2019プロ野球開幕スタメン予想と注目選手【オリックス】

2018年のペナントレースでオリックスは4位になり、4年連続Bクラスとなりました。

パリーグの球団の中でも最もリーグ優勝から遠ざかっているチームです。

プロ野球界の中でちょっと地味な球団感が漂っているように思います。

今回の2019年のオリックスの開幕スタメン予想と注目選手を紹介したいと思います。

オリックススタメン予想2019

2018シーズンが終了し、西村新監督体制でスタートして2019シーズンですが、

ぶっちゃけ、あまり明るい材料はないんですよねぇ。

先発の2枚看板であった金子、西がそれぞれ日ハム、阪神へ移籍、これはかなりの痛手だと思います。

野手も実績のあった中島が試合に出れるかどうかもわからない巨人に行っちゃいましたし。

ただ、そんな実績のある選手たちが出ていったことを逆手にとることが、オリックス浮上のきっかけになるのではないかと思っていますが。

出場機会の少なかった選手たちの奮起に期待するしかありません。

日本初の下剋上日本一を成し遂げた西村監督の采配はいかに?

2019年のオリックスの開幕スタメンは次のとおりだと予想します。

打順】

  1. (中)宗
  2. (ニ)福田
  3. (D)ロメロ
  4. (右)吉田
  5. (一)メネセス
  6. (左)T岡田
  7. (遊)安達
  8. (三)大城
  9. (捕)若月

【先発】

  1. 山岡
  2. 田嶋
  3. アルバース
  4. ディクソン
  5. エップラー

福良監督もそうだったんでしょうけど、西村監督も走れる選手を配してスタメンを組むと思われます。

と言いますか、現状のオリックスにはそれしかないような気がします。

投手陣も外国人助っ人に頼らざるを得ない台所事情。

東明や松葉などが先発として使えれば良いんでしょうけど。

このように開幕スタメンを予想してみました。

オリックス注目の投手2019

繰り返しますが、オリックスの投手の台所事情は可哀そうと思えるほどです。

120勝投手の金子、74勝投手の西がいなくなったわけですから。

2019年とは言わず、今後3年くらいかけて、投手陣の再構築が必要なのではないでしょうか。

だからこそ、次の3人の投手は特に注目だと思います。

山岡 泰輔

出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/

2019年にプロ3年目を迎える山岡。

高校時代から注目されていた投手ですから、ここまで順調に成長していると評価されるのではないでしょうか。

ルーキーイヤーの2017年に24試合に先発し8勝、昨年も23試合に先発し7勝。

2019年時点でのオリックスの先発のエース候補として期待がかかります。

過去2年間もシーズンをとおして先発ローテーションを担っていますので、今年は10勝を目標にしたいですよね。

24歳となる今年に飛躍してほしいオリックスのエース候補山岡に注目です。

田嶋 大樹

2017年のドラ1位、2018年のルーキーイヤーに6勝を挙げた田嶋。

昨シーズンの6勝は開幕から6月までの実績で、その後は肘の故障で1軍の登板はありませんでした。

昨シーズン序盤の活躍から、かなり期待できる投手ではないでしょうか。

今年で23歳になる若い投手です、注目の投手だと思います。

竹安 大知

西の人的補償で阪神から移籍してきた竹安。

阪神では1軍での登板実績が少なく、どれほどの投手なのかわかりません。

ただ、昨年は阪神のファームで14試合に登板し6勝、防御率1.30と、8年ぶりのファーム優勝に貢献したとのこと。

西の補償なわけですから、それなりの実力があると期待したいですよね。

今年25歳になる竹安にも注目してみてください。

 

以上、オリックスの若手投手3人を注目選手としてみました。

他にも、昨年実績を残したアルバース、ディクソン、新加入のエップラーなどの外国人、

新加入となったベテラン成瀬などにも頑張ってもらいたいところでしょう。

豊富な投手陣ということではないですから、若手の成長が望まれるところです。

オリックス注目の野手2019

他球団と比較して野手陣も豊富な人材がいるとは言えないでしょう。

マレーロや新加入のメネセスなどの外国人に頼らざるを得ないでしょう。

しかし、昨年の活躍から、オリックスの唯一の希望、吉田正尚の成長は明るい材料です。

吉田 正尚

出典:https://baseballking.jp/

2018シーズン6月ごろからオリックスの4番を務め、打率.321、HR26、打点86とパリーグ個人タイトルを争った吉田。

パリーグの打撃部門の順位をみても、

打率4位、HR7位、打点6位、出塁率3位とパリーグ屈指の打者の仲間入りを果たしています。

2019年のオリックスの最大の注目選手です。

今年26歳になるプロ4年目、オリックスの宝になれるでしょうか。

宗 佑磨

2018年は故障などによりフルシーズンでの出場ではありませんでしたが、

1軍で試合に出場したときにはインパクトの残る活躍をしました、宗。

その身体能力から内野手から外野手へコンバートされました。

打って走れる選手で、今年プロ4年目の23歳。

内野から外野にコンバートされた経験を持つ西村監督の好みの選手だと思います。

宗はスタメンに入ってくると思いますが、何番を打つのかも注目だと思います。

福田 周平

ルーキーイヤーだった昨年はシーズン後半で2番に定着したのが福田。

大城と内野のポジション争いをしながらの出場でした。

宗や大城、安達などと同じく足が速いのが特徴でもあります。

プロ2年目、今年27歳、西村監督よりキャプテンに指名された福田にも注目です。

 

以上、2019年のオリックスの野手の中で注目しておいたほうが良い3選手をチョイスしてみました。

長距離砲は外国人助っ人に頼らざるを得ませんが、吉田正尚には大注目です。

そして、オリックスの野手陣の特徴として、走れる選手がけっこういます。

昨年の盗塁数をみると安達が20、福田が16という成績で、盗塁数は少ないですが宗、大城、西野も足の速い選手です。

ただ、他球団に比べ出塁率が低い傾向にあるようです。

吉田など打てる選手の前にランナーを溜めておく、足を使って塁を稼ぐような野球ができるのではないでしょうか。

チーム全体的に立て直しが求められるオリックスで、若手選手の成長は特に求められるのではないかと思います。

かつての盗塁王の西村監督の采配はどうでしょう。

まとめ

以上、2019年のオリックスのプロ野球スタメン予想と注目選手を紹介しました。

オリックスファンのみなさんの期待はいかがでしょうか。

若い投手たちはもうワンステップ、レベルアップしてほしいところ、

走れる野手が多いことから、走力を生かした野球(←をするしかない?(笑))などは面白いかもしれません。

中心選手の退団により、ちょっと可哀そうと思えるようなチーム事情のオリックスが、

どんな野球を、誰が成長するのかというのは、オリックスの注目点ではないでしょうか。

 

今回の記事がスポーツを楽しまれる皆さんにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の<<2019開幕スタメン予想と注目選手【日ハム】>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA