2020年もウインターカップの優勝を予想!男子は3連覇濃厚か!?

高校バスケ界の冬の王者を決める2020年のウインターカップが間もなくとなりました。

2020年は、インターハイなどの大会の中止が相次ぎ、各校の力関係を把握することが難しい状況です。

ここでは、2020年のウインターカップ男子の優勝、及び上位進出校を予想をさせていただきます。

大会は、2020年12月23日~29日の7日間予定。

福岡第一の3連覇となりますか、はたまた、阻止するチームがありますか!?

ウインターカップ2020男子の組み合わせ

出典:https://prtimes.jp

ウインターカップは、2020年も、男子、女子それぞれ出場校は60校。

ここでは、男子の出場校を、トーナメント表に沿って確認しておきましょう。

ウインターカップ2020男子トーナメント表

 

例年、ウインターカップでは、その年のインターハイの結果を反映して、シード校(4校)が決まりますけど、

2020年のインターハイは中止となりましたので、インターハイの結果を反映できない状況です。

が、ウインターカップ2020の男子では、以下の4校がシード校となったようです。

  • 第1シード:洛南(京都/ブロック推薦)
  • 第2シード:仙台大明誠(宮城/ブロック推薦)
  • 第3シード:尽誠学園(香川/ブロック推薦)
  • 第4シード:桐光学園(神奈川/ブロック推薦)

↑シード校4校は、トーナメント2回戦から登場。

ほか、56校は1回戦から戦うということになります。

 

トーナメント表に沿って、ウインターカップ2020男子の出場校をチェックしたいと思いますが、

記事の後半で、優勝の予想、上位進出の予想をさせていただきますので、

その要因となる「留学生」を擁する高校は青色で表記してみます。

※留学生を擁する高校は現在調査継続中です。

 

洛南(第1シード)のブロック

洛南(京都)シード

日大豊山(東京)
桜丘(愛知)

厚木北(神奈川)
羽黒(山形)

つくば秀明(茨城)
鳥取城北

駒大苫小牧(北海道)
前橋育英(群馬)

九州学院(熊本)
能代工(秋田)

正智深谷(埼玉)
高知中央

豊見城(沖縄)
北陸学院(石川)

↑第1シード洛南のブロックは、このような組み合わせになっています。

第1シードの洛南が、日大豊山と桜丘との勝者と2回戦で対戦、

厚木北vs羽黒の勝者とつくば秀明vs鳥取城北の勝者が2回戦で対戦、

という表記をしています。

 

洛南は、2020年の近畿選手権の準優勝校、

強豪地域の北信越選手権の優勝は北陸学院

また、高校バスケ界の名門、能代工などが注目となるでしょうか。

 

桐光学園(第4シード)のブロック

広島皆実
関大北陽(大阪)

福岡大大濠
岡山商科大付属

東山(京都)
日本航空(山梨)

盛岡南(岩手)
飛龍(静岡)

東海大諏訪(長野)
土浦日大(茨城)

佐世保工(長崎)
奈良育英

報徳学園(兵庫)
八戸工大一(青森)

桐光学園(神奈川)シード

↑桐光学園(第4シード)のブロックになります。

 

桐光学園は、関東選手権の優勝校、

土浦日大は、関東選手権準優勝校、

また、昨年のウインターカップ準優勝の福岡大大濠

そして、東山は、近畿選手権の優勝校!

このブロックには、強豪校が集まった感がありますねぇ。

優勝候補である福岡大大濠と東山が3回戦で激突する可能性があります。

また、関東の強豪、桐光学園と土浦日大も、3回戦で対戦する可能性があります。

 

尽誠学園(第3シード)のブロック

尽誠学園(香川)シード

数英学館(広島)
鹿児島工

法政大二(神奈川)
松江東(島根)

東北学院(宮城)
高岡第一(富山)

実践学園(東京)
金沢(石川)

豊浦(山口)
宇都宮工(栃木)

光泉カトリック(滋賀)
福島東稜

北陸(福井)
中部大一(愛知)

↑第3シードの尽誠学園のグループです。

四国選手権の優勝校、尽誠学園のほかには、

東海選手権優勝の中部大一

その中部大一は、1回戦で北陸と激突!

1回戦での対戦ということでは、ちょっともったいないカードかも。

 

仙台大明誠(第2シード)のブロック

福岡第一
四日市工(三重)

海部(徳島)
北海道栄

新田(愛媛)
柳ヶ浦(大分)

美濃加茂(岐阜)
佐賀東

専修大附属(東京)
開志国際(長野)

延岡学園(宮崎)
市立船橋(千葉)

和歌山工
高松商(香川)

仙台大明誠(宮城)シード

↑第2シードの仙台大明誠のブロックです。

 

シードの仙台大明誠は、東北選手権の優勝チーム、

同じブロックには、開志国際、延岡学園、市立船橋という有力なチームが入りましたが、

何と言っても、2019ウインターカップチャンピオン、男子高校バスケ界の雄、福岡第一がこのブロックに!

福岡第一が1回戦から登場します。

 

以上、2020年のウインターカップ男子の出場校を、トーナメント表に沿って紹介しました。

 

ウインターカップ2020男子の展望

優勝予想の前に、2020年の男子高校バスケ界を振り返り、大会を展望してみたいのですが、

2020年は、感染症の影響により、いろいろなスポーツ大会、イベントが中止となりました。

毎年恒例のウインターカップを展望しようと思えば、

やはり、高校スポーツの祭典、インターハイの成績が参考になるのですが、

ご存じのように、インターハイは中止となったわけです。

 

そうなると、高校バスケ男子、2020年はどこが強いのか!?の参考になるのは、

毎年、ウインターカップ終了後、すぐに開催される新人大会しかないんですね。

それらを踏まえて、

昨年のウインターカップ以降の、高校バスケ男子の実績を振り返ってみます。

 

2019年度の各地区新人大会の結果

昨年のウインターカップ終了後、3年生の高校バスケは終了し、

各校は、2020年に向けて新チームとなるわけですが、

その新チームの最初の大きな大会が、各地区の新人大会となります。

その、各地区の新人大会の実績は次のとおりとなります。

※ウインターカップに出場が決まっている高校の実績を中心とします。

 

東北地区

  1. 仙台大明誠
  2. 能代工
  3. 福島東稜/羽黒

 

関東地区

  1. 桐光学園
  2. 土浦日大
  3. 市立船橋

 

北信越地区

  1. 北陸学院
  2. 帝京長岡←出場なし
  3. 開志国際
  4. 北陸

 

東海地区

  1. 中部大一
  2. 美濃加茂
  3. 富田←出場なし
  4. 四日市工

 

近畿地区

  1. 東山
  2. 洛南
  3. 報徳学園/関大北陽

 

中国地区

  1. 瀬戸内←出場なし
  2. 豊浦
  3. 鳥取城北/松江東

 

四国地区

  1. 尽誠学園
  2. 高知中央
  3. 新田
  4. 海部

↑という、結果でした。

北海道地区は、新人大会で準優勝の駒大苫小牧、1回戦で敗退した北海道栄が、ともにウインターカップ初出場となりました。

また、九州地区の新人大会は、中止となりました。

 

やはり、各地区のチャンピオンは、実力があるという傾向ではないかと。

ウインターカップ2020でも、優勝候補となると考えています。

特に、近畿選手権では、京都代表の東山洛南の決勝となり、東山が圧勝したようですが、

ウインターカップの京都予選では、洛南が優勝しています。

 

近年のウインターカップの傾向

近年のウインターカップの傾向を優勝予想の要因にしたいと思いますが、

賛否両論あるでしょうけど、やっぱり留学生の存在です。

近年のインターハイとウインターカップの優勝校を振り返ってみますと、

※留学生を擁した高校は青色で表記します。

インターハイでの優勝校は、

2020:中止
2019:福岡第一
2018:開志国際
2017:福岡大大濠
2016:福岡第一
2015:明成
2014:福岡大大濠
2013:京北
2012:延岡学園
2011:延岡学園
2010:八王子

↑2020年のインターハイは中止となりましたが、近年11回で、留学生を擁した高校の優勝が6回、

ウインターカップの優勝校は、

2019:福岡第一
2018:福岡第一
2017:明成
2016:福岡第一
2015:明成
2014:明成
2013:明成
2012:延岡学園
2011:延岡学園
2010:北陸
2009:明成

↑やはり近年11回で、留学生を擁する高校の優勝が6回です。

つまり、約54%ほどの確率で留学生を擁する高校が優勝しているという実績となります。

ウインターカップ2020男子の優勝及び上位進出の予想

前回のウインターカップも予想させていただいたのですが、

ウインターカップ2019(男子)の優勝を予想してみます!

当ブログの予想どおり、「福岡対決」となったわけです(笑)

また、上位進出(ベスト8)についても、ほぼほぼ予想どおりとなったんですけど、

2020年は、大会が少なかっただけに、各校の力関係がわかりません。

 

そんな中で、2020年のウインターカップは、

やっぱり、福岡第一の優勝候補の筆頭と予想されるかたが多いのではないかと思います。

福岡第一は3連覇に挑戦します。

当ブログも、本命は、福岡第一だろうと思っています。

 

しかし!

昨年ほどの、「鉄板」ではないのではないかと、なんとなく感じるんですね(笑)

福岡第一を超えるチームがあるとすれば、

2019年度の近畿選手権で優勝した東山なのではないかと!

 

東山は、前回のウインターカップ3位なのですが、準決勝で福岡第一と対戦しました。

福岡第一が優勝までの5試合の中で、最少失点としたチームが東山でした。

ウインターカップ終了後の2019年度の新人大会、

京都府予選から近畿大会で優勝するまでの5試合、全て3桁得点という圧倒的な力をみせつけたんですね。

 

すでに、2020年のウインターカップ出場を決めていた京都府予選では、京都府内のライバル洛南に敗れますが、

この敗戦が、ウインターカップ本番に向け、良いきっかけになるのではないかと、勝手に思っています(笑)

 

と、いうことで、

当ブログのウインターカップ2020男子の優勝は東山と予想します。

そのポテンシャルを発揮できるかどうかが、ポイントだと思いますが。

 

また、ベスト8(上位進出)に残りそうなところでは、

  • 洛南(京都)
  • 北陸学院(石川)
  • 東山(京都)
  • 桐光学園(神奈川)
  • 尽誠学園(香川)
  • 中部大一(愛知)
  • 福岡第一(福岡)
  • 仙台大明成(宮城)

↑ではないかと。

優勝と上位進出をまとめてみますと、

優 勝:東山
準優勝:福岡第一
ベス4:洛南
ベス4:中部大一
ベス8:北陸学院
ベス8:桐光学園
ベス8:尽誠学園
ベス8:仙台大明成

↑と、予想します!

 

ウインターカップ2020男子結果

ウインターカップ2020の男子、優勝は仙台大明成!

結果と当ブログの予想の答え合わせは次のとおりですm(__)m

優 勝:仙台大明成×
準優勝:東山×
ベス4:洛南○
ベス4:北陸×
ベス8:福岡第一×
ベス8:報徳学園×
ベス8:尽誠学園○
ベス8:正智深谷×

↑と、ほぼほぼ当たりませんでしたm(__)m

上位進出(ベスト8)も、予想した8チーム中5校は当たりましたけど。

やはり、群雄割拠状態で、予想どおりとはなりませんでした 涙

まとめ

以上、ウインターカップ2020男子の優勝及び上司進出校を予想をしてみました。

福岡第一は、3連覇を成し遂げることができますか、あるいは、ほかの有力校が阻止しますか、見どころではないかと。

毎年のことですが、高校バスケ冬の王者を決めるウインターカップ、

インターハイが中止だっただけに、どんな熱戦が繰り広がられるか、注目したいですよね。

みなさんの予想はいかがでしょうか。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

ウインターカップ2020女子も予想しています。

ウインターカップ2020女子の優勝も予想!あの女王を倒せるのか!?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA