全国高校サッカー選手権2018の注目は?

高校サッカーの冬の風物詩、全国高校サッカー選手権大会が間近に迫ってきましたね。

毎年激戦が繰り広げられていますが、2018年はどんなドラマがみられるでしょう。高校サッカーをやっている選手は最後の大会となります。

今回は、2018年の高校サッカーの注目校、注目選手などを紹介します。

選手権大会の概要

引用:http://www.ntv.co.jp/

高校サッカー選手権の概要を確認しておきましょう。

  • 名 称:全国高校サッカー選手権大会(第97回)
  • 日 程:2018年12月30日~2019年1月14日
  • 会 場:東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 出場校:48校
  • 組み合わせ(トーナメント表)

例年のように12月30日に開会式と開幕戦が行われ、年が明けて1月14日に決勝戦が行われるというスケジュールになっています。

連日のトーナメント戦になっていますので休養日が設けられており、試合が行われるのは12月30~31日、1月2日、3日、5日、12日、14日の7回です。

会場も例年どおり首都圏4都県のサッカー選手には憧れの競技場で行われます。以下のとおりです。

  • 駒沢陸上競技場(東京)
  • 味の素フィールド西が丘(東京)
  • 等々力陸上競技場(神奈川)
  • ニッパツ三ツ沢競技場(神奈川)
  • フクダ電子アリーナ(千葉)
  • 柏の葉公園総合競技場(千葉)
  • 浦和駒場スタジアム(埼玉)
  • NACK5スタジアム(埼玉)
  • 埼玉スタジアム2002(埼玉)←準決勝・決勝会場

ベスト4に残った高校は、今やナショナルスタジアムとも言える埼玉スタジアムで試合をします。うらやましいですね。

全国高校サッカー選手権は1917年(大正6年)に第1回が開催され、2018年の大会で第97回を迎えます、約100年の歴史があるわけですね。2017年は前橋育英(群馬)が悲願の初優勝を遂げました。

これまでの選手権の優勝回数をみてみますと(複数回のみ)、

  1. 11回:御影師範(兵庫)
  2. 6回:帝京(東京)・国見(長崎)
  3. 5回:神戸(兵庫)・市船橋(千葉)
  4. 4回:藤枝東(静岡)・市浦和(埼玉)
  5. 3回:国泰寺(広島)・県浦和(埼玉)・浦和南(埼玉)・清水商(静岡)・東福岡(福岡)
  6. 2回:広大付(広島)・修道(広島)・秋田商(秋田)・習志野(千葉)・古河一(茨城)・鹿実(鹿児島)

御影師範の11回の優勝回数が目につきますが、高校サッカー選手権の1~8回までは関西ローカル色が強い大会で、関西の高校(旧制中学)が出場していたという歴史があります。

1977年に首都圏開催となり、1983年から現在の48校出場の大会となるという経緯がありました。

優勝回数を都道府県で整理してみるとサッカーの勢力図、サッカーの盛んなところがわかると思います。

  1. 17回:兵庫
  2. 13回:埼玉
  3. 10回:静岡
  4.  9回:広島
  5.  8回:千葉
  6.  7回:長崎
  7.  6回:東京
  8.  5回:大阪
  9.  3回:福岡
  10.  2回:秋田・茨城・京都・鹿児島

兵庫、埼玉、静岡、広島、千葉、高校サッカーの勢力図がわかりますね。そもそも高校に限らずサッカーの盛んな地域とイメージできます。

また、2001~2002年の国見の連覇を最後に、15年ほど連覇がありません。トーナメント戦ということもあり、全国的に実力の差がなくなってきたことがうかがえます。

2018年の高校サッカー選手権は前橋育英が連覇できるかどうかも注目のひとつですね。

2018選手権の注目校

2018の高校サッカー選手権の注目校を確認しておきましょう。注目するにあたっては2018夏の高校総体(インターハイ)やプリンスリーグの状況を踏まえなければなりませんね。

インターハイを振り返ってみますと今年は山梨学院が優勝、桐光学園が準優勝、ベスト4進出は昌平と東山ですが、夏のチャンピオン山梨学院とベスト4に勝ち進んだ昌平は地区予選で敗退し選手権には出場していません。

また、夏のインターハイの上位進出チームが冬の選手権で同じように上位に行けるかというと、これがかなり難しいという歴史になっています。

しかし、インターハイで実力を示したチームは注目しないわけにはいかないですね。インターハイで活躍して、選手権に出場している高校が次のとおりです。

  • 桐光学園(神奈川)
  • 東  山(京都)
  • 富山第一(富山)
  • 大  津(熊本)
  • 日章学園(宮崎)

この5校は注目でしょうね。

次に2018年のU18プレミアリーグやプリンスリーグの状況から注目校を探ってみます。

プレミアリーグやプリンスリーグはトーナメント戦ではなくリーグ戦で行われますので、まぐれで勝っちゃって上位進出というわけにはいきません。Jリーグのユースと戦いますので、実力がなければ成績を残すのが難しいんです。

まず、プレミアのEASTでは青森山田と流通経済大柏が、WESTでは東福岡が好成績を残しています。プレミアリーグはプリンスリーグの1ランク上のカテゴリーですから、2018年の高校サッカーの本当の実力校はこの3チームであると思われます。

プレミアリーグの1つ下のカテゴリーであるプリンスリーグでは旭川実業、尚志、矢板中央、徳島市立、日章学園、大津などが好成績だったようですね。

プレミアリーグ、プリンスリーグの成績からは、

  • 青森山田(青森)
  • 流経大柏(千葉)
  • 東 福 岡(福岡)
  • 旭川実業(北海道)
  • 尚      志(福島)
  • 矢板中央(栃木)
  • 徳島市立(徳島)

これらの高校に注目しておくべきでしょう。

青森山田、流経大柏、東福岡は近年の高校サッカー界の実力校であることは間違いありませんし、プリンスリーグでは尚志と矢板中央は特に成績が良かったようです。

その他で注目したいのが、王国静岡からは清水、静岡、藤枝という静岡県内のサッカーどころを抑えて浜松から浜松開誠館が選手権初出場となりました。浜松からは浜名以来の出場となりますので、超久々です。

また、サッカーどころでもある兵庫からは関西学院が久々の出場、広島は瀬戸内が初出場、これらサッカーどころの代表にも注目したいところです。

  • 浜松開誠館(静岡)
  • 関 西 学 院(兵庫)
  • 瀬 戸 内(広島)

高校サッカー選手権はトーナメントの1発勝負ですから、実力校がすんなりと勝てるとは限りません。番狂わせや守って守ってPK戦で勝ちあがるということが多々あります。

ここで注目すべき高校を紹介しましたが、何が起こるかわからないのが選手権ですので、2018の大会を見守りましょう。

注目選手

2018高校サッカー選手権に出場予定の注目選手を何人か紹介しておきます。

三國 ケネディエブス(青森山田)

CB、195cm。名門青森山田が誇る2018選手権の最大の注目選手。2018年に行われたAFCU-19選手権の日本代表にも飛び級で選出され、2試合に出場。

既にアビスパ福岡に内定。ナイジェリア人の父親を持つハーフ。身長195cm!必見です。

中村 拓海(東福岡)

SB、177cm。こちらも名門東福岡が誇る注目選手。運動量が豊富でオーバーラップからの正確なクロスが持ち味だとのこと。

いろいろ話題になった選手ですが、2018年はU18に選出され、卒業後はFC東京に内定しています。

吉村 仁志(大津)

CB、187cm。公立高校の雄、大津高校の大型CB。多くのプロサッカー選手を輩出し続ける大津高校の2018年の注目選手です。

そのスケールの大きさから「植田直道2世」と呼ばれているようです。2018年はU18に選出されています。

榎本 樹(前橋育英)

FW、186cm。2018年の選手権で連覇に挑戦する前橋育英の長身FW。長身でポストプレーも得意で足元のテクニックもあるとのこと。

近年の高校サッカー界をリードする前橋育英のエースストライカーです。卒業後は松本山雅に内定。

西川 潤(桐光学園)

FW、181cm。2018インターハイ準優勝の桐光学園のエースストライカー。1年生の頃から桐光の背番後10を背負い、小川航基(現ジュビロ磐田)と比較される逸材とのこと。

2018年はU16に選出されました。まだ2年生ですが注目の選手です。

以上、2018年の選手権で特に注目すべき5人を紹介しました。

もちろん他にも代表に選ばれた選手、Jリーグに内定している選手もいます。

  • 松田  亮(GK/東福岡)
  • 関川 郁万(CB/流経柏)
  • 檀崎 竜孔(MF/青森山田)
  • 鈴木 冬一(MF/長崎総科大)

なども注目の選手たちです。活躍を期待したいところです。

まとめ

以上、全国高校サッカー選手権2018の注目校、注目選手を紹介してみました。

トーナメント戦ですから、何が起こるかわかりません。実力校がすんなりと勝ち上がることが難しい大会です。

前橋育英は史上7校目の連覇はなるか、優勝経験のある高校が経験を生かすのか、はたまた新しい優勝チームが現れるのか、注目したいですね。

また、選手たちについても今年も逸材が揃っています。これらの選手の活躍にも注目ですね。

今回の記事がスポーツイベントを楽しまれる皆さんのお役に立てればと思います。

よかったら過去記事の<<全国高校駅伝(女子)の展望について>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA