2019プロ野球開幕スタメン予想と注目選手【西武ライオンズ】

2019年に10年ぶりリーグ優勝を成し遂げた西武ライオンズ。

しかし、クライマックスではソフトバンクに敗れ、日本シリーズへの進出はありませんでした。

あの挨拶から辻監督の無念が伝わってきましたねぇ。

野手は揃った感があります、課題は投手陣。

プロ野球2019年の西武の開幕スタメン予想と注目選手を紹介したいと思います。

西武2019スタメン予想

私見による予想ですので、ご容赦をm(__)m

はじめにも書きましたが、野手陣は充実した面々が揃っています。

外国人助っ人が必要ないくらいのメンバーではないでしょうか。

2018年シーズンのスタメンからは、浅村が移籍で抜けちゃいましたけど、

森の成長が著しく、スタメンオーダーに頭を悩ますことはないと思いますね。

パリーグの他のチームは苦労する打線となりそうです。

問題は投手陣、昨年の防御率はパリーグ最下位。

大黒柱の菊池が大リーグに行っちゃいましたので、この穴は小さくないですよね。

敢えて言う必要もないくらいでしょうけど、2019の西武の最大の注目点は投手陣です。

昨年の実績や投手、野手の状況から2019年の西武の開幕スタメンは次のとおりと予想します。

打順】

  1. (中)秋山
  2. (遊)源田
  3. (捕)森
  4. (一)山川
  5. (三)中村
  6. (二)外崎
  7. (D)メヒア
  8. (右)木村
  9. (左)金子

【先発】

  1. 和多田
  2. 内海
  3. 榎田
  4. 今井
  5. 十亀

このようなオーダーでスタメンとしましたが、西武ファンの皆様はどうでしょうか?

このようなスタメンから2019年の西武の注目選手をチョイスしてみたいと思います。

注目の投手2019西武

2018年パリーグで防御率最下位の西武投手陣。

それでも最多勝だったのは多和田でしたので、希望があります(笑)

巨人からの移籍で内海がやってきましたが、

それでも期待したいのは生え抜きの若い投手たちではないでしょうか。

多和田 真三郎

出典:https://baseballking.jp/

2018年のパリーグ最多勝の多和田はプロ4年目。

16勝5完投、防御率3.81は立派な数字ですが、失点もパリーグ最多。

強烈な打線の西武ですから、投手にとって勝ち星を挙げやすい環境にあるので、失点を減らしたいところ

2018年西武で一番化けたと言っても良い多和田が、

さらに研究されるであろう2019年も、順調に勝ち星を挙げられるかどうか、

西武投手陣の中で一番の注目点ではないでしょうか。

今井 達也

甲子園の優勝投手の今井、2019年で21歳を迎えます。

昨年は15試合に先発し5勝、初先発で初勝利を挙げました。

球団や西武ファンは今井に期待しているのではないでしょうか?

先発投手の底上げのためには今井の成長は注目点だと思います。

どんな投手になるのか観てみたい選手ですよね。

高橋 光成

今井と同じく甲子園の優勝投手の高橋光成、2019年はプロ5年目。

2年目には19試合に先発し、その後を期待されましたが、

2017年の肩の不調以降、1軍での登板数は減っています。

高橋はもうだめなのでしょうか。

今井と同じく甲子園で注目されたので、活躍を期待したいんですけどね。

 

以上、2019の西武の注目の3投手をチョイスしてみました。

榎田も内海もカスティーヨもそれなりに投げるでしょう。

しかし、パリーグの連覇、またソフトバンクに勝ちきるには投手力の向上は、

今後数年の西武の一番の課題となるのではないでしょうか。

それには、若い投手たちの成長が期待されるところだと思います。

多和田26歳、今井21歳、高橋22歳のシーズンですので、

特にこの3投手には注目かと思いますが。

注目の野手2019西武

浅村、炭谷がいなくなったとしても、野手の充実ぶりがみて取れます。

助っ人に頼る必要のない長距離バッターも揃っていますし、

若手選手の成長も期待できますよね。

優勝争いをする力は十分にある野手陣、充実しています。

森 友哉

出典:https://news.biglobe.ne.jp/

充実している野手の中で2019年最も注目されるのか森友哉ではないでしょうか。

浅村の抜けた打線の中心として、炭谷の抜けた捕手として、

プロ野球界に打てる捕手が誕生するかどうか、期待は大きいと思います。

辻監督は森を何番で使うのか、3番?はたまた7番??

2019年の森友哉には注目ですよ。

山川 穂高

出典:https://baseballking.jp/

いったい何本打てるのか!2018パリーグホームラン王の山川。

打点もチームメイトだった浅村に及びませんでしたが、リーグ2位の124打点。

堂々のパリーグMVPです。

プロ5年目でキャリアハイとなる47本の124打点、パリーグMVP、

巨人の丸と同じく、2019年の山川のバッティングは、

西武ファンのみならずプロ野球界の注目点です、山川は何本打つのか!

中村 剛也

そして、山川とセットとして考えたいただくと、注目度がさらに上がると思います、中村剛。

昨年は3番浅村と4番山川のアベックホームランが14回(だったでしょうか)?ということが話題になりましたが、

西武のホームラン打者と言えば、この中村剛。

昨年は山川が4番で中村剛が6番を打つことが多かったんですが、

打順は続いていないかもしれませんが、2人のアベックホームランを観てみたいです。

なお、中村は現役の選手の中ではホームラン数が阿部慎之助に次ぐ2位で、385本!

あと15本で記念の400号、おそらく2019シーズンで達成することになるでしょう。

山川とセットで、また自身のメモリアルアーチに向け、

何本のホームランを打つのか、中村剛にも注目です。

 

以上、2019年の西武の注目野手として、森、山川、中村剛の3人をチョイスしました。

もちろん、秋山、源田、外崎の打撃にも注目です。

2018年の西武の個人の打撃成績などを並べてみますと、

【HR】

  • 山川 47
  • 中村 28
  • 秋山 24
  • 外崎 18
  • 森友 16

【打点】

  • 山川 124
  • 秋山   82
  • 森友   80
  • 中村   74
  • 外崎   64
  • 源田   57

このホームラン数と打点から、西武の攻撃力がわかると思います。

安打数を期待される選手も長打や打点を期待される選手も仕事をする強力な打線です。

その注目の打線の中でも、特に2019年シーズンは、森、山川、中村剛に注目してほしいですね。

成長著しく西武の正捕手の座を射止めるか、森友哉、

プロ野球界を代表するホームランバッターの山川、中村、目が離せないのではないでしょうか。

まとめ

以上、2019年のプロ野球スタメン予想と注目選手、西武ライオンズ編をお届けしました。

球界最強の打線を擁する西武ですから、打撃に関しては不安はなく、純粋に楽しめるでしょう。

課題は投手、若手投手が成長できるかどうかが最大の注目点でしょう。

西武ファンの方々はどう思われるでしょうか。

 

今回の記事がスポーツを楽しまれる皆さんにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の<<2019開幕スタメン予想と注目選手【ソフトバンク】>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA