ラグビー日本代表の外国人選手は帰化してるの?国籍を整理!

ラグビーのW杯が間もなく始まります、が!

どうも、日本代表の外国人選手の国籍が気になるという方もおられるかと(笑)

そこで、ここでは、ラグビー日本代表選手の帰化、国籍について整理しておきたいと思います。

なるほどそういうことになっているのか!

と、合点がいったところで、ラグビーW杯を楽しみましょう!

ラグビー日本代表の帰化選手

出典:https://xn--n8jybwfoa.com/

ラグビーワールドカップ2019の日本代表選手は31人です。

ラグビーワールドカップ2019の日本代表メンバー決定!願ベスト8!

↑こちらの記事でも少し書いているんですが、

日本で生まれた選手は15人、日本以外の国で生まれた選手が16人のようです。

日本以外の国で生まれた16選手のうち、帰化している選手は9人です。

  1. 中島 イシレリ
  2. ヴァル アサエリ愛
  3. トンプソン ルーク
  4. ヘル ウヴェ
  5. リーチ マイケル
  6. ツイ ヘンドリック
  7. ラファエレ ティモシー
  8. レメキ ロマノラヴァ
  9. 松島 幸太朗

日本代表不動のフルバック松島幸太朗も、思いっきり漢字の名前ですが、生まれたのは南アフリカです。

お父さんがジンバブエ人、お母さんが日本人というハーフなんですね。

5歳の時に日本国籍を取得したようです。

松島以外の↑上記の選手たちは、ほぼほぼ、学生時代や社会人になって日本でラグビーをプレーして、日本に帰化した選手たちですね。

 

ちなみに、日本以外の国で生まれて、日本代表に選出されている選手は7人です。

  1. 具智元(韓国)
  2. ヴィンピー・フェンデルヴァルト(南アフリカ)
  3. ジェームス・ムーア(オーストラリア)
  4. ピーター・ラブスカフニ(南アフリカ)
  5. アマナキ・レレイ・マフィ(トンガ)
  6. ウィリアム・トゥポア(ニュージーランド)
  7. アタアタ・モエアキオラ(トンガ)

↑この7人は日本国籍ではありませんが、ラグビー日本代表選手です。

 

ラグビーには、この「外国人」選手が代表選手になることの疑問?があるようですが、

ラグビーの場合は(特にラグビーワールドカップの規則では)、

  1. 出生地が当該国
  2. 両親及び祖父母のうち一人が当該国出身
  3. 当該国で3年以上継続して居住している

という条件が設定されていて、

この3つの条件のうち一つでも満たしておけば、その国の代表に選出される可能性があるわけです。

野球やサッカーなどの日本代表は「国籍」が条件になりますけど、

ラグビーの場合は所属する「協会」が条件になっているんですね。

つまり、日本に限らず、外国籍のままでも、1つの国で3年以上居住(ラグビーをする)すれば、代表選手に選出される条件を満たすことになります。

トンプソンルークやリーチマイケルのように帰化して日本代表になる選手もいれば、

具やヴィンピーやマフィのように、それぞれの国籍のまま、日本代表に選ばれる選手もいるということになります。

ちなみに、この規則は、今後変更される予定だそうです。

ラグビー日本代表の国籍一覧

ラグビー日本代表選手になぜ外国人が多いの?

それは上記のようなラグビー独自のルールがあるからなんですけど、

ここで、ラグビー日本代表メンバーの国籍を確認しておきましょう!

メンバーの出生地、国籍、帰化した選手なのかどうかを整理するとわかりやすいと思います。

ラグビー日本代表の国籍などは次のとおりです。

日本国籍

1.稲垣 啓太
2.木津 悠輔
3.堀江 翔太
4.坂手 淳史
5.北出 卓也
6.姫野 和樹
7.徳永 祥尭
8.田中 史朗
9.茂野 海人
10.流 大
11.田村 優
12.松田 力也
13.中村 亮土
14.福岡 堅樹
15.山中 亮平
16.(NZ)トンプソン ルーク
17.(NZ)リーチ マイケル
18.(NZ)ツイ ヘンドリック
19.(NZ)ラファエレ ティモシー
20.(NZ)レメキ ロマノラヴァ
21.(トンガ)中島 イシレリ
22.(トンガ)ヴァル アサエリ愛
23.(トンガ)ヘル ウヴェ
24.(南ア?)松島 幸太朗

※NZ=ニュージーランド

外国籍

1.(韓国)具智元
2.(南ア)ピーター・ラブスカフニ
3.(南ア)ヴィンピー・ファンデルヴァルト
4.(トンガ)アマナキ・レレイ・マフィ
5.(トンガ)アタアタ・モエアキオラ
6.(AUS)ジェームス・ムーア
7.(NZ)ウィリアム・トゥポア

※AUS=オーストラリア、NZ=ニュージーランド

と、ラグビー日本代表の国籍は上記のようになり、

  • 日本国籍が24人(うち帰化選手が9人
  • 外国籍の選手が7人

計31人という内訳になります。

ちなみに、出生地の国籍でみてみますと、

  • 日 本:15人
  • N Z:5人
  • トンガ:5人
  • 南   ア:3人
  • サモア:1人
  • AUS:1人
  • 韓   国:1人

という内訳になっています。

 

ちなみに、過去のラグビーワールドカップで、日本代表のメンバーとして出場した外国人選手もたくさんいます。

ラグビー日本代表のレジェンドたちを振り返っておきましょう!

そんな外国籍で日本代表としてワールドカップに出場した選手と言えば、現ラグビー日本代表HCであるジェイミー・ジョセフが真っ先に思い出されるでしょう。

ジョセフHCは、オールブラックスの一員として1995年のW杯に出場し、準優勝。

その後日本でプレーし、日本代表に選出され、1999年のW杯に、日本代表の一員として出場しました。

あ!ニュージーランド国籍です。

 

1987年に開催された第1回ラグビーワールドカップに出場した日本代表、

そのメンバーには、タウモエフォラウとラトゥという2人のトンガ人が入っていました。

タウモエフォラウが日本代表初の外国人選手(←だと思います)、

ラトゥは日本代表として3度のワールドカップに出場してくれました。

 

アンドリュー・マコーミックはニュージーランド人ですが、

1999年のラグビーワールドカップに、日本代表のキャプテンとして出場しました。

マコーミックは、ラグビー日本代表の初めての外国人キャプテンです。

 

このように、ラグビー日本代表には、昔から、外国人選手が選ばれ、ワールドカップに出場してくれていたんですね。

個人的には、帰化しようが、自分の国籍のままだろうが、日本代表でのプレーを選んでくれて、嬉しいです。

各国代表選手の帰化・国籍について

日本以外の国ではどうなのか、はい、日本以外の国も同じ傾向にあるんですねぇ。

2019年のワールドカップ出場国の外国人選手についてのデータ?を見つけられないので、

前回の2015年の、

http://www.americasrugbynews.com/

↑こちらのサイトを参考にさせてもらうと、

前回大会に出場した20か国のうち、外国人選手のいない国はアルゼンチンの1か国だけ。

他の国の、外国人の人数をピックアップして、まとめてみますと、

  • 13人:サモア
  • 12人:ウェールズ
  • 12人:トンガ
  • 12人:スコットランド
  • 11人:日本
  • 10人:フランス
  •   9人:オーストラリア
  •   7人:アイルランド
  •   6人:ニュージーランド
  •   3人:イングランド

と、こんな感じで、ニュージーランドやオーストラリア、フランス、イングランドという、

ラグビー界の超強豪国でも、外国人選手がいるんですね。

日本だけじゃないんです(笑)

人数の大小はあるかもしれませんが、どこでもやってるんです(笑)

いや、そうじゃないんです!

ラグビーは、そういうスポーツなんですよ、「国籍」ではなく「協会」括りなんです。

サッカーや野球、バレーボール、バスケ、とは違い、これがラグビーの特徴なんですね。

このことを踏まえて、ラグビーワールドカップを楽しみたいですよね。

もちろん、頑張れニッポンです!

まとめ

以上、今回は、ラグビー日本代表の帰化選手や国籍について紹介しました。

ラグビー日本代表は24人の日本国籍と7人の外国籍の選手が選出されています。

個人的には、外国人選手も、帰化して日本国籍を取得した外国人選手も、日本代表を選んでくれてうれしく思います。

前回大会のように、地元開催の日本で、私たちにシビれる試合を魅せてほしいです。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役にお役に立てればうれしく思います。

よかったら、ラグビーワールドカップ関連の以下の記事もご参照ください。

ラグビーワールドカップ2019大会を予想させていただきます!

ラグビーワールドカップ2019世界のイケメンを予習しておきます!

ラグビーのハカ(ウォークライ)もチェック!大迫力から感動まで!

ラグビーの得点方法は4種類!わかりやすいラグビーのルール

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA