2019プロ野球開幕スタメン予想と注目選手【ソフトバンク】

2019年プロ野球の注目選手紹介シリーズ、今回からパリーグを紹介します。

過去10年で5回のリーグ優勝&日本一に輝いているソフトバンクホークス。

近年のプロ野球界で一番強いチームと言って良いでしょう。

今回は2019年のソフトバンクの開幕スタメン予想とシリーズの注目選手を紹介します。

2019スタメン予想(ソフトバンク)

私見による予想ですので、ご容赦を(笑)

2年連続日本一となったソフトバンクですから、2019年のシーズンもそんなに変化はないと予想します。

現状のメンバーで工藤監督のスタイルが出来上がっている感がありますので、

2019年のスタメンも基本的には、昨年の実績で選ばれると思われます。

ただ、昨年も打順を入れ替えていますので、選手の調子や怪我の状態で変わるもの(←当たり前ですけど(笑))と思います。

スタメンの予想は以下のとおりです。

打順】

  1. (右)上林
  2. (遊)今宮
  3. (左)中村晃
  4. (中)柳田
  5. (D)デスパイネ
  6. (一)内川
  7. (三)松田
  8. (捕)甲斐
  9. (二)牧原

【先発】

  1. 千賀
  2. バンデンハーグ
  3. 石川
  4. 武田
  5. 東浜

このようなオーダーでスタメンとなるのではないでしょうか。

このように予想しますスタメンから2019年のソフトバンクの注目選手をチョイスしてみたいと思います。

ソフトバンク注目の投手2019

2017年に比べ2018年はチームの防御率が下がったソフトバンク。

昨年の実績では千賀、石川、バンデンハーグは安定して先発の役割を果たしたのではないでしょうか。

東浜も10勝まであと一歩でしたが、誤算だったのは武田でしょうか。

これまでの実績、昨年の状況から、2019年のソフトバンクの投手の注目選手をチョイスします。

千賀 滉大

3年連続2桁勝利、安定して先発の役割を全うし、今やソフトバンクの投手の柱と言えるでしょう。

安定して打てる打線ですから、15勝を目指したいところではないでしょうか。

個人としても、ソフトバンクファンも最多勝のタイトルが欲しいのではないかと思います。

当然スタメンに名を連ね、先発ローテーションを任されるでしょう。

2019年のソフトバンクの投手陣の中では最も注目を集めるでしょう。

武田 翔太

2018年は3完封とパリーグの最多完封となりましたが、結局4勝止まり。

シーズン途中からは中継ぎに回り、結果として日本一には貢献しました。

しかし、先発の柱として期待されているであろうピッチングには程遠いのではないでしょうか。

2017、2018の成績を考えると、やはりスタメンに名を連ね、先発投手として10勝以上はしてほしい投手でしょう。

2019年は武田が復活するのかどうかもソフトバンクの注目だと思います。

甲斐野 央

2018年のソフトバンクのドラ1、甲斐野。

2019年の春季キャンプでかなりの高評価らしいです。

ソフトバンクのルーキー投手は、球団の方針がそうなのか、なかなか1軍で活躍することがありません。

過去には和田毅、武田翔、石川柊などはルーキーイヤーに大活躍した投手ですが、

メディアの取り上げ方から、かなり期待できる投手だとのこと。

1軍で甲斐野が登板するか、注目だと思います。

 

以上、2019年ソフトバンクの投手3人を注目選手としてみました。

パリーグで比較したときには投手の成績に深刻な問題があるとは思われませんが、

ソフトバンクの年度別で比較したときには、2018年は少し悪化したと思われます。

この注目の3人以外にも、石川、東浜、また、外国人助っ人も含め投手力の安定を図りたいところでしょう。

しかし、他球団の深刻さに比較すると、ソフトバンクの投手力は安定しているように思います。

ソフトバンク注目の野手2019

柳田 悠岐

注目選手なのですが、ソフトバンクの野手としてではなく、

柳田の場合には、日本のプロ野球界の顔として注目せざるを得ないでしょう。

試合の内容は関係なく、ソフトバンクファンじゃなくても、

柳田がバッターボックスに入れば、ちょっと手を止めて注目しなければならない、そんなバッターですよ(笑)

2018年は自己初の102打点の100打点超え、そして2度目の首位打者、

選手として絶頂期にあると言えるでしょう。

注目しなくても打つでしょうけど、どんなバッティングをするのか注目ですよね(笑)

牧原 大成

ソフトバンクのセカンドは誰がやるのか?

ほぼスタメンが固定されていると思われるソフトバンクですが、

セカンドだけはスタメンがわからなくないですか、明石なのか川島なのか牧原なのか。

2018年のバッティングから牧原と予想します。

セカンドのスタメンを掴むのは誰かということもソフトバンクの注目点だと思います。

上林 誠知

スタメンに定着した感のある上林、昨年は最多出場を果たしました。

2019年もスタメンとして出場することが予想されますけど、

注目点は、周囲の評価に対する内容が伴うかどうかということではないでしょうか。

1~2番辺りを打つのか、下位打線を任されるのか、他の選手との兼ね合いによるんでしょうけど、

バッティングの内容が問われるのではないでしょうか。

2018年の三振の数は117パリーグワースト4位、打率と出塁率を上げたいところ。

ソフトバンクのスタメンに定着した上林のバッティングに注目です。

 

以上、ソフトバンクの野手3選手を注目選手としました。

チームの顔、内川、松田は30代中頃を過ぎましたが、あと2~3年は仕事をしてくれるでしょう。

頼れる大砲デスパイネも問題なく打ってくれるでしょう。

これらの選手が引退するまでに、力のある若手選手の成長が望まれます。

上林などはその筆頭候補であり、注目される野手だと思います。

まとめ

以上、プロ野球2019年のスタメン予想と注目選手、ソフトバンク編をお届けしました。

安定した強さを誇るソフトバンクですから、今年も優勝争いをするでしょう。

また、3年連続日本一も目指しているでしょう。

選手も全体的には充実していますけど、投手陣の底上げが必要かと思います。

ソフトバンクファンの皆様はどう思われるでしょうか。

 

今回の記事がスポーツを楽しまれる皆さんにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の<<プロ野球2019年の注目選手は?阪神タイガース>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA