2022年クイーンズ駅伝の優勝を予想!今年は3強対決の様相!

2022年のクイーンズ駅伝の開催が近づいています!

大会は2022年11月27日(日)

女子駅伝の日本で一番強いチームを決める年に1度の「駅伝最強女子チーム決定戦」。

2022年のクイーンズ駅伝は、3強対決の様相。

昨年覇者の積水化学、昨年準優勝の資生堂、一昨年覇者のJP日本郵政グループ、この3チームの力が突出し、また拮抗しています。

他のチームはこの3強に迫り、超えることができるでしょうか!?

2022年のクイーンズ駅伝も見どころ満載で楽しみです。

毎度のことですが、当ブログでは、クイーンズ駅伝の優勝を予想します。

併せまして、こちらも毎度のことですが、注目(してほしい)の選手も勝手に紹介いたします。

2022年度も日本のトップアスリートたちのパフォーマンスを楽しませていただきましょう。

※記事中の敬称は省略させていただきます。

クイーンズ駅伝2022の出場チーム

42回目の大会となる2022年のクイーンズ駅伝。

今年の参加チームは全24チーム。

昨年のクイーンズ駅伝の上位8位までの8チーム(クイーンズエイト)、

そして、2022年10月23日に開催されたプリンセス駅伝の上位16チームの予選突破チーム、の計24チームが出場。

まずは出場チームをチェックしておきましょう

クイーンズ8と予選会突破組に分けて表記しています。

  1. 積水化学(東日本)連覇に挑戦
  2. 資生堂(東日本)一山加入
  3. デンソー(中部)優勝3回
  4. JP日本郵政(東日本)優勝3回
  5. ダイハツ(関西)8に残れるか
  6. ヤマダHD(東日本)安定
  7. ユニバーサルET(東日本)安定
  8. ワコール(関西)今年は厳しい戦い
  9. パナソニック(東日本)優勝2回
  10. 九電工(九州)逸木絶好調
  11. 天満屋(中国)優勝1回
  12. 第一生命G(東日本)かなり有力
  13. ダイソー(中国)調子良い
  14. 三井住友海上(東日本)優勝最多7回
  15. 岩谷産業(関西)上り調子
  16. 大塚製薬(東日本)安定
  17. ユニクロ(中国)強そうなんだけど
  18. エディオン(中国)有力なはずなんだけど
  19. スターツ(東日本)ワングイ・エスター
  20. 豊田自動織機(中部)大注目されるの?
  21. ルートインホテルズ(東日本)
  22. しまむら(東日本)山ノ内復活!
  23. 日立(東日本)佐々木姉妹
  24. 肥後銀行(九州)京セラの分まで頑張って!

↑の24チームの出場となります。

 

2021年のクイーンズ駅伝は新谷仁美擁する積水化学が初優勝、2022年は連覇に挑戦します。

クイーンズ駅伝って、けっこう連覇が多いんですよ。

遡ってみますと、過去41回の大会で10回の連覇が達成されているんですね(3-4連覇含む)。

まぁ1年に1度の開催ですから、強いメンバーが揃えば、怪我やアクシデントが発生しなければ、2年連続で強いメンバーで大会に出場できる可能性は高くなりますよねぇ。

このような実績で考えると、積水化学の連覇は可能性は低くないのではないかと。

ちなみに、3連覇以上のチームをピックアップしてみますと、

  • ワコール:4連覇
  • 三井住友海上:3連覇
  • デンソー:3連覇

↑との実績となります。

 

連覇に挑戦する積水化学を含む全24チームが出場する2022年のクイーンズ駅伝です。

 

クイーンズ駅伝2022の優勝を予想!

それでは、2022年クイーンズ駅伝の優勝を予想。

ぶっちゃけ!

↑の三つ巴です!

どこが優勝するかわかりません!

逆に!!この3チームを超えるチームはない、この3チーム以外に優勝するチームはありません!とまで言っておきましょうm(__)m

この3チームの選手層がアツすぎぎるんですねぇ。

しかも、この3チームを比較したときに、当ブログの目線では、横一線にしか見えないのです。

 

それでも、優勝の予想ですので、なんとか導き出してみたいと思いますが、

当ブログのワンパターンの思考で申し訳ございませんが、

クイーンズ駅伝は、長距離区間である1/3/5/6の4区間に強い選手を配置できるかどうか、つまり、4人の強い長距離ランナーをオーダーできるかどうかに尽きます。

この3チームから、この区間の4人を、当ブログが勝手に!優勝の可能性の高くなるようチョイスして比較してみますが、

  • 積水化学:鍋島里奈-新谷仁美-佐藤早也伽-佐々木梨七
  • 資 生 堂 :木村友香-一山麻緒-五島莉乃-高島由香
  • 日本郵政:廣中璃梨佳-太田琴菜-鈴木亜由子-大西ゆかり

↑皆様、いかがですか!?

積水化学には、鍋島里奈が移籍してきました。

しかも、森スマイル智香子、卜部蘭、弟子丸小春など昨年の優勝経験のあるメンバーが揃い、更に、期待のルーキー道清愛紗なども加わっています。

新谷、佐藤早の長距離2枚看板に、実績抜群の鍋島が加わったわけです。

成長著しい木村梨、短距離の卜部、そして森スマイルが本職?の短い距離を担当することになれば、

積水化学の連覇濃厚と予想せざるを得ません。

 

資生堂は、昨年のプリンセス駅伝を新記録で優勝した後、クイーンズ駅伝で2位。

2022年に一気に日本最強の部類に入りそうな勢いの五島梨乃

実績申し分なしの木村友香、高島由香

学生時代から五島と鎬を削ってきた佐藤成葉、ここに一山麻緒が加わったわけです。

一山に長距離を任せるとしたら、誰が短距離を担当するのかが気になるところですが、

短距離には文武両道の樺沢和佳奈もいる!

むむむ、資生堂も強い強い!

 

JP日本郵政は、昨年ブレーキとなっちゃった感のある鈴木亜由子の調子が気になるところですが、

何と言っても、駅伝の全国大会で区間賞以外になったことのないロードのモンスター廣中璃梨佳がいて、

連覇に貢献した大西ひかり、2021年のクイーンズ駅伝でも好走した太田琴菜らの若手、

ここに大学女子長距離界の顔であり、駅伝でも実績を残してきた和田有菜が加入!

そして、高校時代から注目を集めていた小坂井智絵、土井葉月、三原環、山中菜摘らが控えています。

鈴木亜由子が体調が良ければ長距離区間を任せて、スタートの1区を廣中に任せ、出だしからぶっちぎって行ってほしいJP日本郵政

 

ぐぬぬ、ここまで3チームを比較しても難しい・・・。

長距離区間の4人だけでは差がつきませんので、短距離区間のメンバーを比較ししますと、

短距離の日本最強卜部蘭積水化学、でも資生堂にはジュディがいる。

新加入の比較では鍋島(積水化学)、一山麻緒(資生堂)、和田有菜(JP日本郵政)を比較すると、チームにより良い効果を与えるのは、鍋島加入の積水化学か・・。

と!長距離区間の4人、短距離区間の実力、新加入影響力を考えた時に、

ほんの少しですが、積水化学が優勢のような気がするんです。

よって!

2022年のクイーンズ駅伝の優勝は、積水化学ではないかと予想します。連覇達成です!

しかし、非常おおおおおおおに自信がありません(笑)

鍋島がきちんと走れるのか?あの強いクールビューティーが復活するのか!?

一山佐藤成のどっちを長距離区間を走らせるか、でもアンカーは高島しかありえん。

連覇したときのように廣中がぶっちぎって、勢いのままJP日本郵政が・・・鈴木亜由子は大丈夫なのか。

この3チームはどこが勝ってもおかしくないでしょう、それだけ競ると思います。

各区間のバランスを考えてときには、少しだけ積水化学が優勢のような気がします。

もちろん、アクシデントなく、出場する選手たちが健康で、実力どおりのパフォーマンスを魅せてくれることが大前提となるのは言うまでもありません。

皆さんは、どう予想されますでしょうか。

 

クイーンズ駅伝2022上位進出チームの予想

積水化学、資生堂、JP日本郵政のいずれかが優勝し、3連単となるかもしれません。

ぢゃ!この3チーム以外に優勝の目はないのか!?

・・・申し訳ございません、ないと思います。

この3チームが下位に沈むとすれば、アクシデントしか考えられません。

 

優勝までとは言いませんけど、4・5・6位、上位8位(クイーンズ8)に食い込んできそうなチームは?と言うことでは、いくつか注目のチームがあります。

プリンセス駅伝2022で優勝したのはパナソニック

2017-18のクイーンズ駅伝を連覇したあの強いパナソニックが復活したんでしょうか!?

2017-18のクイーンス駅伝では、森田香織、渡邊菜々美が2年連続区間賞、堀優花に限っては2019年のクイーンズ駅伝まで3年連続区間賞!

安定の内藤早紀子、中村優希、2022年のプリンセス駅伝アンカーで大逆転の激走を魅せてくれた信櫻空等々、連覇した頃のメンバーがみんな残っています。

実力、実績のあるメンバーが揃い、予選会でも劇的な優勝をひっさげて、本戦クイーンズ駅伝に戻ってきます。

このまま優勝争いに加わってくるのか!?・・・いや、1人気になる選手の復活が必要かと!

パナソニックの大砲堀優花の復活なしに、3強に対抗できないでしょう。

上位8位には食い込んでくるでしょうが、堀優花の復活があれば、優勝争いに加わる可能性があります。

2022年のクイーンズ駅伝、3強以外のチームでいうとパナソニックが注目のチームではないかと。

 

メンバーの充実度ということで第一生命グループも魅力的。

2022年のプリンセス駅伝は4位という結果でしたが、選手のポテンシャルはなかなか高いですよ。

当ブログは、2022年のプリンセス駅伝の優勝予想で、第一生命グループが優勝すると予想したんですが。

プリンセス駅伝2022の優勝を予想!勝手に注目選手もご紹介!

プリンセス駅伝優勝には至りませんでした 涙

しかし、原田紋里、出水田眞紀らの実績のある選手、ルーキーの鈴木優花、関谷夏希等、期待の若手がすくすくと育っているようです。

プリンセス駅伝エース区間の3区で区間賞を獲得したのは小海遥

高校駅伝でも活躍した小海遥第一生命の中心選手となるような進化を続けています。

第一生命グループも駒が揃っていますよ。

 

メンバーが充実している!!という点では、エディオンも目に付きます。

萩谷楓、西田美咲、江口美咲、細田あい、矢田みくに

移籍してきた選手も加え、充実した顔ぶれのエディオンですが、どおおおおもレースでは力を発揮しきれていない印象m(__)m

実力どおりのパフォーマンスができれば、上位に食い込んでくる力は十分にあると思いますが。

 

上位に食い込んできそうなチームを紹介させていただいてますが、その最後は豊田自動織機

2022年のプリンセス駅伝では12位でクイーンズ駅伝の出場権を獲得。

1区区間賞を獲得した川口桃佳やチームの顔薮下明音、計算できるヘレン・エカラレなどのメンバーに、あの注目の2人が加わったんですねぇ。

そう、田中希実後藤夢

近年の女子陸上選手で圧倒的な注目を浴びる田中希実

当ブログでも紹介していますけど、

【陸上】田中希実のプロフィールや経歴をチェック&最大のライバルは!?

当ブログの評価ですが、トラックでは抜群の強さを誇る田中希実も駅伝では今一つの実績。

駅伝での区間賞がないわけでもないんですが、他選手との比較において、駅伝ではぱっとしない傾向。

でも、決して、駅伝で遅いわけではないんです。

このような評価から、クイーンズ駅伝に田中希実後藤夢が出場たとして、3強に迫れるかというとそうでもないように思えます。

が!注目されることは間違いないでしょうし、何より、田中、後藤の出場により、チームの底上げも間違いないでしょう。

上位8位以上に食い込んでくる可能性は十分にあると思いますね。

 

以上、優勝争いは難しいかもしれませんが、上位に食い込んできそうな注目のチームということで、

  • パナソニック
  • 第一生命グループ
  • エディオン
  • 豊田自動織機

↑をピックアップしてみました。

メンバーの充実ぶりが共通事項になります。

 

他にも、安定のヤマダHD、プリンセス駅伝で逆転を許した九電工、日本代表を揃える天満屋などは、クイーンズ8に入る可能性があるのではないでしょうか。

 

クイーンズ駅伝2022の注目選手

さて、2022年もクイーンズ駅伝の注目選手の確認しておきましょう。

くれぐれも、当ブログ勝手な「推し」ですのでご了承ください。

しかも!毎年毎年同じメンバーになってしまいそうでごめんなさいm(__)m

 

廣中 璃梨佳(JP日本郵政グループ)

女子駅伝の全国大会=廣中璃梨佳の大会!とは言い過ぎだと分かっております(笑)

でも、でもですね!こんな駅伝の申し子って男女とおしていないと思いますよ。

しつこいかもしれませんが、

廣中璃梨佳のプロフィールや経歴は?日本女子期待のホープです!

2016年の全国女子駅伝で区間賞を獲得してから2022年の全国女子駅伝まで、出場した駅伝の全国大会で全て区間賞獲得してるんですよっ!

10大会連続区間賞です!前代未聞では??

もう一度言いますよ!男女通じてこんな選手います!?(調べていませんのでわかりません笑)。

2022年のクイーンズ駅伝で11大会連続区間賞に挑戦です。

逆に!負けたら歴史的。

廣中の連続区間賞をストップする選手は誰なのか!?

※大学女子のあのモンスターと走ったらどうなることやら・・・このわくわく感。

私見ですが、トラックを走る廣中璃梨佳にはそんなに興味はありません(笑)

駅伝を走る廣中璃梨佳にぞっこんでございます!

是非!1区を走ってもらいたい!

渡邊菜々美(パナソニック)、岡本春美(ヤマダHD)、木村友香(資生堂)、鍋島莉奈(積水化学)、そして田中希実(豊田自動織機)なんかとの激闘が観たいです!

 

新谷 仁美(積水化学)

新谷劇場!!すでにレジェンド!!

もう知らない人はいないでしょう。説明不要!

新谷仁美がいるだけでくぎ付け!

新谷仁美と同区間を走ることになった選手たちは誰もが諦めモード、そんなラスボス感。

2022年のクイーンズ駅伝、新谷仁美はどんなパフォーマンスを魅せてくれますか!

 

五島 莉乃(資生堂)

その↑新谷仁美を1秒差で区間2位にした昨年のクイーンズ駅伝5区区間賞が五島梨乃

2022年7月の世界陸上にも出場、10000mで決勝に進出しましたよ。

大学時代に鎬を削った佐藤成葉(元立命館大)と資生堂に入社し、その年のドラフト1位2位を獲ってしまった感のある資生堂

昨年はプリンセス駅伝を優勝し、クイーンズ駅伝で積水化学に迫る2位。

実力が開花し、本当に強くなってきた五島梨乃は、2022年のクイーンズ駅伝何区を走りますか。

一山麻緒も加わった資生堂が優勝できるかどうかも含めて、五島梨乃の走りに注目ですよ。

 

堀 優花(パナソニック)

切込み隊長(当ブログが勝手に命名m(__)m)渡邊菜々美

パナソニックの宗兄弟(当ブログが勝手に命名m(__)m)森田香織詩織姉妹。

実力者内藤早紀子、安定の中村優希、などなど魅力的なメンバーが揃うパナソニック

しかし、パナソニックのファンの方々に聞いてみたい。

パナソニックって、行きつくところ、堀優花じゃないんですか!?

昔の話、終わった話をぶり返すわけではありませんが、

2017年は、鍋島莉奈(当時JP日本郵政)、高島由香(資生堂)、上原美幸(当時第一生命グループ)、松田瑞希(ダイハツ)等各チームのエースを寄せ付けない圧倒的区間賞。

2018年は、区間新記録を叩き出し、区間賞!

2019年は、3連覇を逃したものの、福士加代子(ワコール)、鈴木亜由子(JP日本郵政)、前田穂南(天満屋)、高島由香(資生堂)、佐藤早也伽(積水化学)ら、日本女子長距離界のトップ選手らを抑える堂々たる3年連続区間賞!!

駅伝の、クイーンズ駅伝の10kmでは、誰も堀優花に勝てなかったんです。

その堀優花の復活なくして、パナソニックの復活はあり得ない!

復活してくれい!あの可愛らしいフォームで他を圧倒した走りをまた魅せてほしい。

・・・プリンセス駅伝では走りませんでしたので、クイーンズ駅伝も走らないかもしれませんけど。

 

以上、2022年のクイーンズ駅伝大注目選手を紹介しました。

  • 廣中 璃梨佳
  • 新谷 仁美
  • 五島 梨乃
  • 堀 優花

 

もちろん、他にもビッグネームの出場があるかと思いますよ。

  • 田中 希実(豊田自動織機)
  • 鈴木 亜由子(JP日本郵政)
  • 一山 麻緒(資生堂)
  • 前田 穂南(天満屋)
  • 松田 瑞希(ダイハツ)
  • 安藤 友香(ワコール)
  • 萩谷 楓(エディオン)
  • 卜部 蘭(積水化学)
  • 木村友香(資生堂)
  • 鍋島 莉奈(積水化学)
  • 小原 怜(天満屋)

↑等々、日本の女子長距離界の第一人者たち。

 

近年調子の良さそうなランナーということでは、

  • 佐藤 早也伽(積水化学)
  • 渡邊 菜々美(パナソニック)
  • 高島 由香(資生堂)
  • 岡本 春美(ヤマダHD)
  • 筒井 美帆(ヤマダHD)
  • 逸木 和香菜(九電工)
  • 吉川 侑美(ユニクロ)

↑らは、実績抜群の実力者たちです。

 

当ブログが勝手に推している選手ということで、

  • 山ノ内 みなみ(しまむら)
  • 和田 有菜(JP日本郵政)
  • 上田 雪菜(ダイハツ)
  • 小海 遥(第一生命グループ)
  • 鈴木 優花(第一生命グループ)
  • 水口 瞳(ユニクロ)

↑応援しています!

 

新たなスターも登場するかもしれません。

選手たちのパフォーマンスに注目ですね。

 

まとめ

以上、2022年のクイーンズ駅伝の優勝を予想してみました。

日本女子駅伝の実質の日本一を決めるクイーンズ駅伝、2022年の優勝は!?

また、日本女子長距離界のスターたちが勢揃いしての真剣勝負!

楽しみでしかありませんね。

出場する選手が体調不良等なく、実力が発揮されることを願います。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

6 件のコメント

  • クイーンズ駅伝最有力優勝候補は資生堂です、JPとは鈴木選手他が直前にフルマラソンを走っていますから駅伝に調子を合わすのは難しいかもです、積水も佐藤選手がフルマラソンを走っていますし鍋島選手もまだまだレースで走れていません森選手も昨年の勢いがないです、資生堂はクイーンズ駅伝優勝を目標に全選手がそこにピークを合わす用に取り組んでいます。

  • クイーンズ駅伝最有力優勝候補は資生堂です、JPとは鈴木選手他が直前にフルマラソンを走っていますから駅伝に調子を合わすのは難しいかもです、積水も佐藤選手がフルマラソンを走っていますし鍋島選手もまだまだレースで走れていません森選手も昨年の勢いがないです、資生堂はクイーンズ駅伝優勝を目標に全選手がそこにピークを合わす用に取り組んでいます。

    • tinmkuno sutiivun様!コメントをいただきましてありがとうございます。
      資生堂、あると思います。

  • 興味深く読ませて頂きました。
    優勝予想、上位入賞予想、活躍期待の選手等、すべて同感しました。
    各チームの監督からしても同じ様な予想されるのではないか、ならば展開での優越の差が監督の手腕となります。
    やはり1区に注目、 予想上位3チームの中から1区区間賞が出た場合からの逆転はあるのか? ロング区間の3区、5区に
    実力者が走るわけだから3チームの逆転もあっても僅差なはず。
    とは言え、2021年の1区鈴木亜由子選手の様に、本来は全ての選手の差も僅差、 勝つのは最高のパフォーマンスを当日にもってこれた選手に限るわけです。
    予想はあくまでも最近実績データを表したもの、得てして大番狂わせ有りだからこそ面白いです。

    僕は当日現地入りし、観戦楽しみます。
    エディオン、豊田自動織機、パナソニック、ヤマダ電機の上位入り予想してます。

    畑山茂三郎

    • 畑茂樹様?畑山茂三郎様?コメントをいただきましてありがとうございます。
      現地観戦!うらやましい限りです。個人的には仙台は「チーズ」がお勧めです!!
      当方は休日なのに強制出勤となってしまいまして、泣いているところでした(笑)
      生観戦を堪能してください!

  • 資生堂が優勝するかどうかは、、、
    一山の走り次第でしょうなー。
    マラソンでの強さが駅伝ではどうもだせない印象。
    頑張ってくださいませ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA