マラソンMGCの出場内定選手を確認【2019.8月現在】

2019年9月15日に開催が決定してるマラソングランドチャンピオンシップ、略して「MGC」。

2020年の東京オリンピックのマラソン競技の日本代表を決めるレースです。

2019年の3月の段階で、男子選手が30人、女子選手が14人出場が決まっています。

今回はこれらの選手を確認し、有望な日本人ランナーを確認しておきたいと思います。

MGC出場男子選手

冒頭でも紹介しましたが、2019年3月現在で30人の選手がMGC出場の権利を獲得しています。

30人全員を覚えるのも難しいでしょうから、覚える必要もないと思いますけど、

自分の気になる選手をチェックしておきましょう。

ここでは、MGCに出場する男子選手を持ちタイム順に紹介してみようと思います。

【タイム-氏名/年齢-所属-(出身県)】

  1. 2.05.50-大 迫  傑  28 NIKE(東京)
  2. 2.06.11-設楽 悠太 27 Honda(埼玉)
  3. 2.06.54-井上 大仁 26 MHPS(長崎)
  4. 2.07.27-服部 勇馬 25 トヨタ自動車(新潟)
  5. 2.07.39-今井 正人 35 トヨタ自動車九州(福島)
  6. 2.07.57-藤 本  拓  30 トヨタ自動車(山口)
  7. 2.08.08-木 滑  良  28 MHPS(長崎)
  8. 2.08.14-川内 優輝 32(埼玉)←出場辞退
  9. 2.08.16-中村 匠吾 26 富士通(三重)
  10. 2.08.35-中本 健太郎36 安川電機(山口)
  11. 2.08.45-宮脇 千博 28 トヨタ自動車(長野)
  12. 2.08.48-山本 憲ニ 29 マツダ(広島)
  13. 2.08.58-佐藤 悠基 32 日清食品(静岡)
  14. 2.09.12-山本 浩之 34 コニカミノルタ(埼玉)
  15. 2.09.15-二岡 康平 25 中電工(鳥取?)←出場辞退
  16. 2.09.27-上門 大祐 25 大塚製薬(京都)
  17. 2.09.29-橋 本  峻  25 GMOアスリーツ(大分)
  18. 2.09.30-岩田 勇治 32 MHPS(福岡)
  19. 2.09.34-園 田  隼  30 黒崎播磨(熊本)
  20. 2.09.36-荻野 晧平 29 富士通(奈良)
  21. 2.09.43-一色 恭志 25 GMOアスリーツ(京都)←出場辞退
  22. 2.09.47-村澤 明伸 28 日清食品(長野
  23. 2.09.52-福 田  穣  29 西鉄(熊本)
  24. 2.10.01-竹ノ内 佳樹27 NTT西日本(大阪)
  25. 2.10.03-高久  龍   26 ヤクルト(栃木)
  26. 2.10.12-大塚 祥平 25 九電工(大分)
  27. 2.10.18-神野 大地 26 セルソース(愛知)
  28. 2.10.14-山岸 宏貴 28 GMOアスリーツ(新潟)←出場辞退
  29. 2.10.21-堀尾 健介 23 中央大(兵庫)
  30. 2.10.21-鈴木 健吾 24 富士通(愛媛)
  31. 2.10.35-藤川 拓也 26 中国電力(広島)
  32. 2.10.50-河合 代ニ 27 トーエネック(岐阜?)
  33. 2.11.29-岡本 直己 35 中国電力(鳥取)
  34. 2.11.39-谷川 智浩 30 コニカミノルタ(熊本)

 

※年齢は2019年9月15日時点での年齢にしました。

以上がMGCに出場が決まっている30人の男子選手たちです。

ファイナリストの中での最高タイムは大迫傑の2.05.50、続くのが設楽裕太の2.06.11、

一番時間がかかっているのが村澤明伸の2.14.47。

最年少は堀尾健介の23歳、最高齢は中本健太郎の36歳です。

2019年前後の日本のマラソン界の実力のあるマラソンランナーが揃っていると言って良いでしょう。

MGC出場女子選手

女子マラソンもチェックしておきましょう。

2019年3月現在でMGCに出場が決まっているのは14選手です。

男子に比べちょっと少ないですけど、

男子と同じく2019年の日本女子マラソン界で実績を残しているマラソンランナーが顔を揃えています。

【タイム-氏名/年齢-所属-(出身県)】

  1. 2.21.36-安藤 友香   24 スズキ浜松AC(岐阜)
  2. 2.22.17-福士 加代子37 ワコール(青森)
  3. 2.22.23-松田 瑞生   24 ダイハツ(大阪)
  4. 2.22.48-前田 彩里   27 ダイハツ(熊本)←出場辞退 涙
  5. 2.23.07-関根 花観   23 日本郵政(東京)←出場辞退
  6. 2.23.20-小 原   怜   29 天満屋(岡山)
  7. 2.23.48-前田 穂南   23 天満屋(兵庫)
  8. 2.23.52-岩出 玲亜   24 アンダーアーマー(三重)
  9. 2.24.19-上原 美幸   23 第一生命(鹿児島)
  10. 2.24.33-一山 麻緒 22 ワコール(鹿児島)
  11. 2.25.28-谷本 観月   25 天満屋(岡山)←出場辞退
  12. 2.26.07-池満 綾乃   28 鹿児島銀行(鹿児島)←出場辞退
  13. 2.26.33-野上 恵子   33 十八銀行(兵庫)
  14. 2.27.39-中野 円花   28 ノーリツ(大阪)←出場辞退
  15. 2.28.32-鈴木 亜由子27 日本郵政(愛知)

※年齢は2019年9月15日時点での年齢にしました。

最高タイムは安藤友香の2.21.36、一番かかっているのは2.28.32の鈴木亜由子。

一番若いのは関根花観、前田穂南、上原美幸の23歳、最も高齢なのは福士加代子の37歳。

出場選手が少ないですけど、女子マラソンは実力が伯仲している傾向にありますので、どんなレースになるのかどきどきです。

特に注目の選手など

MGC出場選手のうち特に注目しておいたほうが良い選手などを紹介します。

まず、男子の注目選手は何と言っても大迫傑。

日本歴代最高タイム2.05.50という日本人で唯一5分台の記録を持つマラソン選手です。

2017年の福岡国際マラソンのタイムは2.07.19も日本歴代8位の記録です。

2019年の東京マラソンまでに4回マラソンを走り、そのうち2度好タイムをたたき出しています。

2019年の東京マラソンで途中棄権したのが気になりますが、

学生時代から注目度が高く、数々の日本記録を塗り替えてきた、いま日本で一番強いマラソンランナーと言えるのではないでしょうか。

 

大迫に続くタイムを持っているのは設楽悠太で2.06.11.

設楽もこれまでに4度のマラソンに出場していて、サブ10(2時間10分以内のタイム)を3度。

大迫と同じ歳ですから、学生時代から切磋琢磨してきたんですね。

 

MGC出場選手のうち最年長となるのは中本健太郎。36歳での出場です。

これまでに出場したマラソンは17回で、

ロンドンオリンピックでは日本人最高の6位、

大邱、モスクワ、ロンドンの世界陸上3大会連続で日本代表選手です。

直近の2018年の福岡国際マラソンで途中棄権となったのが気になりますが、

川内優輝を並び、ここ10年日本のマラソン界を牽引してきた実力者です。

 

他にも、井上大仁、服部勇馬、川内優輝などの有力マラソンランナーも出場しますが、

現時点での注目選手として大迫、設楽、中本を紹介しておきます。

 

女子マラソン選手も、近年実績を残している選手が顔を揃えました。

まず、特に注目しておきたいのは松田瑞生です。

初マラソンで2.22.44で初優勝し、MGCの出場権を獲得、

マラソン2レース目のベルリンマラソンで2.22.23、日本女子歴代9位の記録。

近年最も勢いのある女子ランナーです。

 

MGC出場の女子選手で最も速いタイムをもつのは安藤友香、2.21.36で日本歴代4位の記録。

安藤も2017年の初マラソンで2.21.36という日本人女子初マラソン最高記録をたたき出し、

このタイムは野口みずき、渋井陽子、高橋尚子というレジェンド選手たちに次ぐ日本歴代4位の記録。

ロンドンオリンピックのマラソンにも出場し17位、

「忍者走り」で有名な安藤も特に注目の選手だと思います。

 

松田、安藤の他にも女子選手は関根花観、前田穂南、鈴木亜由子など活躍している選手もいます。

MGC女子も注目です。

 

これまでにMGCに出場を決めている選手をみてみると、

男子ではトヨタ自動車、MHPSの選手が多いんですが、国内駅伝の王者旭化成の選手が一人もいません。

スポーツメディアでも取り上げられていますが、

大六野、村山兄弟、市田兄弟、佐々木、鎧坂など実力者が揃っていますが、誰一人出場できていない状況です。

まとめ

以上、今回は2019年3月現在でのMGCに内定している出場選手を紹介しました。

この記事を書いている段階で、MGCの出場権を得られる大会は男子が2019琵琶湖マラソン、

女子は2019名古屋ウィメンズマラソンのみとなりました。

※ワイルドカードという仕組みもあるみたいですが。

また、全出場選手が決まった段階、レースが近くなりましたらレースの予想なども紹介したいと思います。

今回の記事が読んでくださった皆さんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の<<オリンピックのマラソン、日本人のメダリストたちは?>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA