トルソワがシニアデビューで世界が驚愕!紀平梨花は勝てるか?

2019-2020シーズンが開幕したフィギュアスケート。

女子フィギュアスケートのロシアの新星アレクサンドラ・トルソワがついにシニアデビューしました。

その国際大会のデビュー戦となるネペラ記念で圧巻の演技を魅せ、世界が驚愕しました!

この強敵のに、我らが日本のエース紀平梨花は勝てるのか!?

今回は、トルソワの紹介と、紀平梨花との比較などしてみたいと思います。

トルソワがシニアデビューで圧巻の演技!

※「トゥルソワ」「トルソワ」表記があるようですがここでは「トルソワ」で表記します。

2017年、2018年の女子フィギュアスケート世界ジュニア選手権を連覇していたアレクサンドラ・トルソワがついにシニアデビューしました。

国際大会でのシニアデビューとなった2019年9月20・21日に開催されたネペラ記念(スロバキア)で圧巻の演技を魅せ、世界が驚愕しました。

世界の女子スケーターたちも、トルソワのシニアデビューに恐怖を感じたのではないでしょうか。

そのシニアデビューとなったネペラ記念で、トルソワは、

  1. フリーで4回転ジャンプ!それも3回!!
  2. フリーの世界最高点(163.78)
  3. 女子総合の世界最高点(238.6)

という凄まじい結果を出しました。

4回転ジャンプの内訳は、ルッツが1回、トウーループが2回!!

4回転ルッツとか、羽生結弦など何人かの男子選手が飛びますけど、男子でも難しいジャンプですよ。

それをシニアデビューの国際大会でやってのけたトルソワ!

まぁ、トルソワをはじめロシア、アメリカの女子選手の何人かが4回転ルッツを飛べるという話はありましたけど。

それにしても偉業であることは間違いありませんよ。

しかも!同じ演技の中でトウループも2回飛んでいるわけですからね。

 

この圧巻のジャンプによって、フリーの得点が、これまでの世界最高得点であった妖精ザギトワの158.5を上回る163.78!

ショート&フリーの合計点もザギトワの238.43を上回る238.69!!

ショートの世界最高得点は83.97で紀平梨花が保持していますが、

フリーと総合の2つはトルソワが世界最高得点保持者ということになりました。

・・・トルソワの凄まじいシニアデビューをお伝えできましたでしょうか。

正に圧巻のシニアデビューで、紀平梨花、ザギトワなど世界の女子スケーターたちは頭を悩ますことになったでしょう。

 

までも、昨シーズンにシニアデビューした紀平梨花も、フィギュア大国ロシアをビビらせるほどのデビューでしたし、

今後も、ジュニアで実績を残した選手たちがぞくぞくとシニアデビューしてくるでしょう。

トルソワの経歴など

正に歴史に残るようなシニアデビューを果たしたトルソワですけど、その経歴などを確認しておきましょう。

トルソワってどんな選手なのか?

アレクサンドラ・トルソワ

  • 出身:リャザン(ロシア)
  • 生年:2004年
  • 身長:155cm

【主な経歴】

2017年ジュニアグランプリ:優勝(このとき紀平4位

2018年世界ジュニア選手権:優勝(このとき紀平8位

2018年ジュニアグランプリ:準優勝

2018年世界ジュニア選手権:優勝(連覇・史上2人目

 

シニアデビューしたばかりの、現在15歳の選手です。

紀平梨花と2歳違いですから、ジュニアのときには対戦しているんですね。

トルソワのコーチはザギトワのコーチでもあります。

このジュニアの頃から既に4回転ジャンプを飛んでいたようですし、やっぱり強そうですね。

全くの私見ですけど、トルソワはまだ幼いように思えます。

今後、体の成長があるかもしれませんし、体の成長がスケーティングに影響が出る可能性もあるのかなと。

いずれにせよ、今シーズンのトルソワには注目しなければならないですね。

紀平梨花は勝てるのか?

こんな強敵トルソワに我らが日本のエース(と言って良いですか?)紀平梨花は勝てるのでしょうか?

ザギトワに勝つのも簡単ではなかったわけですからね。

ぶっちゃけ、勝てるかどうかわかりませんm(__)m

でも、紀平梨花の今シーズンの開幕は、トルソワが世界をびっくりさせたネペラ記念の1週間前になりますけど、

カナダ、オータムクラシックでメドベージェワを退け優勝していますからね!

紀平梨花とトルソワの比較などしながら、考えてみたいんですけど、

実は、昨シーズンにシニアデビューした紀平梨花のシニア初戦がネペラ記念で優勝しています!

紀平とトルソワは、シニアデビューがネペラ記念、そしてシニアデビュー戦で優勝、という同じデビューということになります。

因縁を感じずにいられません(笑)

グランプリシリーズのNHK杯、フランス国際を連勝、

そして、グランプリファイナルに進出し、優勝!

シニアデビューしたシーズンにグランプリファイナルで優勝するのは、浅田真央以来13年振りの快挙だったわけです。

世界選手権での優勝は成りませんでしたが、

グランプリファイナル優勝に至るまで、シニアデビューシーズンに国際大会7連勝という離れ業をやってのけたのが紀平梨花です。

シニアデビューのシーズンの大活躍で一躍日本のエースになった感のある紀平梨花、

繰り返しましが、今シーズン初戦で優勝しています、好調です。

 

今シーズン、グランプリシリーズでトルソワと対戦することになると思います。

4回転ジャンプで世界を驚かせたトルソワですが、

ご存知のように、紀平梨花も練習では4回転ジャンプ(トウループ、サルコウ)を成功させているとのこと。

いずれ、紀平梨花も4回転ジャンプを国際大会で披露することと思われます。

紀平も負けていませんよ!

最後に、紀平梨花とトルソワの自己最高得点の比較をしておきます。

トルソワはまだシニア1戦ですが、世界最高得点を出してしまいましたからね。

トルソワ

  • S:  74.91(世界11位)
  • F:166.62(世界最高)
  • T:241.02(世界最高)

紀平梨花

  • S:  83.97(世界2位)
  • F:154.72(世界5位)
  • T:233.12(世界5位)

2019-2020シーズンのフィギュアスケート女子シングルは、トルソワと紀平梨花を中心に展開されていくと予想されます。

もちろん、ザギトワ、メドベージェワなどの強い選手もいます。

紀平梨花の奮闘に期待したいです!

まとめ

以上、今回は女子フィギュアスケート界に現れた、アレクサンドラ・トルソワについて紹介しました。

昨シーズン、世界の女子スケート界を驚かせた紀平梨花もトルソワと対戦することになります。

シニアデビューのシーンがとても似ている選手同士ですから、注目したいです。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

コストルナヤが超美人で超かわいい!実力もあって医者にもなるの?

紀平梨花の高校は通信制の「N高等学校」!どんな学校なの?

紀平梨花のスポンサーはどこ?年収はどれくらいあるんだろう?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA