Jリーグ2019シーズンの注目選手をピックアップしておきます

Jリーグ2019シーズンの開幕が直前に迫りました。

フロンターレの3連覇なるのか、浦和、鹿島あたりが阻止するのか!

今回は、Jリーグの順位とは関係なく、

2019年のJリーグで注目しておいたほうが良い選手を紹介したいと思います。

筆者が個人的におすすめする注目選手ですので、お許しくださいm(__)m

Jリーグ2019の【特別】注目選手

昨年のイニエスタ、Fトーレスなどと同じように、2019シーズンのJリーグにも大物が加入しました。

まぁ以前のレオナルドのように現役バリバリの選手とは違いまして、

全盛期を過ぎた感のある世界的な選手ですが、注目選手であることに変わりはありません。

見出しのように「特別」な注目選手ですので、是非注目してください。

ダビド・ビジャ

出典:https://www.hudsonriverblue.com/

ヴィッセル神戸、背番号7、スペイン国籍。

2019シーズン新加入となりましたビッグネームと言えばビジャです。

おそらくイニエスタの影響だと思われますが、イニエスタと並ぶスペインの名選手です。

2008~2012年を中心とした6~7年間は、世界で一番サッカーの強い国はスペインでした。

サッカーの国際大会でも最高レベルの大会を3連覇したんですねぇ。

  • 2008年 UEFA欧州選手権 優勝
  • 2010年 FIFAワールドカップ 優勝
  • 2012年 UEFA欧州選手権 優勝

というもので、欧州選手権を優勝した国が次のワールドカップで優勝するということも史上初、

また、欧州選手権を連覇するのも史上初、という5年間の間に2つの史上初をやってのけたのです。

そのスペイン代表の中心選手の一人がダビド・ビジャです。

ビジャは2008年の欧州選手権、2010年のワールドカップで2大会連続で得点王に輝いています。

つまり、2010年前後にサッカーの歴史上でも史上初を連発していた世界最強のスペインで、

最も得点をとっていたのがビジャです。

スペイン代表の最多得点記録を持っているのもビジャです(通算59点)。

このビジャとともにスペイン代表の中心だったのがイニエスタでありFトーレスでした。

クラブレベルでもスペイン国内の名門チームのバレンシア、バルセロナ、Aマドリードを渡り歩き、

アメリカのニューヨークシティでも毎年得点王争いをしていました。

僕は、ビジャの凄さを伝えることができましたでしょうか!

しかし、ビジャは2019年の誕生日がくると38歳になります。

40歳前の選手ですので、ほんとにまだ出来んのか?と気になるところですが、

スペイン代表でもクラブレベルでも点を取りまくってきたビジャは、

間違いなく2019年のJリーグの最大の注目選手です。

アンドレアス・イニエスタ

出典:https://www.football-zone.net/

ヴィッセル神戸、背番号8、スペイン国籍。

2018シーズン途中の7月からJリーグでプレーしているイニエスタ。

神戸に加入したときには大騒ぎになりましたね。

2019年もJリーグでプレーしますので、イニエスタも特別な注目選手です。

サッカー選手としての名声はビジャよりも上?だと思いますが、

シーズン途中での加入だったこともあり、周囲との連係も不足していることから、大活躍というには程遠いパフォーマンスでした。

しかし、2019シーズンは2年目を迎えることですし、

昔の同僚ビジャが加入したことは、イニエスタ個人にとってはプラス材料でしかありません。

SNSでも発信しているように、だいぶ日本の生活にも慣れてきたようですので、

2019シーズンのイニエスタはパフォーマンスが向上することは間違いないと思います。

神戸を上位に導くことができるか、イニエスタも注目選手です。

レアンドロ・ダミアン

出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/

川崎フロンターレ、背番号9、ブラジル国籍。

ちょっとメディアが騒ぎすぎな感がありますレアンドロ・ダミアン。

元ブラジル代表で2012年のロンドンオリンピックの得点王という肩書。

現在29歳で現役選手なわけですから、これからもブラジル代表に呼ばれる可能性があるのに、

「元」ってなったら、もう終わったようなニュアンスの表記になりますよねぇ(笑)

近年はブラジル代表には呼ばれていないようですし、

クラブレベルでは欧州での実績が少ないことから、

イニエスタ、ビジャ、Fトーレス、ポドルスキなどと比較すると、世界的な名声では劣るでしょう。

しかし、僕の勝手な予想ですが、レアンドロ・ダミアンは活躍すると思います。

なぜなら、フロンターレがサッカーのスタイルが完成されているので、

点を取ることに長けた選手であれば、パーツとしてびたっとマッチすると考えられるからです。

神戸が爆発しない限り、フロンターレの優勝の可能性は高いでしょうから、ダミアンは活躍するでしょう。

Jリーグ2019年の特別な注目選手のひとり、レアンドロ・ダミアンも覚えておいてください。

ジョー

出典:https://www.football-zone.net/

名古屋グランパス、背番号7、ブラジル国籍。

昨シーズンにJリーグでプレーするようになった外国人選手の中で大爆発した選手を覚えていますか?

名古屋に加入したジョーです。2018年シーズンの得点王です。

ジョーの所属している名古屋は昨シーズン、最終節までJ2降格争いをしてしまいました。

降格争いをする、それも最終節までもつれ込むくらいの名古屋で、

凄まじい勢いで点を取りまくっていたのがジョーだったわけです。

2019年の名古屋が補強によって弱点であったディフェンスを強化できたのかどうかは、

シーズンが始まってみなければわかりませんが、

昨年の得点王ジョーは2019シーズンのJリーグの注目選手であることは変わりません。

それも特注だと思います。

 

以上、Jリーグの2019シーズン、特別な注目選手ということで、

  • ダビド・ビジャ(神戸)
  • イニエスタ(神戸)
  • ダミアン(川崎F)
  • ジョー(名古屋)

の4人の選手をピックアップしました。

2019年、この選手たちは、はたして活躍するのか!も含めて、最大級の選手たちです。

おすすめの注目選手

次に、上のようなスター選手ほどではないのですが、

2019年シーズンに注目しておいたほうが良いおすすめの注目選手を紹介したいと思います。

チャナティップ

出典:https://www.football-zone.net/

コンサドーレ札幌、背番号18、タイ国籍。

2018年、J1でリーグ4位と大躍進を果たした札幌で、その中心選手となったチャナティップ。

ぶっちゃけ!こんなに活躍するとは思いもしませんでした、上手でしたねぇ。

トップ下で札幌の攻撃の最終局面を作り出します。

2019年は、新加入の鈴木武蔵、岩崎悠人などとの組み合わせも魅力的です。

身長158cmです、小さい選手のお手本でもあります。

札幌の最大の注目選手です。

安部 裕葵

出典:https://www.football-zone.net/

鹿島アントラーズ、背番号10。

2019年のJリーグの日本人で一番の注目選手は安部裕葵ではないでしょうか。

2018年シーズンも最後には3位と帳尻を合わせてきた鹿島、やはり地力があります。

植田、金崎、昌子などの移籍により、チーム力の低下が懸念されましたが、

鈴木優や安部などの若い選手の成長などもあり、徐々に成績が良くなっていきました。

20歳で鹿島の10番を背負うことになった安部もJリーグの注目選手です。

久保 建英

出典:https://www.soccer-king.jp/

FC東京、背番号15。

2018年は横浜Mにレンタルされましたが、結局リーグ戦5試合しか出場できませんでした。

2019年シーズンはFC東京に戻ってきました。

J1の試合に出場できるのでしょうか!

日本中が久保建英の動向に注目しています。

6月に18歳になる久保くんですが、バルサへの復帰となるのか!

試合に出るのかどうか、念願のバルサ復帰が叶うのか、注目選手です。

 

以上、メディアでも取り上げられる頻度の高い、3選手をピックアップしてみました。

  • チャナティップ(札幌)
  • 安部 裕葵(鹿島)
  • 久保 建英(F東京)

の3人のJリーグでの活躍、動向は注目です。

ちょっと気にしておいてください注目選手

最後に筆者の全くの予感めいた感覚で、2019年のJリーグの注目選手を紹介したいと思います。

活躍するかどうかわかりません!が、観てみると面白い選手たちだと思います。

前田 大然

出典:https://www.soccer-king.jp/

松本山雅FC、背番号7。

2018年はJ2で優勝、2015年以来2度目のJ1となりました。

J1でどれだけやれるのかわかりませんけど、

松本山雅に前田大然というめっさ!かけっこの速い選手がいます。

この選手を覚えておいてください。

全くの個人的な好みですけど(笑)、山雅の注目選手です。

和泉 竜司

出典:http://nagoya-grampus.jp/

名古屋グランパス、背番号29。

風間監督は和泉をどのポジションで使うのか!

サイドバックからボランチからインサイドハーフ、ウイングまで。

便利屋と呼ばれてしまうかもしれませんけど、

たくさんの選手がいるなかで、複数のポジションで試合に出場し続ける和泉君はやはりただ者ではありません。

全くの個人的な好みによりますけど(笑)、名古屋の注目選手です。

高校、大学サッカーの顔でもあった和泉君も2019年で26歳。

名古屋の中心選手に成長しました。

指宿 洋史

出典:https://www.soccer-king.jp/

ハードワークが売りの湘南に長身のFW指宿が加入しました。

2018のシーズンは降格争いをすることになりましたが、ルヴァンカップで優勝し力があることを示しました。

2019シーズンの湘南に外国人FWはいません。

1トップでやるのかわかりませんけど、指宿の役割は重要になるでしょう。

Jリーグを経験せずに海外のクラブと契約した初めての日本人選手で、注目を集めましたが、

大活躍したかと言えば、いまひとつとの印象です。

個人的な考えですが、チーム全体がハードワークする湘南に、

身長196cmの指宿が加わったことが非常に気になります。

意外と面白いかもしれません。

2019年の湘南の指宿は注目選手だと思います。

 

以上、ちょっとマニアックなところで、シブめの3選手を紹介してみました。

  • 前田 大然(松   本)
  • 和泉 竜司(名古屋)
  • 指宿 洋史(湘   南)

思いっきり個人的に気になるこの3人は、僕的には注目選手です(笑)

Jリーグの試合でみかけたら注意しておいてみてください。

まとめ

以上、今回は2019年のJリーグの注目選手を紹介してみました。

全部で10人のJリーガーを紹介させていただきましたが、活躍するかどうかわかりません(笑)

鳴り物入りで日本にやってきた世界的な大物もいれば、

ぶっちゃけ「誰それ?」的な選手までピックアップしてみました。

今回紹介して注目選手をまとめておきますと、

  • ダビド・ビジャ(神戸)
  • イニエスタ(神戸)
  • ダミアン(川崎F)
  • ジョー(名古屋)
  • チャナティップ(札幌)
  • 安部 裕葵(鹿島)
  • 久保 建英(F東京)
  • 前田 大然(松本)
  • 和泉 竜司(名古屋)
  • 指宿 洋史(湘南)

 

優勝争いも注目ですし、シーズン終盤になると降格争いも激しくなり、見どころの多いJリーグですが、

2019年はどんなシーズンになるか、楽しみですね。

 

今回の記事が読んでくださった皆さんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら<<日程と会場を確認!ラグビーワールドカップ2019>>もご一読ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA