八村塁のワシントン・ウィザーズは強いの?どんなチームなのか?

NBAの2019-20シーズンが開幕します!

日本人初のドラフト1巡目指名を受けた八村塁は、ワシントン・ウィザーズと契約をしました。

そのワシントンウィザーズってどれくらい強いんでしょうか?

今回は、NBAの過去の実績などから、ウィザーズを紹介したいと思います。

ワシントン・ウィザーズとは

まずは、ワシントン・ウィザーズのプロフィールから。

  • 名 称:ワシントン・ウィザーズ
  • 創 設:1961年
  • 所 属:イースタンカンファレンス・サウスイーストディビジョン
  • 本拠地:ワシントンDC
  • アリーナ:キャピタル・ワン・アリーナ(20,173人)
  • チームカラー:赤・白・青

【主なチーム史】

  • NBA優勝:1回(1978年)
  • ファイナル進出:4回
  • ディビジョン優勝:8回
  • 永久欠番:「10」「11」「25」「41」

1961年:シカゴ・パッカーズ(チーム創設)

1962年:シカゴ・ゼファーズ(チーム名変更)

1963年:ボルチモア・ブレッツ(本拠地移転)

1971年:NBA準優勝

1973年:キャピタル・ブレッツ(本拠地移転)

1974年:ワシントン・ブレッツ(チーム名変更)

1975年:NBA準優勝

1978年:NBA優勝

1979年:NBA準優勝

1997年:ワシントン・ウィザーズ(チーム名変更)

↑と、ウィザーズはこのようなチームです。

 

チームの全盛期は1970年代だったと言えるでしょう。

チーム名がワシントン・ブレッツという時代です。

1978~1979年は2年連続でNBAファイナルに進出して、NBA屈指の強いチームだったんでしょう。

ウィザーズの永久欠番のうち、

11はエルビン・ヘイズ、41はウェス・アンセルド、

このレジェンドが、1970年代の強いウィザーズの中心選手だったようです。

 

しかし、1979年のNBAファイナル進出後は、チームは低迷してしまいます。

NBAプレーオフに出場しても1回戦敗退、

若しくは、プレーオフに出場できない時代が30年以上続きました。

 

2010年以降に、現ウィザーズの中心選手となるジョン・ウォール、ブラッドリー・ビールの活躍により、徐々に強いチームになっていき、

2013年以降は、ほぼ毎シーズンプレーオフに進出するチームになりました。

2017年には、約40年ぶりにディビジョンで優勝しました。

つまり、長く低迷していたんですけど、ここ5年ほどで強いチームになりつつあるのがウィザーズということになります。

 

ウィザーズのユニフォーム(ホーム)は↓こんな感じ。

出典:https://www.sportingnews.com/

↑他にも、赤と青(紺ぽい)ユニフォームがあります。

八村塁の「8番」のユニフォームは欲しいですね(笑)

 

チーム名のWizardとは「魔法使い」という意味。

かつて、NBAのレジェンド中のレジェンド、マイケル・ジョーダンが所属し、一時期はオーナーも務めたことがあります。

八村塁は、このマイケルジョーダンの「ジョーダン・ブランド」と契約し、ジョーダンのシューズを履いてプレーすることになります。

徐々に強いチームになりつつあるウィザーズ、そして八村塁、注目しなければなりませんね。

八村塁の試合を観るなら↓こちらです。

ワシントンウィザーズの選手

そんなウィザーズにはどんな選手がいるのか、チェックしておきましょう。

ジョン・ウォール

出典:https://theathletic.com/

  • 背番号:2
  • ポジション:PG
  • 身長:193cm

2010年のNBAドラフト全体1位でウィザーズに加入したウォール。

現ウィザーズの「2枚看板」の1人です。

2019年10月現在、アキレス腱断裂で、今シーズン開幕には間に合わないかと思います。

シーズン途中で復帰してくると思われます。

ウィザーズの選手では、まず!このウォールを覚えておきましょう。

 

ブラッドリー・ビール

出典:https://www.nba.com/

  • 背番号:3
  • ポジション:SG
  • 身長:196cm

2012年のNBAドラフト1巡目3位のビール。

現ウィザーズの「2枚看板」のもう一人。

ウィザーズのキャプテンであり、ウィザーズのエースですな。

ウィザーズの試合を観ることがあったら、この選手が最も目につくと思います。

 

トーマス・ブライアント

出典:https://nba.nbcsports.com/

  • 背番号:13
  • ポジション:C
  • 身長:211cm

ウィザーズのC(センター)は誰がスターターとなるのか、ちょっと予想できませんが、

昨シーズン加入したトーマス・ブライアントには期待がかかるのではないでしょうか。

ウィザースのゴール下のブライアントに注目しましょう。

 

↑ウィザーズの現選手としては、この3選手を覚えておいたほうが良いと思います。

八村塁もロースターには入ることと思われますが、開幕からスターターとなれるかどうかは分かりません。

NBAの試合で経験を積んで、活躍次第では、シーズン途中からスターターとなる可能性もあるかと思います。

 

ウィザーズの歴代の選手を覚えておきたいのであれば、

まずは、永久欠番の4人、

  • 10番:アール・モンロー
  • 11番:エルビン・ヘイズ
  • 25番:ガス・ジョンソン
  • 41番:ウェス・アンセルド

なんでしょうけど、このレジェンドたちを、私も知りません(笑)

強いウィザーズ時代の中心選手だったんでしょう。

 

忘れてはならないのが、マイケル・ジョーダンです。

シカゴ・ブルズで引退し、プロ野球選手となったジョーダン(1度目の引退)、

再びブルズに復帰して3シーズンを過ごした後、2度目の引退。

そして、ウィザーズのオーナーになった後、低迷するウィザーズのためにまたもや復帰!

2シーズンを過ごした後、3度目の引退。

つまり、マイケル・ジョーダンが、NBAで最後にプレーしたチームが、ワシントン・ウィザーズということになります。

 

八村塁がプレーするウィザーズにはこれらの選手が所属し、プレーしていたんですね。

強いウィザーズが復活することを願います(笑)

ワシントン・ウィザーズは強い?

1970年代のチームの全盛期が終了し、約30年の低迷した後、

2010年以降にちょっと復活してきた感のあるウィザーズなんですが、

実際に、どれくらい強いのか気になりますよね。

 

実は、2019年の7月頃の、2019-20シーズンNBAのチームを評価した記事があるんですが、

その記事によると、ウィザーズは、

「30チーム中2番目に期待が持てないチーム」:NewsWeek

と評価されているんですね(笑)

 

その内容をいくつか拾ってみますと、

  • チーム作りの方向性が見えない
  • 現在の補強で優勝を狙うチームにするのは無理
  • 将来のドラフトのためにチームの解体を進めている最中

ということらしいんです。

つまり、将来的なチーム強化のために、

高額なスター選手を放出して、チームの再建をしている段階にあるとの見解です。

チームの成績が悪くなれば、ドラフトで順位の良い指名権を獲得できる可能性があるんだとか。

 

そう考えると、ウィザーズはあまり強いとは言えないチームのような気もしますし、

近年、強いチームになってきたと言っても、低迷期と比較した場合の「強い」というニュアンスですので、

NBAのプレーオフを勝ち抜き、ファイナルに残れるほど強いとは言えないのかもしれませんね。

 

ただし、NewsWeekが言うには、

このチームの状況が、八村塁にマイナスになるではなく、

試合に出場し、チームの中での期待値が上がるので、

八村塁が試合に出場し、NBAでの経験を積むことができるではないか、

つまり、八村塁にとって、ウィザーズに入ったことは、良いことなのかもしれない、とのことです。

 

ウィザーズは強いのか!?

ということに関しては、このような評価もあるんですね。

まとめ

以上、今回は、八村塁が加入したワシントン・ウィザーズはどんなチームなのか、強いのか!について紹介しました。

NBAのチャンピオンになったくらい強い時期もありましたが、

その後、長い低迷期が続き、その低迷期に比べると、近年、ちょっとずつ強いチームになってきた、

ウィザーズはそんなチームだと言えます。

さすがに、NBAチャンピオンになれるほど強いとは思えませんが、

近年コンスタントにプレーオフに進出していることを考えれば、決して弱くもないチームだとも言えると思ます(笑)

いずれにせよ、八村塁の活躍に期待はしてしまいますよね!

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

NBA2019-20が開幕します!八村・渡邊・馬場は活躍できる?

日本バスケの救世主となるか?八村塁の経歴をチェック!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA