夏の甲子園2019地方大会予想の結果は!?

2019年、令和初の夏の甲子園、地方大会が佳境を迎えています。

このブログで、地方大会の予想をしてみたのですが、その結果はどうだったのか!?

「すぽいべ」は信用に足りるサイトなのか?(笑)

夏の甲子園出場を決めた高校の紹介することと同時に、予想がどうだったのか、確認してみようと思います。

夏の甲子園出場校と予想の結果

出典:https://mainichi.jp/

夏の甲子園2019に出場を決めた高校を紹介ます。

合わせまして、このブログで各地方大会の決勝戦進出するであろう高校を予想したのですが、

その予想の結果の答え合わせをしてみたいと思います。

↓こちらの記事で各地方大会での「○本命▲対抗」を予想してみました。

また、各地方大会(各都道府県)の出場回数ベスト3も載せていますので、気になる方はご覧になってみてください。

夏の甲子園2019地方大会を過去の実績から予想!【東日本編】

夏の甲子園2019地方大会を過去の実績から予想!【西日本編】

↑こちらの記事の予想の結果が、

  • 決勝に本命&対抗が進出した「◎」
  • 夏の甲子園に出場した高校が予想のいずれか「○」
  • 決勝に本命or対抗のいずれかが進出した「△」
  • 予想した高校が決勝に進出しなかった「×」

と表記してみます。

【正解-地方大会-優勝校-(予想-本命-対抗)】

○北北海道:旭川大高(旭川大-旭川龍谷)

×南北海道:北照(駒大苫小牧-北海)

青森:八戸学院光星(八戸学院光星-聖愛)

○岩手:花巻東(花巻東-盛岡大付)

△秋田:秋田中央(明桜-能代)

○山形:鶴岡東(鶴岡東-酒田南)

宮城:仙台育英(仙台育英-東北)

○福島:聖光学院(聖光学院-東日国大昌平)

×茨城:霞ケ浦(常総学院-藤代)

△栃木:作新学院(佐野日大-文星芸大)

○群馬:前橋育英(前橋育英-健大高崎)

×埼玉:花咲徳栄(春日部共栄-浦和実)

○千葉:習志野(習志野-専大松戸)

○東東京:関東一(関東一-二松学舎大)

×西東京:国学院久我山(国士館-東海大菅生)

○神奈川:東海大相模(東海大相模-桐光学園)

山梨:山梨学院(山梨学院-東海大甲府)

○新潟:日本文理(日本文理-北越)

△富山:高岡商(富山一-高岡一)

○石川:星稜(星稜-日本航空石川)

○福井:敦賀気比(福井工大福井-敦賀気比)

×長野:飯山(上田西-東海大諏訪)

×静岡:静岡(浜松商-加藤学園)

岐阜:中京学院大中京(大垣日大-中京学院大中京)

×愛知:誉(東邦-中部大春日丘)

△三重:海星(津田学園-菰野)

○滋賀:近江(近江-滋賀学園)

△京都:立命館宇治(龍谷大平安-京都国際)

○大阪:履正社(履正社-大阪桐蔭)

○奈良:智弁学園(智弁学園-天理)

○和歌山:智弁和歌山(智弁和歌山-市和歌山)

兵庫:明石商(明石商-神戸国際大付)

鳥取:米子東(米子東-鳥取城北)

×島根:石見智翠館(大社-平田)

△岡山:岡山学芸館(倉敷商-関西)

○広島:広島商(広島商-如水館)

×山口:宇部鴻城(高川学園-聖光)

○香川:高松商(高松商-尽誠学園・香川西)

×徳島:鳴門(徳島商-富岡西)

△愛媛:宇和島東(松山青陵-今治西)

高知:明徳義塾(明徳義塾-高知・高知商)

福岡:筑陽学園(筑陽学園-西日本短大付)

×佐賀:佐賀北(佐賀学園-佐賀商)

×長崎:海星(長崎商-長崎日大)

×大分:藤蔭(明豊-津久見)

○熊本:熊本工(球磨工・熊本国府-熊本工)

宮崎:富島(小林西-富島)

○鹿児島:神村学園(神村学園-鹿児島城西)

△沖縄:沖縄尚学(興南-沖縄水産)

夏の甲子園出場校、49校が決まりました!

このブログの成績を確認してみますと、

  • ◎:  9(18.4%)
  • ○:19(38.8%)
  • △:  8(16.3%)
  • ×:13(26.5%)

地方大会の決勝に進出すると予想した高校のうち、甲子園に出場したのは、28校(57.1%)という結果でした。

・・・約6割、的中率が高いとは言えませんかねぇ(笑)

ちなみに、このブログで、インターハイサッカーの上位進出(ベスト8)も予想しましたが、ぼろぼろの結果でした(笑)

夏の甲子園出場を逃した強豪校

各地方大会で、評価の高かった高校が敗退し夏の甲子園出場を逃しています。

2019のセンバツ優勝校である東邦(愛知)は、なんと2回戦でコールド負け!

センバツベスト4の明豊(大分)は、準決勝で敗れています。

センバツベスト8で名門の龍谷大平安(京都)、甲子園の常連校である広陵(広島)も地方大会準決勝で敗れています。

センバツで活躍した高校、甲子園の常連校などで、地方大会で姿を消した高校をランダムにまとめてみますと、

  • 札幌大谷(北北海道)
  • 常総学院(茨城)
  • 横浜(神奈川)
  • 東邦(愛知)
  • 大阪桐蔭(大阪)
  • 広陵(広島)
  • 明豊(大分)
  • 興南(沖縄)

個人的には広陵、明豊、興南の敗退にはちょっとびっくりしましたね。

愛知県は強豪校が多いので地方大会を勝ち進むのは簡単ではないんでしょうけど、

2回戦でコールド負けというのには驚きました。

夏の甲子園に出場できなかった注目の選手たち

社会現象?とはちょっと大げさかもしれませんが、

注目度が高かっただけに佐々木朗希(大船渡)が夏の甲子園に出場できなかったのは残念ですね。

岩手地方大会の決勝戦で登板しなかったことが物議を醸し出しているようですけど・・。

注目度が高かったけど、地方大会で姿を消した選手たちをまとめてみますと、

  • 西原 健太(札幌大谷)
  • 阿部 剣友(札幌大谷)
  • 佐々木 朗希(大船渡)
  • 及川 雅貴(横浜)
  • 西  純矢(創志学園)
  • 河野  佳(広陵)
  • 森本 大智(高知)
  • 宮城 大弥(興南)

注目の高かった佐々木や西が甲子園に出場できないのは残念だとは思いますけど、

個人的には、宮城、阿部、森本を甲子園で見たかったですけどねぇ。

阿部や森本は3年生ではありませんので、今後の活躍に期待したいところです。

まとめ

以上、今回は、2019の夏の甲子園に出場する高校の紹介と、事前に予想していました地方大会の結果を紹介してみました。

予想の結果をみてみますと、・・・けっこうイケてるなぁと思いますけど、いかがでしょうか?(笑)

出場校が揃えば、次は組み合わせになりますね。

組み合わせが決まった段階で、夏の甲子園の予想をしてみたいと思います。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA