ラグビーワールドカップ2019の出場国をチェックしておきます!

さあ、間もなくラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕します。

世界最高のラグビーが日本のスタジアムで観られることに興奮を覚えます!(笑)

今後このブログでは、ラグビーワールドカップを様々な角度から紹介していこうと思っていますが、

今回はワールドカップの出場国をチェックしておきましょう。

ラグビーワールドカップの出場国をチェック

ラグビーワールドカップ本大会の出場国は20か国です。

出場国枠の20か国のうち、前回ワールドカップの成績による出場国と、各地区の予選を突破してきた出場国に分かれます。

出場国の全20か国をチェックしておきましょう。

出場国 予 選 出場回数
日 本 開催国 9
ニュージーランド 免 除 優 勝 9
オーストラリア 準優勝 9
南アフリカ 3 位 7
アルゼンチン 4 位 9
フランス ベスト8 9
ウェールズ 9
アイルランド 9
スコットランド 9
イングランド ベスト12 9
イタリア 9
ジョージア 5
ロシア ヨーロッパ地区1位 2
ナミビア アフリカ地区1位 6
アメリカ アメリカ地区1位 8
ウルグアイ アメリカ地区2位 4
フィジー オセアニア地区1位 8
トンガ オセアニア地区2位 8
サモア プレーオフ 8
カナダ プレーオフ 9

とこのような出場国となっています。

開催国である日本と、前回大会のベスト12以上の成績の国は予選免除で出場することができて、それ以外の国は予選を勝ち抜いての出場になります。

これらの20か国が、4年に1度のラグビーの世界チャンピオンを争うということになります。

ラグビーワールドカップ予選プール

ラグビーワールドカップ2019日本大会の試合の日程は決まっています。

出場国は5か国ごとに4つのグループに分けられ、予選プールを行うことになっています。

ここでは出場国を予選プールごとに確認しておきましょう

予選プールの1位、2位が決勝トーナメントに進出することになります。

プールA

出場国 前回大会 最高成績
アイルランド ベスト8 ベスト8
スコットランド ベスト8 ベスト4
日 本 3勝1敗 予選敗退
ロシア 出場なし 予選敗退
サモア 1勝3敗 ベスト8

日本はプールAに振り分けられ、アイルランド、スコットランド、ロシア、サモアと予選を戦うことになりました。

スコットランドとサモアとは前回大会でも対戦していて、

  • 日本10-45スコットランド
  • 日本26-5サモア

という結果でした。

アイルランド、スコットランドはほぼ毎大会ベスト8に進出している強豪国です。

この2か国を日本、サモアが追うという展開になると予想されます。

プールB

出場国 前回大会 最高成績
ニュージーランド 優 勝 優 勝
南アフリカ 3 位 優 勝
イタリア 2勝2敗 予選敗退
ナミビア 4 敗 予選敗退
カナダ 4 敗 ベスト8

ニュージーランド、南アフリカというラグビーワールドカップでの優勝経験のある国がプールBに入りました。

この2強をイタリア、ナミビア、カナダが追うという傾向にありますが、ニュージーランド、南アフリカを超えるのは難しいでしょう。

ニュージーランドと南アフリカが決勝トーナメントに進むと予想します。

プールC

出場国 前回大会 最高成績
イングランド 2勝2敗 優 勝
フランス ベスト8 準優勝
アルゼンチン 4 位 3 位
アメリカ 4 敗 予選敗退
トンガ 1勝3敗 予選敗退

プールCはちょっとたいへんなことになりました。

イングランド、フランスというラグビー伝統国に、近年強いアルゼンチンが入るという、激戦必至のプールになりました。

優勝経験のあるイングランドは、前回大会でまさかの予選プール敗退。

フランスも優勝経験はないものの、歴代1位となる準優勝3回の強豪国。

そこに近年のワールドカップで好成績を残しているアルゼンチンが入ってしまいました。

アルゼンチンの近年の成績は、

  • 2007年:3位
  • 2011年:ベスト8
  • 2015年:4位

という凄まじい実績を残しています。

2007年はフランス、アイルランド、スコットランド、

2011年はスコットランド、

2015年はまたもやスコットランドに勝利するという結果を残しています。

間違いなく強豪の仲間入りをしています。

イングランド、フランス、アルゼンチンの三つ巴の戦いになりますね。

3か国のうちどこが決勝トーナメントに進出するかわかりません。

プールD

出場国 前回大会 最高成績
オーストラリア 準優勝 優 勝
ウェールズ ベスト8 3 位
ジョージア 2勝2敗 予選敗退
フィジー 1勝3敗 ベスト8
ウルグアイ 4 敗 予選敗退

プールDはオーストラリアとウェールズの2強、

ジョージア、フィジー、ウルグアイがそれを追うという展開になりそうです。

2019年1月現在ではフィジーが強いようです。フィジーの動向に注目ですね。

 

以上、プールA~Dの振り分けはこのようになっています。

プールBとDはすんなり決まりそうですが、プールCは死のグループとなってしまいました。

どのような予選の展開になるか全くわかりません。

そして、日本が入ったプールAは、期待しないわけにはいきません。

なんとか2位に入り、初のベスト8入りしてもらいたいです。

それには、アイルランドかスコットランドのいずれかに勝たなくてはなりません!

・・・けど、それが難しいんですよね(笑)

ラグビー強豪国

ラグビーワールドカップ2019日本大会の全出場国と出場回数

また予選プールの組み合わせで、出場国を紹介しましたが、

現在の世界ランキングを確認しておきましょう。

ワールドカップが始まる直前の世界のラグビー界の力関係がわかると思います。

こちらはランキング順に紹介してみたいと思います。

【ラグビー世界ランキング2019年8月19日】

Rank 出場国 W杯主な実績
1 ウェールズ 3位1回,4位1回
2 ニュージーランド 優勝3回,準優勝2回
3 アイルランド 8強6回
4 南アフリカ 優勝2回,3位2回
5 イングランド 優勝1回,準優勝2回
6 オーストラリア 優勝2回,準優勝2回
7 フランス 準優勝3回,3位1回,4位2回
8 スコットランド 4位1回
9 日本
10 フィジー 8強2回
11 アルゼンチン 3位1回,4位1回
12 ジョージア
13 イタリア
14 アメリカ
15 トンガ
16 サモア 8強2回
19 ウルグアイ
20 ロシア
21 カナダ
23 ナミビア

と、2019年8月19日現在の世界ランキングはこのようになっています。

ワールドカップが始まる直前のこのランキングをみると、

なんと、ラグビーワールドカップで優勝経験のないウェールズが1位、

また、ベスト4に進出したことのないアイルランドが3位というランキングになりました。

優勝経験のあるイングランド、南アフリカ、オーストラリアよりもランキング上位です。

 

そして、我らが桜JAPANは9位にランキングされています!

世界のベスト8まであと一歩です!!

・・・ただ、このランキングは、一発勝負のワールドカップにはあまり関係がありませんね。

ただ、ランキングをみてみると、

ワールドカップで好成績を収めてきた強豪国の力関係がわかりますけど、最近調子の良い国がわかると思います。

ウェールズ、アイルランド、日本などが調子が良いということになります。

 

日本はランキング9位。

予選プールで対戦するのは

  • 世界ランク3位:アイルランド
  • 世界ランク8位:スコットランド
  • 世界ランク16位:サモア
  • 世界ランク20位:ロシア

の4か国です。

アイルランドかスコットランドを上回らないと決勝トーナメントには進出できません。

開催国ですからなんとか!!頑張ってほしいですよね(笑)

 

このブログでラグビーワールドカップについて紹介しています。

よかったらご参照いただき、大会を予習しておいてください。

ラグビーワールドカップ2019の日程と会場を確認しておきましょう!

ラグビーワールドカップの歴史と各国の成績を確認!

日本代表のワールドカップの全結果!【ラグビー】

わかりやすい!ルールや用語を覚えましょう【ラグビー】

ラグビーワールドカップ日本代表の注目選手はこの5人!

ラグビーワールドカップ2019世界のイケメンを予習しておきます!

まとめ

以上、今回はラグビーワールドカップ2019日本大会の出場国20か国を、いろいろな角度で紹介しました。

前回大会の成績が良くて予選を免除された11か国、

予選を勝ち抜いてきた8か国、本大会での予選プールの振り分け、

そして、大会前2019年1月現在のラグビー世界ランキング。

これらの視点からみたときに、本大会での対戦予想などができると思います。

本大会が待ち遠しいですよね。

 

今回の記事がスポーツを楽しむ皆さんのお役に立てればうれしく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA