全国高校駅伝2021の注目選手!女子はスーパー世代がラストイヤー!

2021年の全国高校駅伝の開催が近づいてきました!

今年も、高校生長距離ランナーたちが師走の都大路で最高のパフォーマンスを魅せてくれるでしょう!

このブログ毎年のことですが、2021年の全国高校駅伝の男女の注目選手を紹介させていただきます。

特に、女子はあのスーパー世代がラストイヤーとなります!

女子の1区は必見ですよ!!たぶん。

なお、選手のピックアップは全くの私選ですのでご容赦くださいm(__)m

※敬称は省略させていただきます。

※この記事中の「記録」「タイム」等は、2021年10月31日現在のものです。

全国高校駅伝2021注目選手(男子)

男子の注目選手から。

2021年の全国高校駅伝男子は、モンスター候補がいますよ!

 

佐藤 圭汰(洛南3年)

2021年の全国高校駅伝、最大の注目選手はこの佐藤圭汰で満場一致のはず!

2021年10月末の時点で、男子1500m&5000m高校歴代1位!

高校男子長距離界のレジェンド、佐藤清治(佐久長聖)、佐藤秀和(仙台育英)、佐藤悠基(佐久長聖)、石田洸介(東農大二)らの記録を超えております!

昨年の石田洸介が5000m高校歴代1位を塗り替えたときにも衝撃的でしたが、

佐藤圭汰は1500m&5000mの2種目で歴代1位ですよ!衝撃度が倍!?

また、佐藤圭汰は、全国高校駅伝でも既に実績を残しています。

1年生のとき(2019年)は、2区を走り区間賞、

2年生のとき(2020年)は、留学生とともに3区を走り区間5位(日本人選手1位)。

持ちタイム、駅伝(ロード)実績から、2021年の高校駅伝界のスーパースターであり、

またもや!高校駅伝界に、清治、秀和、悠基らに続く「佐藤」というモンスターが加わりそうな勢いです!

恐るべし「佐藤」。

洛南での最終学年、佐藤圭汰は1区を走るのか、はたまた勝負どころの3区、4区あたりを任されるのか、こちらも注目かと。

183cmの大型ランナー、卒業後の進路は!?などなど、注目は今後も続くでしょう。

そして、名門洛南を悲願の優勝に導けるのかどうか、大注目の選手です。

 

吉岡 大翔(佐久長聖2年)

2021年の全国高校駅伝男子の大注目の佐藤圭汰が「規格外」「モンスター」と評されていますが、

その佐藤に迫るのが、この名門佐久長聖のエース吉岡大翔です、2年生!

高校2年までの佐藤圭汰吉岡大翔の実績を比較したときには、若干、吉岡大翔のほうが凄いかも。

2020年の全国男子駅伝、長野県の一員として6区(中学生区間)を走った吉岡大翔は、区間新記録を叩き出し区間賞!(現在も区間記録)。

また、昨年の全国高校駅伝では、1年生ながら4区を任され区間賞!

2021年の佐久長聖の2年生エースは、全国男子駅伝では何区を任されるでしょうか。

ただ・・・、2021年の全国高校駅伝の出場を決めた長野県予選には、出場していません・・・。

万全の状態で都大路に出場してほしいものです。

 

吉居 駿恭(仙台育英3年)

吉居ブラザーズの弟が、高校生最終学年を迎えました。

吉居駿恭は、仙台育英の大黒柱です。

2019年の全国男子駅伝では、1年生ながらアンカーを務め、先行する倉敷を逆転し、優勝のテープを切りました。

昨年は、1区を担当し、区間7位、連覇は逃したものの準優勝に貢献。

2021年の宮城県予選でも1区を担当し、区間賞!

強豪仙台育英のエース吉居駿恭の走りにも注目ですね。

 

山口 智規&藤宮 歩(学法石川3年)

学法石川の2枚看板にも注目してもらいたいです。

山口智規と藤宮歩は、1年生の頃から、学法石川の期待の選手で、2人とも全国高校駅伝で好走しました。

しかし、2年生の昨年の全国高校駅伝は、藤宮は怪我のため出場できず、また山口も実力を発揮できず、19位。

2021年の福島県予選、1区に山口、アンカーに藤宮というオーダーで、全国出場を果たしました。

悲願の優勝を目指す学法石川のWエース山口&藤宮、最終学年で実力を発揮することができるでしょうか。

注目のコンビだと思います。

 

以上、2021年の全国高校駅伝男子の注目選手5人を紹介しました。

  • 佐藤 圭汰(洛南3)←特特注
  • 吉岡 大翔(佐久長聖2)←特注
  • 吉居 駿恭(仙台育英3)
  • 山口 智規(学法石川3)
  • 藤宮 歩(学法石川3)

↑は、注目の選手かと。

他にも、気になる選手ということでは、

  • 村尾 雄己(佐久長聖3)昨2区区間賞
  • 山田 修人(倉敷3)昨7区区間賞
  • 間瀬田 純平(鳥栖工3)
  • 菅野 裕二郎(学法石川3)
  • 綾 一輝(八千代松陰2)

↑あたりも、注目の選手たちでしょう。

全国高校駅伝2021注目選手(女子)

続きまして女子の注目選手です。

毎年のことで申し訳ないんですが、個人的には、近年の高校駅伝は、女子選手に注目したい&紹介したい選手がたくさんいます。

そして、2021年の全国高校駅伝女子は、あの世代が最終学年を迎えます。

 

米澤 奈々香(仙台育英3年)

2年前、高校女子駅伝界では「スーパー1年生」というワードが沸騰?していました。

注目選手として紹介させていただきますが、

  • 森 陽向(興譲館)
  • 石松 愛朱加(須磨学園)
  • 村松 結(立命館宇治)
  • 山中 菜摘(仙台育英)
  • 阪井 空(豊川)
  • 上田 琴葉(八幡浜)

↑あたりの選手たち、また、南日向(順天)なども含めて、中学時代に活躍した選手たちが高校1年生になって注目を集めたわけなんです。

その中心が、この米澤奈々香であり、当ブログではこの世代を、松阪世代のように「米澤奈々香世代」と勝手に命名させていただいた次第ですm(__)m

2018年、全中女子1500mチャンピオン、

2019年、全国高校駅伝2区区間6位(日本人2位)で、優勝に貢献、

2020年、陸上日本選手権1500mで2位!また、全国高校駅伝ではアンカーを任され区間3位。

そして、2021年、高校女子1500m&3000m日本人1位の記録を叩き出し、高校生最後の駅伝に臨みます。

・・・宮城県予選、1区で区間賞を獲得したんですが、

な、なんと6kmを18分37秒!!

コースはもちろん違いますけど、全国高校駅伝女子の1区の区間記録って、あの新谷仁美の18分52秒なんですよ。

米澤の体調次第になるかもしれませんが、都大路の1区で19分切りが期待できるかもです。

選手層の厚い仙台育英ですので、1年、2年のときに留学生と一緒に走る区間を任され、確実な走りでチームを支えてきたのがこの米澤ではないかと。

スーパー世代の第一人者が、高校最後の駅伝で、高校時代初の区間賞を!

また、1区を走るのであれば、その記録を!

新谷仁美、田中希実、廣中璃梨佳に続くモンスター(毎年毎年すみません)選手に進化できるかどうか!?

米澤奈々香の高校最後の駅伝レース、絶対に見逃せませんよ!

・・・高校卒業後の進路が気になり過ぎます・・・。

 

村松 結(立命館宇治3年)

村松きょうだいの妹さん松村結も高校ラストイヤーとなりました。

お姉さんの灯は、立命館大に進学し、今年の全日本大学女子駅伝でデビューしています。

昨年は、体調の問題か、全国高校駅伝には出場しませんでしたが、

1年生のときには、前述の米澤奈々香と同じ区間を走り、日本人1位だったのは、この村松結

スーパー1年生と呼ばれた世代も高校3年間を過ごし、それぞれ成長していると思われますが、

その中で、米澤に迫れる可能性があるのは、ロードの爆発力のあるこの村松結かもしれません。

注目の選手ですよ。

 

杉森 心音(仙台育英2年)

2021年に高校3年生になる米澤世代が伸び悩む(すみませんm(__)m)中、2年生たちがけっこう凄いんです、伸びています!

その伸びている2年生の中で注目なのが、やはり仙台育英の杉森心音

3000mの自己ベストは高校歴代9位。

昨年もこのブログで紹介したのですが、

全国高校駅伝2020注目選手

米澤奈々香杉森心音は浜松北中学の1コ違いの先輩後輩です。

選手層の厚い仙台育英で、米澤や山中菜摘などと切磋琢磨し、伸びに伸びているのがこの杉森心音です。

伸びている2年生、その第1人者がこの杉森です、注目ですよ。

 

細谷 愛子(立命館宇治2年)

・・・陸上に詳しい方ならお気づきかもしれませんけど、

当方は、静岡とは若干の繋がりがありますが、贔屓にはしておりませんm(__)m

やはり期待の2年生、細谷愛子にも注目しないわけにはいかないんですよねぇ。

中学時代は2年連続全中駅伝MVP、

前述の杉森心音と同じ出身地である静岡県を超えて、全国1、2位を争ってきた細谷愛子

立命館宇治の2年生となった細谷愛子にも注目かと。

細谷と杉森は、昨年の全国高校駅伝2区で対決。

区間2位の細谷、区間7位の杉森でしたが、チームは仙台育英3位、立命館宇治5位。

2021年、直接対決があるでしょうか。

 

以上、2021年の全国高校駅伝女子の注目選手4人を紹介しました。

  • 米澤 奈々香(仙台育英3)←特特特注
  • 村松 結(立命館宇治3)
  • 杉森 心音(仙台育英2)
  • 細谷 愛子(立命館宇治2)

↑は、特に注目の選手となるでしょう。

 

他にも女子の注目選手として、再度、米澤世代を交えますが、

  • 森 陽向(興譲館3)
  • 石松 愛朱加(須磨学園3)
  • 山中 菜摘(仙台育英3)
  • 並木 美乃(常盤3)←注目
  • 久保 心優(神村学園3)
  • 清道 愛紗(須磨学園3)
  • 水本 佳菜(薫英女学院2)←注目
  • 西澤 茉鈴(薫英女学院2)
  • 野田 真理耶(北九州市立2)
  • 小川 陽香(順天2)
  • 村岡 美玖(長野東2)

↑と、やはり女子は注目の選手が多くなってしまいます。

繰り返しますが、2年生が伸びている気がします。

まとめ

以上、ここでは2021年の全国高校駅伝男女の注目の選手を紹介しました。

今回紹介した選手以外にも、激走、爆走してくれそうな選手は、留学生を含みまだまだいますよ。

全国高校駅伝に出場する全選手が、最高のコンディションで大会に出場されることを願っています。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA