鳥谷敬が阪神を退団することに!引退を否定し他球団へ!

阪神の鳥谷敬が阪神を退団することになったようです。

引退を否定し、他球団へ移籍し、現役を続行するとのこと。

阪神に入団し16年、阪神の「顔」としてプレーしてきた名選手です。

今回は、鳥谷の退団に至る経緯、阪神での活躍、ファンの反応など紹介したいと思います。

鳥谷阪神退団までの経緯

出典:https://baseballking.jp/

2019年8月26日に、鳥谷と阪神が話し合いを行い、引退を打診されたとのこと。

このときに鳥谷は、話し合いが阪神球団と話し合いをした事実を明かし、

「自分がどうするかはまだ考えていない」

と、取材に応じていました。

 

周辺がざわつき始めた中、2019年8月31日に、鳥谷が取材に応じて、

「このまま引退するか、他チームでプレーするか、2つの選択肢がある」

「どういう形にしても今季で阪神タイガースのユニフォームは脱ぐ」

「そのことをファンの皆さんに伝えたい」

と話し、今季限りで阪神を退団することにしたとのことです。

 

これらのことから、2019シーズンの途中ですが、今シーズン限りで、鳥谷が阪神を退団することは決定的となりました。

引退するのかどうかについては、鳥谷を獲得してくれる球団があるのかどうかによるようです。

現役続行となるか、引退となるか、今度の鳥谷の、またプロ野球界の動向に注目しなければなりませんね。

 

ちなみに、阪神球団は、

「阪神のユニフォームを着たスター選手のままで」

「引退後のポストを話し合う準備があったが、現役のこだわりが強かった」

としています。

阪神・谷本球団本部長「現役へのこだわり強かった」 引退勧告も鳥谷との会談物別れ

鳥谷の阪神での実績

改めて、鳥谷の阪神での実績を振り返ってみましょう。

鳥谷の活躍は、阪神ファンのみならず、多くのプロ野球ファンが知っていると思いますので、掻い摘んで紹介したいと思います。

2003年、NPBドラフト自由獲得枠で阪神に入団。
2005年、ショートのレギュラーとして定着。日本シリーズに出場。
2007年、遊撃手として一軍公式戦連続フル出場の最多記録達成(398試合)。
2008年、セリーグベストナインを初受賞。
2009年、守備率.990でリーグトップ。球団記録を更新。
2010年、1000安打達成。
2012年、「メジャーか残留か五分五分」と発言しメジャー挑戦への志向があることを表明。
2013年、WBCに出場。
2014年、海外FA権を行使したが、阪神に残留。
2015年、阪神と5年契約を結ぶ、「阪神で終われたら」と発言。
2016年、NPB公式戦600試合連続フルイニング出場達成。
2017年、連続試合出場1767達成(←衣笠に次ぐ2位)、また2000安打達成。
2018年、「野球を続けられるのか辞めなきゃいけないのか大事な1年」と発言。
2019年、今ココ

ベストナイン6回、ゴールデングラブ5回、最高出塁率1回のタイトルを受賞しています。

守備率はほぼ.970を超えていて、守備の名人というイメージでしょうか。

鳥谷がどんな選手だったのか!と言うと、

  • 2000試合出場(史上51人目)
  • 1939連続試合出場(歴代2位)
  • 667連続フルイニング出場(歴代4位)

↑この試合出場の実績ではないでしょうか。

あの鉄人衣笠に次ぐ連続試合出場ですから、鳥谷も鉄人です。

打撃のタイトルを獲ったことはありませんけど、阪神のレギュラーとして、いや、NPBのプロ野球選手として、

阪神ファンを、プロ野球ファンに、野球を魅せてくれた偉大な選手だと思いますけど、皆さんはどう思われますか?

 

また、所沢に近い東京都東村山出身であることから、

聖望学園(埼玉)、早稲田大学という出身地に近い環境で野球をしていたんですけど、

その活躍からいざプロ野球へという段階のときに、

出身地に近い巨人や横浜が獲得を目指す中で、

「お金で将来を決めたくない、そんな人間だと思われるのが一番嫌だ」

と発言し、出身地に近い球団の誘いを断り、

内野手として「土のグラウンド」でのプレーを望んでいたことから、阪神への入団を決めたという経緯もあったようです。

・・・鳥谷の男気が凄い!

 

阪神に入団し10年の実績を積んだ鳥谷は、憧れのメジャーでのプレーを目指しました。

実現しませんでしたけど、その後は「生涯阪神」を希望する発言をしています。

プロスポーツ選手は、力が衰えれば、現役を引退するのは普通のことです。

鳥谷もそのような段階になっているのかもしれません。

比較するものでもないかもしれませんけど、阪神には福留や糸井などの実績を残してきたベテランもいますが、

鳥谷は阪神生え抜きです!(←途中いなくなりそうにはなりましたけど(笑))

阪神ファンの方々はどう感じられているのかわかりませんけど、

退団し他球団へ移籍するにしても、引退に至るにしても、

・・・鳥谷が阪神からいなくなる、これは寂しいことですよねぇ・・・。

阪神を退団することへの反応

熱烈なファンをもつ阪神ですから、この鳥谷の件について、多くの方が反応しておられます。


↑・・・そうですよねぇ、このように感じられる方が多いんじゃないかと思います。

 

阪神ファンであるとの俳優西田敏行は、

「まだまだ鳥谷さん、やれますよ。情けない」

旨の発言をしていて、鳥谷の退団に反応しているようです。

西田敏行、鳥谷に移籍のススメ「他のチームで阪神をたたきにきて」

 

やはり、阪神球団への批判が目立ちますね。

鳥谷の今後の動向に注目しなければなりません。

2019シーズンが始まる前に阪神についての記事を書いていますので、よかったらご参照ください。

プロ野球2019年の注目選手は?阪神タイガース

 

まとめ

以上、今回は鳥谷敬の阪神退団に関する情報を紹介しました。

移籍して現役続行となるか、引退して今うことになるのか、気になるところです。

気になるといえば、阪神

藤浪はどうなるのか、近本すげぇ、などなど、他の阪神の選手たちにも注目だと思います

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA