監督になって2年連続でセリーグ3位でクライマックスシリーズに進出、

2017年は19年ぶりに日本シリーズに進出しました。

つまり、ラミちゃんが監督になって良い成績を収めていて、その手腕は高く評価されているんですよね。

しかし、昨年はリーグ4位。

2019年のラミちゃんベイスターズはAクラスに入り、クライマックスシリーズに出場するのかどうか、

あ、もちろん優勝の可能性もありますけど(笑)、注目です。

 

そして2019年のベイスターズの注目点がもうひとつ。

近年、毎年個人タイトル争いをしています、特に打撃部門。

2018年はソトがホームラン王、2017年は宮崎が首位打者、

2016年は筒香がホームラン&打点の2冠王。

打者ほどの勢いはわりませんが、投手の個人タイトルも2019年は、最多セーブの山崎、新人賞の東という具合です。

つまり、チームが強くなっているのは、この個人のタイトル争いにも表れていると思われます。

2019年も特に打撃部門での個人タイトルが期待されます。

ベイスターズの打撃部門、個人タイトル争いにも注目しておくべきかと思います。

まとめ

以上、横浜ベイスターズの2019年の注目選手をピックアップしてみました。

注目選手、注目点については、一プロ野球ファンとしての全くの私見でありますので、お許しください。

 

ラミちゃんが監督になって良い成績を収めるようになったベイスターズ、2017年は日本シリーズに進出しましたからね。

戦力が充実してきたんでしょうけど、やはり投手力がちょっと不安ですね。

しかし、若い選手、若い投手が毎年活躍する傾向にあります。

これもラミちゃんが若い投手を使って育てようという方針だからだろうと思います。

優勝の可能性ももちろんありますけど、

現実的にはAクラスに返り咲き、クライマックスシリーズへの進出が目標となるのではないでしょうか。

 

今回の記事がスポーツを楽しまれる皆さんにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の<<プロ野球2019年の注目選手は?広島カープ>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA