全国高校駅伝2020の1区区間賞を予想!花の1区を制するのは!?

「花の1区」という言葉は、駅伝競走の1区を表す言葉だと思いますが、

特に!全国高校駅伝の1区のことを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

高校生の長距離ランナーにとっては、高校長距離競争の大舞台である都大路を走る全国大会、

その晴れ舞台での1区は、各校のエース級の選手が担当する傾向にあることで、「栄誉」的なイメージの区間ではないかと思います。

ここでは、2020年の全国高校駅伝の1区区間賞を予想します。

男子、女子、2020年の花の1区を制するのはどの選手でしょう、注目ですよね。

※敬称は省略させていただきます。

2019の全国高校駅伝の1区は凄かった!

2020年の全国高校駅伝の1区区間賞の予想にも少し関係しますので、昨年の1区をおさらいしておきましょう。

昨年の全国高校駅伝をご覧になった方は覚えておられると思いますけど、

男子も女子も凄まじい1区でしたよね!歴史に残るような1区でした。

女子、男子の順で振り返っておきます。

ちなみに、当ブログでは、2019年も1区の区間賞を予想しておりましたが、一応、男子も女子も予想的中でした(笑)

全国高校駅伝2019の1区で区間賞を獲るのは?だれ推しです?

 

2019年全国高校駅伝女子の1区区間賞

2019年の女子の1区区間賞は、小海遥(仙台育英2)でした。

タイム順で振り返ってみますと、

  1. 19.29:小海遥(仙台育英2)
  2. 19.30:小倉稜央(和歌山北3)
  3. 19.39:星野輝麗(常盤2)
  4. 19.43:高松いずみ(長野東3)
  5. 19.43:池田朱里(筑紫女学園2)
  6. 19.49:土井葉月(須磨学園2)
  7. 19.52:弟子丸小春(諫早3)
  8. 19.54:山﨑りさ(成田2)
  9. 19.59:三原梓(立命館宇治2)

↑1区6kmで20分を切った選手がこれらの9人でした。

区間賞を獲得した小海と最後まで並走した小倉稜央のマッチレースはシビれましたねぇ。

1区終盤で小倉が前に出て、小海を振り切ったか!と思われましたが、最後の最後で小海が再逆転!!

過去31回の女子の駅伝で、和歌山県初の1区区間賞獲得まで、あと1秒!という激走を魅せてくれた小倉でした。

 

昨年の1区6kmで20分を切った上位9人を紹介していますが、

ご覧のとおり、そのうちの6人は2年生、2020年の3年生です。

2年連続区間賞を狙う小海遥(仙台育英)をはじめ、

星野輝麗(常盤)、土井葉月(興譲館)、山﨑りさ(成田)などは、2020年の1区を担当する予想されます。

当然、区間賞候補となるでしょう。

 

2019年全国高校駅伝男子の区間賞

2019年の男子の1区区間賞は、佐藤一世(八千代松陰3)でした。

・・・歴史的な1区でしたよねぇ、私も含めて観た方々は幸せだったかもしれません。

こちらもタイム順で振り返ってみますが、

男子1区の日本人選手の歴代記録(外国人留学生の記録は別格なので除外させていただきます)は、

2003年の上野裕一郎(当時佐久長聖)の28.54が歴代1位、

2009年の大迫傑(当時佐久長聖)の29.06が歴代2位だったわけですが、

  1. 28.48:佐藤一世(八千代松陰3)歴1
  2. 28.50:松山和希(学法石川3)歴2
  3. 28.52:鶴川正也(九州学院2)歴3
  4. 28.55:小野隆一朗(北海道栄3)歴5
  5. 28.56:石原翔太郎(倉敷3)歴6
  6. 28.58:喜早駿介(仙台育英3)歴7
  7. 28.59:鈴木芽吹(佐久長聖3)歴8
  8. 29.06:石田洸介(東農大二2)歴9

↑と!なんとなんと区間賞の佐藤、2位の松山和希、3位の鶴川正也までが、レジェンド上野裕一郎の記録を上回ったんですね!

しかも、7位の鈴木芽吹までは、29分切りで、こちらもレジェンド大迫傑の記録を上回りました!

つまり、2019年の男子花の1区は、歴史的な高速区間となったわけです。

その立役者は、積極的なレースで序盤から先頭でとばしまくった佐藤一世

佐藤のペースに引っ張られて、多くの選手が、歴史的なタイムを達成するということになったんですよね。

 

2019年の女子の1区の記録、順位と比較してみるとわかりやすいと思うんですが、

2019年の男子1区は、ベスト8に入った2年生は2人です。

すでに注目度の高かった鶴川正也(九州学院)と石田洸介(東農大二)です。

この2人も2020年の男子1区の区間賞候補であると予想できますね。

 

以上、2020年の全国高校駅伝、1区の区間賞を予想させていただく前に、

昨年の1区の区間賞を振り返ってみました。

女子も男子もみごたえ十分の2019年でしたので、今年の1区も楽しみですし、

昨年、好走を魅せた2年生、今年の3年生には注目が集まることでしょう。

2020年全国高校駅伝1区区間賞候補と予想

このブログの予想記事ですので、相変わらずの個人勝手な予想、希望?でありますのでお許しくださいm(__)m

男女ともに、都道府県予選での実績を基本とさせていただきます。

2020年の都道府県予選は、ロードで開催された予選と、トラックで行われた予選に分かれましたので、

あくまでも参考的な比較でしかありません。

そのうえで、区間賞候補と区間賞の予想をしてみます。

本来は、出場校47校の予選会1区の全ての実績を紹介したいところですが、膨大な量になってしまいますので、

私選ではありますが、候補をピックアップし、その中から区間賞を予想させていただきます。

 

女子の区間賞候補と予想

予選のタイム順に、また、ロードとトラックに分けて紹介します。

ロードでの予選

  1. 19.06:山中菜摘(仙台育英2)
  2. 19.24:磯部早良(安城学園2)
  3. 19.25:久保心優(神村学園2)
  4. 19.27:土井葉月(須磨学園3)
  5. 19.35:村松結(立命館宇治2)
  6. 19.39:伊藤瑠音(青森山田2)
  7. 19.48:上田琴葉(八幡浜2)
  8. 19.49:山﨑りさ(成田3)

トラックでの予選

  1. 18.56:酒井美玖(北九州市立3)
  2. 19.36:山際夏芽(世羅3)
  3. 19.38:原田紗希(小林2)
  4. 19.47:森陽向(興譲館2)
  5. 19.48:星野輝麗(常盤3)

以上、ロード予選の8人、トラック予選5人の計13人を、とりあえず!1区区間賞の候補とさせてピックアップさせていただきます。

 

ロード予選1区の持ちタイム1位は、山中菜摘(仙台育英2)、19.06という驚異のタイム!

・・・間違いじゃないですよねぇ(笑) 凄まじいタイムだと思いますが。

2019年に1年生だった山中は、いわゆる「スーパー1年生世代」、このブログでは「米澤奈々香世代」と呼ばせていただいていますが、

その中でも、鮮烈な高校1年生デビューを飾った注目の選手。

宮城県予選会でも1区を走りこのタイムですから、区間賞候補の筆頭と言わざるを得ませんね。

 

トラックでの予選だった福岡県では、酒井美玖(北九州市立3)が、18.56というびっくりのタイム!

酒井は、福岡県予選では1年生の頃から北九州市立の1区を任されてきて、

1年生時には同タイムの2位、

2年生時には福岡県内のライバル?同学年の池田朱里(筑紫女学園/2019全国高校駅伝1区5位)に大差をつけ区間賞、

そして、2020年、ついに福岡県を制し、初の都大路に登場することになりました。

初の都大路花の1区で、酒井の走りに注目ではないでしょうか。

 

全国高校駅伝女子の1区は、ほぼほぼこの13人の誰かが区間賞を獲ると思いますが、

本命は、やはり山中菜摘(仙台育英2)、

対抗は、酒井美玖(北九州市立3)、2019年1区3位の星野輝麗(常盤3)、

ひょっとすると!ってことで、久保心優(神村学園2)、村松結(立命館宇治2)、土井葉月(須磨学園3)、森陽向(興譲館2)あたりも。

2年生に強い世代が揃っていますので、星野、土井などの3年生は意地をみせてもらいたいところ。

個人的には、山中or酒井or星野が花の1区を制するのではないかと予想しています。

 

ちなみに!!

2020年の全国高校駅伝で1区を走るかどうかわかりませんが、気になる3年生が2人います。

2019年の1区区間賞の小海遥(仙台育英3)と、9位だった三原梓(立命館宇治3)です。

ともに、名門校の最上級生で、それぞれのチームの大黒柱のはずなんですが、小海も三原も、県予選会に出場していません。

体調が万全ではないのか、温存なのかはわかりませんが、

この2人は、本戦では1区に登場してくる可能性があります。

1区2年連続の区間賞の権利をもつ小海、

インターハイの代替大会の全国高校陸上女子1500m&3000mのチャンピオンである三原、

この2人が1区に出場となれば、仙台育英は山中が、立命館宇治は村松結が、1区に出場しないということになりますが、

この記事での予想は、そのまま、1区の区間賞候補は、小海遥ということになります。

 

男子の区間賞候補と予想

男子も同じように予選のタイム順に、また、ロードとトラックに分けて紹介します。

ロードでの予選

  1. 29.07:吉居駿恭(仙台育英2)
  2. 29.10:山口智規(学法石川2)
  3. 29.15:徳丸寛太(鹿児島実3)
  4. 29.18:梅崎蓮(宇和島東3)
  5. 29.34:山下結(智辯カレッジ2)
  6. 29.38:伊藤大志(佐久長聖3)

トラックでの予選

  1. 28.37:石田洸介(東農大二3)
  2. 29.25:富永昌輝(小林3)
  3. 30.01:太田蒼生(大牟田3)
  4. ※鶴川正也(九州学院3)

以上、男子は、思い切って10人に絞らせていただきました!

特に!ロードでの予選の上位4人吉居、山口、徳丸、梅崎は凄いタイムですよ!

都大路1区のアップダウンに適応できれば、区間賞を獲る可能性があると思います。

 

しかし!トラックでの予選となったチームに、2人の大注目選手がいます。

石田洸介(東農大二3)と鶴川正也(九州学院3)です。

2019年の全国高校駅伝の1区を走った2人、石田は8位、鶴川は3位でした。

2020年9月に高校生男子5000mの高校生歴代1位のタイムを叩き出した石田、

トラックの予選でしたけど、10000mでも28.37というタイムは高校歴代7位の記録。

ついに!石田洸介が爆発するのか!!したのか!!

それを確認できるのが2020年の全国高校駅伝の1区ではないかと、勝手に思っています(笑)

 

2019年の佐藤一世の1区の走りには、ファンも選手たちも衝撃を受け、感動したのではないかと思います。

勝手に予想させていただきますけど、

石田洸介が、佐藤一世のように、そのポテンシャルに任せて、ぶっ飛ばすレースをしたときには、

石田洸介が区間賞を獲得すると予想します、それも凄いタイムで。

 

しかし、順位を意識してスローペースになった場合には、ほかの選手にもチャンスが出てくるでしょう。

多くの選手が石田をマークするでしょうから。

そうなると、

駅伝の実績抜群の鶴川正也(九州学院3)、名門の最上級生伊藤大志(佐久長聖3)あたりは、有力な候補になると考えます。

また、不気味なのが、2年生の吉居駿恭(仙台育英2)と山口智規(学法石川2)あたりは、予選タイムが示すとおり、力のあるランナー。

 

ということで、当ブログは、石田洸介がぶっ飛ばすレースをすると予想して、

本命は、石田洸介(東農大二3)、

対抗に、鶴川正也(九州学院3)、伊藤大志(佐久長聖3)、

ひょっとしたら、3年生をねじ伏せるかもしれない吉居駿恭(仙台育英2)、山口智規(学法石川2)という構図で、

区間賞争いをすると予想します。

あ!もちろん、スローペースになっても、石田が区間賞を獲得する可能性はあると思いますけど(笑)

まとめ

以上、ここでは、2020年の全国高校駅伝1区の区間賞の予想をしてみました。

紹介しましたように、2019年の1区は、男子も女子も、みごたえのあるレースでした。

2020年の1区はどうなりますか!楽しみですよね。

都大路、花の1区、を駆け抜ける高校生ランナーを応援させていただきましょう!

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

全国高校駅伝2020の優勝を予想します!女子は3強対決か!?

全国高校駅伝2020の優勝を予想!男子は混戦になりそう!?

全国高校駅伝2020の注目選手をピックアップ!激走する選手は誰だ?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA