陸上日本選手権2019の日程とチケット情報は?

毎年開催される日本陸上最大の大会、「陸上日本選手権」の開催が間近に迫ってきました。

2019年の今大会は、2020年の東京オリンピックを占ううえでも、

例年よりも重要度の高い大会になるでしょう。

今回は、陸上日本選手権2019の日程と観戦チケットについて紹介したいと思います。

陸上日本選手権2019の日程等

出典:https://www.jaaf.or.jp/

陸上日本選手権2019の日程を確認しておきましょう。

【第103回日本陸上競技選手権大会 FUKUOKA2019】

日 程:2019年6月27(木)~6月30日(日) 4日間

開催地:福岡市

競技場:博多の森陸上競技場

その他:兼第17回世界陸上競技選手権大会代表選手選考競技会

日程は2019年6月27~30日の4日間。

会場は福岡市、博多の森陸上競技場。

2019年で103回目の開催となり、

2019年9月26日~10月6日に開催予定の世界陸上ドーハ大会の代表選手選考を兼ねています。

陸上日本選手権2019の観戦チケット

陸上日本選手権2019のチケット情報情報ですが、すでに前売券の販売が始まっています。

4日間の開催日程のうち、6月27日のチケットと、6月28~30日のチケットは、金額に差があるようですのでお気を付けください。

前売券の場合、

日程 券種 S席 A席 B席 車椅子席
27日 一 般 3,500円 2,500円 1,000円 2,500円
中高生 2,000円 500円 2,000円
小学生以下 1,500円 1,500円
28~30日 一 般 4,000円 3,000円 1,500円 3,000円
中高生 2,500円 1,000円 2,500円
小学生以下 2,000円 500円 2,000円

↑このようになっているようです。

大会初日の27日を基準とすれば、28~30日はほぼ+500円という設定になっているようです。

また、前売券販売で席が余っている場合には、当日券が販売されますが、

当日券は、全日程で前売券から+500円という設定になっているようです。

※車椅子席は、介添え人1名まで無料となっているようです。

座席表などの詳細は以下でご確認ください。

第103回日本陸上選手権大会 チケット販売概要
前売券チケット販売窓口は以下のとおりです。

ローソンチケット

チケットぴあ

e+(イープラス)

CNプレイガイド

陸上日本選手権2019の実施競技

陸上日本選手権2019の実施競技を確認しておきましょう。

例年のとおりですけど、マラソンやリレーなどは陸上日本選手権の日程期間では開催されません。

また、2019年からは男女の10000mは開催期間には実施されません。

2019年6月27日(木)

  • 男子 5000m決勝
  • 男子 走高跳決勝
  • 男子 円盤投決勝
  • 女子 3000m障害決勝
  • 女子 円盤投決勝

※男女5000mはエントリー数によって予選を実施する可能性あり。その際は男子5000m決勝は29日、女子5000m決勝は30日。

2019年6月28日(金)

  • 男子 100m決勝
  • 男子 400m決勝
  • 男子 800m決勝
  • 男子 やり投決勝
  • 女子 100m決勝
  • 女子 400m決勝
  • 女子 1500m決勝
  • 女子 走高跳決勝
  • 女子 やり投決勝

2019年6月29日(土)

  • 男子 400mH決勝
  • 男子 3000m障害決勝
  • 男子 棒高跳決勝
  • 男子 三段跳決勝
  • 男子 ハンマー投決勝
  • 女子 100mH決勝
  • 女子 ハンマー投決勝

※オープン競技でパラ種目4×100mユニバーサルリレーが実施予定。

2019年6月30日(日)

  • 男子 200m決勝
  • 男子 1500m決勝
  • 男子 110mH決勝
  • 男子 走幅跳決勝
  • 男子 三段跳投決勝
  • 男子 砲丸投決勝
  • 女子 200m決勝
  • 女子 800m決勝
  • 女子 400mH決勝
  • 女子 5000m決勝
  • 女子 走高跳決勝
  • 女子 三段跳決勝
  • 女子 砲丸投決勝

※オープン競技でパラ種目、マスターズ種目を実施予定。

以上、男子17種目、女子17種目、計34種目の予選決勝、

また、パラ種目とマスターズ種目が実施される予定となっています。

 

なお、2018年の陸上日本選手権で実施されていた男女10000mですが、

2019年5月19日のゴールデングランプリ陸上大会の中で行われるとのことです。

まとめ

以上、陸上日本選手権2019の日程、チケット情報を紹介しました。

例年、陸上日本選手権は6月に開催されますので、天候も気になるところですが、

日本陸上界のトップアスリートが集結する大会ですので、楽しみですね。

特に今年は、9月に開催される世界陸上の選考会でもあり、

来年の東京オリンピックに出場するかもしれない選手たちの調子を見る機会でもあるでしょう。

日程を合わせて観戦したいですね。

また、会場で観戦される予定の方は、チケットを確保しておいたほうが良さそうですね。

別の機会に、陸上日本選手権2019の有力選手を紹介したいと思います。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役にたてればうれしく思います。

よかったら関連記事の<<陸上100m男子日本人は誰が速いのか?【2019.5現在】>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA