陸上日本選手権2020の10000mの日程!そして注目選手は?

※2020年4月1日追記しました。

年に一度の陸上の国内チャンピオンを決める大会、日本選手権の開催が近づいてきました!

日本選手権の競技のひとつ男女10000mは、2019年から、別の日程・会場で開催されていまして、

2020年も別日程、別会場となることが発表されました。

ということなので、2020年の陸上日本選手権の10000mの日程・会場を確認しておきましょう。

また、2020年の陸上日本選手権は、東京オリンピックの代表選考を兼ねています!!

ので!男女10000mの注目選手(←私選です笑)もピックアップしたいと思います。

2020年の日本選手権は開催されるんでしょうか・・

・・・この記事は2020年3月10日に書いています。

世界的な感染症の流行により、日本国内でも、プロ野球やJリーグなどの延期や、大相撲の無観客興行など、

多くのスポーツイベントも影響を受けているという状態にあります。

このような状況が続けば、東京オリンピックの開催も危ういでしょうし、

もちろん、陸上日本選手権の開催もどうなるか分からないところがあります。

 

しかし、日本陸連は既に、日本選手権、また、この記事の主題である日本選手権の10000mの日程・会場を発表しています。

感染症が収まって、また、通常の生活にもどり、

私たちの楽しみである、いろいろなスポーツイベントが開催されることを期待したいですよね。

 

2020年3月の段階で、開催できるかどうかの不安はありますけど、

予定が発表されていますので、10000mの日程&会場を確認しおきましょう。

2020年陸上日本選手権10000mの日程・会場

出典:https://twitter.com/

2020年の陸上日本選手権10000mの日程と会場は次のとおりです。

※2020年4月1日現在で、2020年の陸上日本選手権10000mは延期となっています。予定は未定とのことです。

第104回日本陸上競技選手権大会・10000m(公式)

「新国立競技場」で行われる予定だそうです、これは楽しみ!

 

毎年開催される、日本の陸上競技の国内チャンピオンを決める最高峰の大会ですから、ほとんどの競技は同一の大会内で実施されてきたのですが、

マラソンや競歩、クロスカントリーなどの競技は、別日程で行われてきました。

男女の10000mは、ずっと日本選手権(←毎年6月に行われます)の中で行われていたんですが、

昨年(2019年)から、別日程、別会場での開催となりました。

10000mが別日程、別会場で開催されるのは、2度目ということになります。

 

初めての別開催となった昨年(2019年)の10000mは、ドーハの世界陸上の選考を兼ねた大会でして、

これまた毎年恒例の陸上の大会「ゴールデングランプリ陸上」に合わせて開催されました。

昨年は、ゴールデングランプリの競技終了後に、男女の10000mを実施したんですね。

 

2020年もこれに倣う形での10000m実施となるようで、

5月9日(土)に、日本選手権「兼」オリンピック代表選考会としての10000mを実施し、

5月10日(日)に、ゴールデングランプリの開催ということのようです。

 

観戦チケットについては、5月9日(土)の日本選手権10000mについては現段階では不明ですm(__)m

※チケット情報など発表されましたら、追記したいと思います。

ゴールデングランプリについては、チケットの販売が2020年3月中旬以降とのお知らせが出ているようです。

ゴールデングランプリ陸上2020東京(公式)

 

ちなみに、昨年の10000mはyoutubeでライブ配信されました。

2020年は放映されるかどうか、現段階では不明です。

↑チャット欄がオモロいですよ(笑)

2020年陸上日本選手権10000m注目選手!

さて!男女の注目選手をピックアップしてみたいと思います。

誰が有力なのか、誰が注目選手なのか、につきましては、全くの個人的思考、私見ですのでご了承くださいm(__)m

東京オリンピックの代表権がかかっています!!

誰が出場してくるのかも、わかりません(笑)

MGCで代表権を獲れなかったマラソンランナーが10000mでの出場を狙ってくるかもしれません(むしろそのほうが面白かったりします)。

男女別で注目選手をピックアップしてみます。

※敬称は省略させていただきます。

男子10000m注目選手

まずは男子の注目選手から!

この3選手が注目選手となると思います。

田村 和希(住友電工)

出典:https://twitter.com/

絶好調ではないんでしょうか、田村和希!

昨年の陸上日本選手権10000mチャンピオン!

ただ、優勝はしたものの、ドーハの世界陸上の参加標準記録には及ばす、世界陸上出場はなりませんでした。

2020年の陸上日本選手権男子10000mの大本命、田村和希は間違いなく注目選手だと思います。

 

相澤 晃(旭化成)

2020の日本選手権男子10000mの最大の注目選手は、たぶん、この人ではないかと。

注目度では、田村和希を凌ぐでしょう!

大学界では無双を誇りましたけど、昨年の日本選手権10000mは4位。

社会人1年目(社会人になってすぐ!)の日本選手権で優勝できるでしょうか。

調子も良さそうですし、相澤晃は優勝候補の一人だと思います。

 

村山 紘太(旭化成)

出典:https://number.bunshun.jp/

調子があまり良くない感があるような気がしますけど、10000mの日本記録保持者の村山紘太を注目選手にしないわけにはいかないでしょう。

それに、双子の兄・謙太と併せて注目選手ではないかと(笑)

昨年の日本選手権は3位。

日本記録を出した頃のようなコンディションにもってこれるかどうか、でしょうか!

 

他にも、以下の選手も注目選手かと思います。

  • 坂東悠汰(富士通)
  • 鎧坂哲哉(旭化成)
  • 設楽悠太(Honda)
  • 井上大仁(MHPS)

↑坂東や鎧坂は10000mで実績を残している選手ですし、

設楽や井上は、マラソンで出場権を獲ることはできませんでしたけど、10000mに出場してくるのかどうか気になるところです(なかなか難しいところだと思いますけど)。

 

女子10000m注目選手

続いて、女子の注目選手。

個人的には、女子の10000mのほうに注目していますけど。

 

新谷 仁美(積水化学)

男女合わせて、オリンピックの参加標準記録を突破しているのは新谷だけ!

日本女子長距離界のレジェンド級のモンスター(いつもすみません)であり、

その走りで多くのファンを惹きつけてやまない新谷には、なんとしても、東京オリンピックに出てほしいです!

Twitterを開設すれば瞬く間に1万人以上のフォロワーを集めるも、本人がフォローするのはたった1人(オバマ大統領)という面白さ!(笑)←ごめんなさい。

当然、注目選手でしょうね。

 

鍋島 莉奈(JP日本郵政)

昨年の日本選手権10000mチャンピオンの鍋島は、怪我が治ったんでしょうか、治ってください。

ドーハの10000m出場が決まっていましたけど、怪我のため出場できませんでした、残念無念。

秋のクイーンズ駅伝にも出場しませんでしたので、怪我の状況が思わしくないのか、気になりますね。

なんとしても復活してほしい注目選手です。

 

佐藤 早也伽(積水化学)

10000mに出場してくれると思います、好調の佐藤早也加。

昨年の日本選手権10000mにも出場し、11位でしたけど、

秋のクイーンズ駅伝でも好走、2020年の名古屋ウィメンズでも好走、上り調子にあると思います。

調子が良い女子ランナーは誰?となったときに、真っ先に思い浮かぶのが佐藤ではないかと。

新谷、鍋島に迫るかもしれません。

 

もちろん、他の女子選手も多くの注目選手がいますけど、気になるところという意味で、

  • 山ノ内 みなみ(京セラ)
  • 五島 莉乃(資生堂)
  • 松田 瑞生(ダイハツ)
  • 堀 優花(パナソニック)

↑これらの選手は注目選手ではないかと思います。

松田瑞生は、出場するかどうかわかりませんけど、毎年10000mに出場していますし、優勝(連覇)していますしね。

まとめ

以上、ここでは、陸上日本選手権2020の日程、会場の紹介、

また、出場するであろう注目選手をピックアップして紹介してみました。

オリンピック出場権がかかっていますから、白熱したレースになることは間違いないでしょう。

新国立競技場で行われるので、会場で観てみたいですね。

また、感染症が収まって、大会が開催されることを願っています。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみのお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

新谷仁美は強いしすごい!2020東京オリンピック出場なるか!?

鍋島莉奈がかわいい!東京オリンピック期待のランナーです!

廣中璃梨佳のプロフィールや経歴は?日本女子期待のホープです!

クレイアーロン竜波って?プロフィールや経歴をチェック!

最後まで読んでいただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA