名城大女子駅伝部2019のメンバーは?今年も強いようです!

2019年も秋を迎えました!10月になれば駅伝シーズン突入です!

昨年の大学女子駅伝は、名城大が全日本と富士山女子駅伝の2冠を達成しました、強かったですね。

その名城大の2019年はどうなのか!はい、今年も強いと思います!

今回は、大学女子駅伝界の名門、名城大の2019年のメンバーを確認したいと思います。

名城大2019のメンバーも強いですよ!

昨年、抜群に強かった名城大女子駅伝部ですが、特に1・2年生が活躍したんですよね。

ということは、昨年活躍したその1・2年生が残っているということになります。

そりゃあ強いでしょう(笑)

さらに!2019年に名城大駅伝部に加わった新1年生、これがまた強いメンバーが入ってしまいました(笑)

さらに強くなってしまった感があります。

そのメンバーを紹介しますけど、全メンバーの紹介はしませんm(__)m

昨年から今年にかけて、特に活躍しているメンバーをピックアップしたいと思います。

一気に羅列していきます。

塩崎 葵(4年)

高 校:長野東
○2019東海インカレ10000m2位

加世田 梨花(3年)

高 校:成田
○2018日本インカレ10000m優勝
○2018全日本大学女子駅伝5区2位
○2018富士山女子駅伝5区1位

強烈なメンバーの揃っている名城大2年生、1年生を牽引する大黒柱が加世田ではないでしょうか。

実績抜群の3年生、強い名城大の象徴的存在です。

※この記事を書いている段階で2019年日本インカレが開催されていますが、加世田は10000mで3位でした、連覇ならず!

加藤 綾華(3年)

高 校:津商業
○2019東海インカレ1500m優勝

小森 星七(3年)

高 校:諫早
○2019東海インカレ10000m3位

高松 智美ムセンビ(2年)

高 校:薫英女学院
○2018日本選手権1500m優勝
○2018日本インカレ1500m優勝
○2018日本インカレ5000m優勝
○2018全日本大学女子駅伝3区1位
○2018年富士山女子駅伝7区2位
○2019年日本選手権1500m4位

圧倒的に強い!高校時代から有名だった高松智美ムセンビは名城大の2年生になりました。

↑ご覧のように、大きな陸上大会、駅伝大会での活躍だけで、こんな数の実績になってしまいます。

名城大強烈2年生の筆頭です。

この記事を書いている現在、2019の日本インカレが開催されている最中ですけど、

1500m、5000m種目の大学のランク1位は高松ですからね!

※!!開催中の2019日本インカレ、女子1500m高松智美ムセンビは予選落ち!!

和田 有菜(2年)

高 校:長野東
○2018全日本大学女子駅伝1区1位
○2018富士山女子駅伝2区2位

名城大女子駅伝部強烈2年生のひとり、和田有菜。

同じ名城大のライバル?髙松ムセンビと切磋琢磨しています!

ムセンビと同じく、2019日本インカレの種目ランキングで、

和田は1500mでランク2位、5000mでランク3位です。

藤中 佑美(1年)

高 校:光ヶ丘女子
○2018全国高校女子駅伝1区2位
○2019全国女子駅伝2区1位
○2019東海インカレ1500m2位

名城大女子駅伝部に、強い1年生が加入しました。

藤中佑美は、2019年の全国女子駅伝で愛知県の2区を走り、

4月以降に先輩となる和田有希や、卜部蘭などの社会人のトップランナーたちを抑え、堂々の区間賞!

藤中も強い選手です。

小林 成美(1年)

高 校:長野東
○2019全国高校女子駅伝5区4位(日本人1位)
○2019全国女子駅伝4区1位
○2019東海インカレ5000m2位

2018年の全国高校女子駅伝で長野東のアンカーを務め、長野東を2位に導いた小林成美。

その勢いのまま、2019の全国女子駅伝で長野県の5区を走り区間賞を獲得。

このときの5区には、あの松田瑞生や安藤友香らを抑えての区間賞!!

凄い有望なランナーが名城大に加わりました。

大学生になって初の東海インカレでは5000mで2位。

これまた強い選手です。

山本 有真(1年)

高 校:光ヶ丘女子
○2019東海インカレ5000m1位

高校時代、藤中と同じ高校で、高校女子駅伝、全国女子駅伝に出場した山本。

2019東海インカレ5000mでは、同じ名城大の小林成美を抑えて1位。

地力がありそうです。

福嶋 紗楽(1年)

高 校:荏田
○2019東海インカレ10000m1位

私が知らなかっただけかもしれませんが、福嶋は凄い選手かもしれません。

2019の東海インカレ10000mで、名城大のキャプテン塩崎、3年生の小森を抑え、1位となりました。

強いランナーの揃う名城大の駅伝で、福嶋が出場するのかどうか、注目です。

 

以上、名城大女子駅伝部の注目メンバー10人を紹介しました。

高松智美ムセンビ、和田有菜という強烈な2年生も強いですけど、

1年生はまた凄いメンバーが加入しましたね。

これは、2019の大学女子駅伝も、名城大が最有力候補になると思います。

名城大女子駅伝部の近年の実績

大学女子駅伝界の強豪、名城大の近年の実績を確認しておきましょう。

大学女子の大きな駅伝大会は、全日本大学女子駅伝と富士山女子駅伝です。

この2つの駅伝大会での名城大の成績を、過去5年で振り返ってみますと、

全日本大学女子駅伝は、

  • 2014:7位
  • 2015:5位
  • 2016:3位
  • 2017:優勝
  • 2018:優勝

富士山女子駅伝は、

  • 2014:4位
  • 2015:2位
  • 2016:2位
  • 2017:3位
  • 2018:優勝

と、このような実績になっています。

 

大学の女子の駅伝は、立命館大学が圧倒的な実績を残していまして、

全日本大学女子駅伝では、過去36回中10回の優勝、

富士山女子駅伝では、過去13回中11回の優勝、という圧倒的な強さを誇っています。

その絶対王者とも言える立命館大を追いかけるのが、

佛教大、大東文化大、松山大、名城大、あたり、という構図にあったんですね。

そんな状況で、2017年ついに全日本大学女子駅伝で12年振りに優勝、

2018年には全日本連覇、さらに富士山女子駅伝初優勝、2冠達成(立命館大、佛教大に続く3校目)するんですね。

名城大にも多くの名ランナーが在籍していましたが、ここ2~3年で言えば、

青木和や玉城かんななどに続き、加世田、高松、和田などが加わったことで強くなっていったと思われます。

そんなメンバーに、藤中、小林、山本などの強い1年生が加わった2019年の名城大は、さらに強くなったのではないでしょうか。

 

10月に入ると、いよいよ駅伝シーズンが始まり、大学女子駅伝もスタートします。

名城大には注目が集まると思います。

まとめ

以上、今回は、名城大女子駅伝部のメンバーを紹介しました。

昨年、2冠を達成した強い名城大、

今年は、全日本大学女子駅伝の3連覇、富士山女子駅伝の連覇、

また、2年連続2冠という偉業に挑戦するものと思われます。

名城大の走りに注目ですね。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

2019-2020の駅伝競走の日程等をチェックしておきます!

2018~2019シーズンの駅伝の結果をまとめます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA