阪神の選手で調子が良いのは近本!梅野!西!【2019.5月】

プロ野球2019シーズンが始まって1ケ月が経過しました。

セ・パ両リーグ、各球団個々にそれぞれのみどころがあるでしょうけど、そんな中で、

あまり期待していなかったm(__)m阪神の近本、西あたりが調子がいいですね!

今回は2019年5月時点で、調子のいい阪神の選手をピックアップしてみようと思います。

2019.5月時点での阪神

出典:https://twitter.com/

2019年のプロ野球ペナントレースがスタートして約1ケ月ほど経過しましたが、

5月5日時点で阪神タイガースの成績は、16勝1分15敗の3位!!

阪神タイガースファンの方々はこの4月終了段階でのタイガースをどう評価されるのでしょうか!?

僕は阪神ファンでもなければ、どこの球団のファンでもありませんけど、

カープ、ベイスターズの不調?もあるかもしれませんけど、

3位という成績は期待以上の成績ではないかと思いますが、いかがでしょう!

 

このブログでも、2019のペナントレースが始まる前に、

全球団の2019のチーム状況とか、期待の選手などを紹介させていただいたんですが、

・・・正直、2019年の阪神はかなりヤバいんじゃないかと思っていました すみませんm(__)m

プロ野球2019年の注目選手は?阪神タイガース

4月のスタート時はあまりよくありませんでしたが、徐々に調子が上がってきて、現在3位という順位です。

これから夏に向けての成績にも注目していかなければなりませんね。

 

5/5時点での阪神の状況は、

得 点 122(3位)
失 点 134(5位)
本塁打   23(5位)
盗 塁   20(1位
打 率.239(4位)
防御率3.56(2位

と、こんな感じなんです。

開幕前の予想どおり、投手陣は昨年までと同じように安定した力を発揮していることがわかります。

不安であった打撃なんですけど、打率4位、本塁打5位という状況ですが、

盗塁は1位、得点3位と、ここらへんの数字は悪くないんですよね。

前評判どおりの投手力、そして、打撃は十分とは言えないけど、思ったよりも得点できていることが、

阪神を3位という順位にしている根拠なのかもしれませんね。

 

そんな状況の阪神の選手の中で、調子のいい選手とそうでない選手がいます(←もちろん他の球団もそうですが)。

野手が近本、梅野、投手が西、青柳、

阪神ファンではない僕でもこれらの選手が調子いいということがわかります。

今後のペナントレースでもこれらの選手の調子が気になってきます。

ここいらで、これら調子のいい選手の経歴などを再確認しておきましょう。

調子のいい阪神の注目の選手

調子のいい阪神の選手の中から何人かをチェックしておきましょう。

ペナントレース序盤ですのでまだまだなんとも言えませんが、新人王候補がいますしね!

近本 光司(ちかもと こうじ)

  • 出  身:兵庫県淡路市
  • 生年月日:1994年11月9日(24歳)
  • 経  歴:社高校→関学大→大阪ガス→阪神 
  • 身  長:170cm
  • ポジション:外野手

どれだけ期待されていたのかわかりませんが、ドラ1位のルーキー近本。

近本選手の活躍は阪神ファン以外からも注目されているはずです。

2019.5.4時点での成績ですが、

打 率.316(セリーグ6位)
安 打36(セリーグ4位
二塁打  5(阪神5位)
三塁打  3(セリーグ1位
本塁打  4(阪神2位)
盗 塁10(セリーグ1位

と、こんな感じです。ぶっちゃけ!凄まじい数字、活躍だと思いますけど!!

2019年のルーキーでは甲斐野(ソフトバンク)などの活躍もちらほら耳にしますけど、

近本の活躍はダントツだと思います。調子いいですねぇ。

阪神は本当に良い選手をとりましたね。

ペナントレースが始まってまだ1ケ月ほどですが、今後近本選手の活躍には特に注目だと思います。

梅野 隆太郎(うめの りゅうたろう)

  • 出  身:福岡県那珂川市
  • 生年月日:1991年6月17日(27歳)
  • 経  歴:福岡工大城東→福岡大→阪神 
  • 身  長:173cm
  • ポジション:捕手

2019年で6シーズン目を迎える阪神のキャッチャー梅野。

2017シーズンからほぼ、阪神の正捕手となりましたが、

過去2シーズンの打撃成績はいま一つでした。

しかし、2019シーズンの序盤はかなりいい実績を残していますよ。

打 率.315(セリーグ7位
安 打34(セリーグ7位
二塁打  6(セリーグ10位)
三塁打  1(セリーグ7位
本塁打  1
盗 塁  2

と、こんな感じです。

1ケ月終了時ですけど、打率が3割を超え、セリーグのベスト10に入っています。

打順も8番から6番を任されるなど、阪神打線に欠かせない状況になっていますね。

梅野選手も調子が良いようです。

もちろん、今後3割をキープできるかどうかは分かりませんが、

2019年好調阪神の原動力となっている梅野選手の今後の注目だと思います。

西 勇輝(にし ゆうき)

  • 出  身:三重県菰野町
  • 生年月日:1990年11月10日(28歳)
  • 経  歴:菰野高校→オリックス→阪神 
  • 身  長:181cm
  • ポジション:投手

2019年で11シーズン目を迎える西選手。

FAを行使して2019シーズンに阪神に加わりました。

オリックスでの10年間で74勝、防御率3.30を誇る実力者です。

勝ち星には繋がっていませんが、期待どおり安定したピッチングをみせてくれています。

登 板 6(先発6)
2勝3敗(完封1)
防御率 2.25(セリーグ6位
奪三振 33(セリーグ6位)
奪三振率 6.75(セリーグ10位)

と、このような感じで、安定したピッチングであることがわかります。

まぁ過去10年の実績からも安定感抜群で、シーズンをとおして先発を務めてくれる選手ですので、

阪神も安心して任せられると思います。

今後もこの調子で阪神投手陣を支えていってほしいですよね。

 

以上、好調阪神の選手から調子のいい近本、梅野、西の3選手をピックアップしてみました。

近本は淡路の出身で高校も大学も社会人でも関西でプレーしていますので、

将来のMrタイガースとなれるよう活躍してほしいものです。

 

ほかにも、大山にしろ、ジョンソン、ドリスなどの活躍もありますけど、

シーズン序盤で調子のよかったのが紹介した3人だと思いますので、5月、6月と注目していきたいですね。

また、北条にも、藤波(←少し心配になる報道もありましたけど)などにも期待したいところです。

まとめ

以上、今回は、2019年4月終了現在で、セリーグ3位につける阪神タイガースの調子のいい3選手を紹介しました。

もちろん、大山、糸原、糸井などの選手も活躍していないとは言いませんが、

近本、梅野、西の3選手は特に調子が良さそうで、活躍が目につきました。

ペナントレースは長いので、今後阪神がどんな状況になっていくのかはわかりませんが、

最初でも言いましたように、あまり期待していなかった阪神が調子が良さそうでしたので、

阪神ファンでもない僕が、阪神の調子の良さが気になりましたので、紹介してみました。

この調子の良さが続くかどうか、

カープやベイスターズの動向もみながら注目していきたいです。

特に!!近本選手には注目していますよ!

 

今回の記事が読んだ下さったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら過去記事の<<天才!?丹羽孝希はとにかくかっこいい!【卓球】>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA