出雲駅伝2019出場校の紹介と優勝候補&順位予想をしてみます!

2019~2020の駅伝シーズンが幕開けします!

シーズン開幕戦である全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)の開催が間もなくです。

今回は、出雲駅伝の出場校の確認と優勝候補&順位を予想してみようと思います。

大学男子の駅伝、3冠のうち初戦、伊勢駅伝、箱根駅伝を占う大会になりますよ。

出雲駅伝2019出場校一覧

出典:https://www.yomiuri.co.jp/

出雲駅伝は今回で31回目の開催となります。

毎年、島根県出雲市で開催されています(←通称「出雲駅伝」)。

「全国」の大学の「選抜」の駅伝ですから、日本各地から選抜された大学が出場することになっています。

既に2019年の出場校が決まっていますので、確認しておきましょう。

【No.-大学名-地区-出場回数】で記載していきます。

  1. 北海道学連選抜(北海道)30
  2. 東北学連選抜(東北)31
  3. 東海大(関東)21
  4. 青山学院大(関東)10
  5. 東洋大(関東)20
  6. 駒澤大(関東)26
  7. 帝京大(関東)9
  8. 法政大(関東)14
  9. 國學院大(関東)3
  10. 順天堂大(関東)23
  11. 拓殖大(関東)5
  12. 中央学院大(関東)10
  13. 北信越学連選抜(北信越)31
  14. 皇學館大(東海)2
  15. 愛知工業大(東海)11
  16. 立命館大(関西)17
  17. 関西学院大(関西)7
  18. 京都産業大(関西)27
  19. 広島経済大(中国四国)18
  20. 第一工業大(九州)23
  21. アイビーリーグ選抜(アメリカ)22

以上、2019年の出雲駅伝は、単独チームが17校、選抜チームが4チーム、計21チームが出場します。

優勝候補は?

昨年の出雲駅伝は、

  1. 青山学院大
  2. 東洋大
  3. 東海大

という、優勝は青山学院大、そして、東洋大、東海大と続く形でした。

近年の大学男子駅伝3強が上位を占めたということになります。

また、出雲駅伝、伊勢駅伝の実績は、ほぼほぼ、関東ブロックの大学が上位を占めます。

2019年もおそらく実力校、関東ブロックの大学が上位を占めることになると思われます。

 

優勝候補は?ということになりますと、

やはり3強の青山学院大、東洋大、東海大の3校に絞られます。

この3校は実力的には横一線であろうと思います。

その中で、敢えて優勝候補筆頭は?とすると、

東海大

と予想させていただきます。

大学男子駅伝のチームや選手たちが、10月から翌年1月の期間のどの時期にピークを合わせてくるのか、

おそらく、箱根の時期だと予想します。

この出雲駅伝は、例年、春から夏にかけてのトラックレースの時期に調子の良い選手の多い大学が強い傾向にあります。

過去2年間の2018の優勝は青山学院大、2017年優勝の東海大も、夏場のトラックレースで調子の良かった選手が多い傾向にありました。

それを踏まえて、2019年の夏場のレースを振り返ってみると、

青山学院、東洋大、東海大と比較したときには、ほんのちょっとだけ、東海大の選手たちが調子が良いようにうかがえます。

 

これは、全くの!甚だ!!個人的な考えですけど(←当てにならないということです笑)、

出雲駅伝は、総距離約45kmを6区間というだいたい6~10kmという短い距離を走り、

また、アップダウンの少ないコースであることから、

トラックで活躍するようなスピードランナーに有利なんだろうと思っています。

 

それを踏まえたときに、2019年は東海大が有力なのではないかと思うんです。

3強の有力選手の中から夏場のトラックレースで調子のよかった選手をピックアップし、比較してみますと、

東海大

  • 關 颯人
  • 鬼塚 翔太
  • 小松 陽平
  • 館澤 亨次
  • 西田 荘志
  • 塩澤 稀夕
  • 飯澤 千翔

青学大

  • 鈴木 塁人
  • 谷野 航平
  • 吉田 圭太
  • 生方 敦也
  • 湯原 慶吾

東洋大

  • 相澤 晃
  • 定方 駿
  • 西山 和弥
  • 大澤 駿
  • 宮下 隼人
  • 蝦夷森 章太
  • 児玉 悠輔

このようなランナーたちが、インカレでは活躍しましたが、トータルでみたときに、若干東海大が良い成績でした。

夏場のトラックレースの実績、距離の短いスピードレースとなる出雲駅伝、

これらのことから、出場校の中では、東海大が優勝に一番近いのではないかと予想します。

順位予想

2019の出雲駅伝も3強のいずれかが優勝すると予想しますけど、

出場校の中で、上位に食い込んできそうなチームもあります。

その有力校も含めて、順位の予想をしてみたいと思います。

順位の予想から。

※終了しましたので、結果も記載してみます。1コも当たりませんでしたm(__)m

  1. 東海大←4位
  2. 東洋大←3位
  3. 青学大←5位
  4. 駒澤大←2位
  5. 國學院大←優勝
  6. 帝京大←7位
  7. 中央学院大←11位
  8. 順天堂大←8位

という順位になるのではないかと予想します。あ!全く根拠はありませんm(__)m

持ちタイム、夏場の実績を加味して、全くの私見で、ベスト8を予想したまでですm(__)m

 

駒澤大が強そうです。

3強にトラブルがあったら、3位以内に食い込んでくる可能性があると思います。

駒澤大が3強を打ち破る筆頭候補だと思います。

 

また、國學院大、帝京大、中央学院大の3校も有力かと。

この3校も有力な選手、夏場に調子の良い選手がいますよ。

ただ、6区間の人員となったら、総合的にどうかと・・、優勝まで届くかどうかは微妙なところではないでしょうか。

10位以内となると、昨年関東ブロック以外で唯一ベスト10に入った立命館大も注目。

また、昨年4位の拓殖大も注目ではないかと思います。

以上、順位予想ですけど、

優勝争いは、東海大、東洋大、青山学院大の3強、

3強の牙城を崩す可能性があるのが駒澤大、

5位以内を目指すのが、國學院大、帝京大、中央学院大、

出場校の中では、これらのチームが上位争いをするのではないかと予想します。

まとめ

以上、今回は、2019年の出雲駅伝の出場校、また優勝候補、順位予想など紹介しました。

出雲駅伝で駅伝シーズン開幕ですから、

駅伝ファン、長距離ファンには楽しみな時期になりますね。

2019~2020の駅伝も楽しみましょう。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら駅伝関連記事の以下もご参照ください。

2019-2020の駅伝競走の日程等をチェックしておきます!

名城大女子駅伝部2019のメンバーは?今年も強いようです!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA