全日本大学女子駅伝2020の優勝&上位進出校を敢えて予想します!

感染症の影響によって、毎年恒例の駅伝大会も中止となった大会がある中、

全日本大学女子駅伝大会は開催される方向で準備が進められているようです!

出場校も決まっていますので、

このブログ恒例の、優勝&上位進出校の予想をさせていただきます。

大会は2020年10月25日

2020年の大学女子駅伝の1冠目、優勝は!!!・・・あのチームでしょうね、たぶん(笑)

※敬称は省略させていただきます。

全日本大学女子駅伝の優勝校

出典:http://www.morino-miyako.com/

2020年の全日本大学女子駅伝大会は、第38回目となります。

多くの駅伝ファンの方はご存じかと思いますけど、

この記事を読んでくださる方の中には、全日本大学女子駅伝を知らなかったという方もおられるかも。

念のため2020年の大会の概要をまとめておきますと、

  • 名称:第38回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)
  • 日時:2020年10月25日(日)12:10スタート
  • 場所:宮城県仙台市
  • 区間:6区間(38.1km)

↑となっています。

なお、2020年の全日本大学女子駅伝は、感染症防止の観点から、沿道での観戦をしないようお願いがされていますのでお気を付けください。

 

2019年は、名城大が2位に2分以上の大差をつけ3連覇達成、通算4度目の優勝を飾りました。

2位は大東文化大、3位は立命館大という結果でした。

また、名城大は、12月30日の富士山女子駅伝でも優勝し、2019年の大学女子駅伝2冠に輝きました。

正に、近年の大学女子駅伝界は名城大の時代。

圧倒的に、安定的に強いですよね。

 

通算の優勝回数では、

  • 10回:立命館大
  •   4回:京産大
  •   4回:名城大
  •   3回:筑波大
  •   2回:大阪体育大
  •   2回:中央大
  •   2回:城西大
  •   2回:佛教大

↑と、立命館大がダントツの優勝回数を誇っています。

1年に1度の全日本大学女子駅伝ですから、名城大が立命館大の優勝回数に並ぶには、最低でも6年かかるということです。

なお、優勝したことはないのですが、大東文化大は、過去5回の大会で2位が4度。

悲願の優勝まであと一歩というところです。

全日本大学女子駅伝2020の出場校

全日本大学女子駅伝2020の全出場校を確認しておきましょう。

【大学名(出場回数)】で表記します。

  • 名城大(22)
  • 大東大(10)
  • 立命館大(31)
  • 松山大(13)
  • 日体大(32)
  • 城西大(27)
  • 大阪学院大(27)
  • 関西大(13)
  • 札幌国際大(4)
  • 東北福祉大(18)
  • 石巻専修大 OP参加
  • 拓殖大(3)
  • 順天堂大(27)
  • 東洋大(8)
  • 中央大(29)
  • 新潟医療福祉大学(9)
  • 中京学院大(2)
  • 大阪芸術大(8)
  • 京産大(27)
  • 佛教大(19)
  • 関西外語大(6)
  • 京都光華女子大(4)
  • 環太平洋大(3)
  • 福岡大(32)
  • 鹿屋体育大(16)

↑OP参加の石巻専修大を含めて25校の出場となっているようです。

毎年出場している東北学連選抜は2020年は欠場となる予定。

初出場のチームはありません、例年どおりのチームが顔をそろえたということになります。

全日本大学女子駅伝2020の優勝予想

このブログでの「予想」記事は、シロウトの全くの私見ですのでご了承くださいm(__)m

当方が予想するまでもなく、多くの方が予想されるのではないでしょうか。

名城大

が4連覇、通算5度目の優勝が極めて濃厚だと予想します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nike Tokyo(@niketokyo)がシェアした投稿

他校とは選手層の厚さがちょっと違いますねぇ。

予想するときの毎度言わせていただいていますけど、トラブルやアクシデントがないかぎり、名城大を力で上回れるチームはないかと。

2020年の全日本インカレの結果を踏まえて名城大のメンバーをみてみますと、

  • 加世田 莉花(4年)10000m優勝
  • 高橋ムセンビ(3年)1500m優勝
  • 和田 有菜(3年)1500m2位
  • 小林 成美(2年)10000m2位
  • 荒井 優奈(2年)10000m8位

↑と、中心メンバーはトラックでも圧巻の強さです。

全日本大学女子駅伝の2019年も、名城大の3連覇は堅いと予想したのですが、

その3連覇よりも、2020年の4連覇はさらに確実だと思います。

全日本大学女子駅伝2020上位進出校を予想

2020年の陸上界は、感染症の影響によって、毎年開催されている大会が中止になったりしました。

ですので、大学女子長距離の選手のうち誰が好調なのかを参考にするのが難しいです。

例えば、大東大のエース鈴木優花(3年)は、日本インカレの5000mと10000mを欠場だったり。

調子が良い女子選手を見極めることが難しいのですが、

それらを踏まえて、全日本大学女子駅伝2020で上位に進出してきそうなのは、可能性の高い順に、

  • 立命館大
  • 大東大
  • 日体大
  • 大阪芸術大

↑あたりではないかと予想します。

立命館大と大東大を比較したときには、

立命館大にはよく走る選手が揃っていて、大東大には大砲がいるという比較ができるかと思います。

この両校はかなり競るのではないかと予想しますが、ちょっとだけ立命館大のほうが総合力が上なのかなと思います。

大東大が立命館大を上回るには、鈴木優花(3年)と吉村玲美(2年)の走り次第だと思うんですよねぇ。

 

また、立命館大、大東大に迫るチームと考えたときには、日体大と大阪芸術大が有力ではないかと予想します。

日体大の選手も、大阪芸術大の選手も、全日本インカレで好走していますので、トラックの調子をロードに繋げられるか、維持できるかどうか注目です。

 

以上、立命館大、大東大、日体大、大阪芸術大が上位進出してくるのではないかと予想します。

ただ!選手層、総合力で考えたときには、名城大を超えることは難しいのではないかと思っています。

まとめ

以上、ここでは、2020年の全日本大学女子駅伝優勝予想、上位進出校の予想をしてみました。

名城大が大大大本命なのは多くの方がご存じだと思いますので、名城大の優勝を予想する方が多いのではないでしょうか、多分そうなるでしょう(笑)

立命館大と大東大の上位進出は確実だと予想しますけど、

大東大は2位を死守できるか、

大阪芸術大、日体大は、立命館大と大東大を超えて3位以内に入れるか!

個人的には、ここらへんを注目したいと思います。

毎年のことですが、2020年の全日本大学女子駅伝も楽しみですね。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

全日本大学女子駅伝2019の優勝&上位進出を予想してみます!

シーズン到来!2020-2021の駅伝の日程を確認しておきましょう!

全日本大学駅伝(伊勢駅伝)2020の優勝&上位進出校を予想します

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA