プロ野球2019年の注目選手は?巨人

このブログのプロ野球2019の注目選手シリーズ、今回は巨人編です。

球界の盟主巨人ですから、それはそれは凄い選手を集めてきますので(笑)、

ほぼほぼ注目選手だらけですよね。

そんな巨人の特に2019年に注目しておいたほうが良い選手をチョイスしてみたいと思います。

今年も移籍組が注目されるでしょうけど(笑)

巨人の注目の投手

巨人の、いや日本プロ野球界の絶対的エースと言っていいでしょう、菅野はほっときます(笑)

注目せざるをえないでしょうから。

巨人入団後6年、2016年だけ勝ち星1桁でしたが、他の5年は全て2桁勝利。

ですから、当然注目投手は別の投手になります。

岩隈 久志

出典:https://twitter.com/

6年間過ごしたMLBマリナーズから巨人に移籍しました、岩隈。

日米通算170勝をあげている実績抜群の誰もが知っている投手ですね。

しかし、MLB最後の2018年はほとんど投げていません。

38歳になる岩隈はまだ先発として勝利を挙げられる投手なのか。

先発投手のやりくりが定まっていない感のある巨人にとって、

岩隈の出来は大きく影響するのではないかと思います。

2019年の岩隈は注目投手だと思います。

田口 麗斗

プロ5年目、2018年シーズンは2勝と不調でしたが、2016~2017年は2年連続で2桁勝利。

内海が西武に移籍したため、貴重な左投手となりそうです。

田口が先発に戻り、10勝を挙げられる投手になるかどうか正念場ではないでしょうか。

復活が期待される田口も巨人の投手陣の中で注目の選手です。

澤村 拓一

2019年の巨人の抑えは誰なのか!外国人なのか日本人なのか!

日本人であれば澤村が有力候補になりそうです。

リリーフに転向し、セーブ王も獲得しましたが、

その後救援失敗が目立ち、結局外国人の獲得により、セットアッパーとしての登板が多くなりましたね。

原監督に代わり、どういった使われ方をされるかわかりませんが、

巨人のリリーフ陣では澤村の出来が注目点になると思います。

 

以上、2019年の巨人の特に注目しておくべき投手として、3人をチョイスしました。

他にも、上原であったり、マシソンあたりにも注目でしょうし、

近年の巨人の投手は移籍組が多いんですよね、山口、大竹、森福、野上など。

この移籍してきた投手にも注目しておきたいですね。

巨人の注目の野手

2019年も巨人は他球団から移籍で選手を獲得しました。

落合、清原、小笠原、陽などと同じように。

別に悪いことではありませんし、選手も巨人でプレーしたいでしょうから。

今年も大型補強をしましたので、その選手たちに注目が集まるでしょう。

これも巨人の特徴であり、注目点でしょう。

丸 佳浩

出典:https://www.daily.co.jp/

近年のプロ野球界で最も注目度の高い選手の一人が巨人に移籍しました、丸。

セリーグの2年連続MVPは2008-2009のラミレス(現横浜監督)以来10年ぶり。

2年連続MVPは王、野村克也などレジェンド級の選手数人しかいません。

丸MVPがどれだけ凄いのかが伝わりますでしょうか。

そして3年連続リーグMVPになったのは日本プロ野球史上2人しかいません。

山田久志とイチローの2人だけです。

2019年、丸は3年連続MVPに挑戦できる唯一の選手です。

この記事を書いている今日(2019年2月3日)、

原監督はNHKサンデースポーツで、「丸は2番バッター」と言いました。

2番バッターでMVPをとる活躍ができるかどうか、丸は特に注目ですよ。

炭谷 銀二朗

やはり、西武からの移籍、炭谷が注目となるのではないでしょうか。

西武では森などの台頭がありましたから、移籍はやむを得ずというところでしょうか。

打撃の成績は小林誠司よりも高い実績を残していますが、

それでも打てるキャッチャーとは言えません。

炭谷と小林を併用するのか、原監督の考えはいかに?注目ですよ。

中島 宏之

2019年で37歳になる中島宏之、巨人はどう使うんでしょうか?

ピンチヒッター?

もともとはショートですが、オリックスではファーストだったり、DHだったり。

試合に出れないんであればもったいない強打者ですので、

巨人がどういう使い方をするのか、中島に注目です。

 

巨人の注目野手は移籍してきた3人をチョイスしました。

丸の加入は大きいんじゃないでしょうかね。

原監督が言うには、2番丸、3番坂本、4番岡本、5番新外国人ビヤだとのこと。

これは強烈な打順ですよ。

セリーグの各球団は苦労しそうです。

その他の注目点

4年間優勝していない巨人ですから、リーグ制覇が当然目標でしょう。

そのための大型補強をしてきたわけですから。

まず、巨人が優勝できるかどうか、優勝争いをするのかどうかが注目点です。

 

巨人だけではなく、プロ野球界の顔と言っても過言ではない、絶対的エース菅野。

2018年は15勝のうち完投勝利が10、完投10のうち完封が8!

日本の投手の理想形である先発完投型の投手ですね。

既に菅野は個人としての選手ではなく、巨人の看板選手、つまり、巨人=菅野ってことです(笑)

その菅野は2019年いったい何勝するのか?

セパ両リーグをみたときに、最後に20勝を挙げた投手は田中マー君(2013年24勝0敗)です。

セリーグに限っては2003年の井川(阪神)が最後です。

打線が強力になった感のある2019は菅野が何勝するのか、20勝投手になるのか、注目だと思います。

出典:https://ent.smt.docomo.ne.jp/

さらにこちらも個人ではありますが、若き4番岡本は2019も打つのか!

2018年は打撃爆発!HR33打点100!!

特に22歳での100打点はプロ野球史上最年少記録です。

2014年智辯学園からドラ1で巨人に入団、

2015~2017の3年間で1軍でのHRは1本。

そんな選手が2018年にいきなりHR33打点100、22歳で巨人の4番になったわけです。

・・・2019年は打てないかもしれません、マークされるでしょうから。

しかし、23歳で巨人の4番を務めそうな岡本には注目です。

まとめ

以上、2019年の巨人の注目選手をピックアップしてみました。

注目選手、注目点については、一プロ野球ファンとしての全くの私見でありますので、お許しください。

 

3回目の監督となる原辰徳体制で、リーグ制覇を狙う巨人、大型補強によってチームのレベルは上がったように思えます。

・・・これが巨人の歴史であり、ジャイアンツスタイルなんでしょうけど。

しかし、高額な選手を揃えたからと言って上手くいくとは限りませんけど、

ハマったときは手が付けられない強さを発揮するでしょう。

若干、投手力に不安が残るでしょうか、2019の巨人に注目ですね。

 

今回の記事がスポーツを楽しまれる皆さんにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の<<プロ野球2019年の注目選手は?横浜ベイスターズ>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA