春高バレー2021の優勝を予想!女子はリベンジに燃えるあの2校か!?

毎年恒例の春高バレー2021の開催が近づいてきました。

大会は、2021年1月5~10日で開催される予定です。

既に組み合わせも発表されていますので、このブログ恒例の優勝、及び上位進出校を予想をしてみたいと思います。

ここでは女子の優勝予想を!

昨年のリベンジを果たしたいであろうあの2校が気になります!

2021年春高バレー女子の出場校

まず、2021年の春高バレー女子の出場校を確認しておきましょう。

記事の後半で優勝予想、上位進出校の予想もさせていただきますので、トーナメント表に沿って紹介させていただきます。

正式なトーナメント表はこちら↓になります。

春高バレー2021女子トーナメント表

 

シードされたのは、前回大会のベスト4、

  • 東九州龍谷(大分)
  • 古川学園(宮城)
  • 金襴会(大阪)
  • 共栄学園(東京)

↑です。

 

東九州龍谷のブロック

東九州龍谷(大分)シード

秋田北
富山第一

津商(三重)
広島桜が丘

坂出商(香川)
敬愛学園(千葉)

郡山女大附(福島)

都市大塩尻(長野)
八王子実践(東京)

國學院栃木
和歌山信愛

佐賀清和

↑前回の春高バレー女子優勝の東九州龍谷(大分)のブロックです。

左詰めで表記してある高校同士が1回戦から、

左詰めから少し中央よりに表記してあるシードの東九州龍谷、郡山女大附(福島)、佐賀清和2回戦からという表記をしています。

 

このブロックは、逆に!予想が難しいですねぇ。

東龍(大分)一択状態ですねぇぇぇ。

広島桜が丘郡山女大附(福島)、都市大塩尻(長野)あたりに注目でしょうか。

東龍と対戦するまでは、どのチームが勝ち上がってくるのかわかりませんね。

・・・すみませんm(__)m

 

共栄学園のブロック

米沢中央(山形)

都城商(宮崎)
高知

誠英(山口)
大阪国際滝井

伊勢原(神奈川)

札幌山の手(北海道)
西原(沖縄)

誠信(愛知)
長岡商(新潟)

岩美(鳥取)
北嵯峨(京都)

共栄学園(東京)シード

↑前回大会ベスト4の共栄学園(東京)のブロック。

 

このブロックは強豪校が入りましたね。

誠英vs大阪国際滝井は、1回戦ではもったいないくらいのカード。

京都代表の北嵯峨にも注目でしょうか、2回戦で共栄学園と対戦する可能性がありますね。

愛知代表の誠信も気になるチームです。

 

金襴会のブロック

金襴会(大阪)シード

松山東雲(愛媛)
北陸(福井)

県岐阜商
高田(岩手)

鹿児島女子
川崎橘(神奈川)

西邑楽(群馬)

近江(滋賀)
聖和女学院(長崎)

就実(岡山)
青森西

文京学院大女(東京)

↑前回大会ベスト4の金襴会(大阪)のブロックです。

 

鹿児島女子vs川崎橘も1回戦の好カードかと。

同県内の強豪校を退け出場してきた北陸(福井)、聖和女学院(長崎)は不気味な存在。

2019年にインターハイ、24年ぶりに優勝を飾った就実(岡山)は、

その後の春高バレーで上位進出を期待されましたが、まさかの初戦(2回戦)敗退。

2021年の春高バレーでリベンジしたいと思っているチームのひとつではないかと。

 

古川学園のブロック

帯広南商(北海道)

春日部共栄(埼玉)
金沢商(石川)

帝京第三(山梨)
鎮西(熊本)

氷上(兵庫)

城南(徳島)
富士見(静岡)

奈良文化
安来(島根)

誠修(福岡)
日立第二(茨城)

古川学園(宮城)シード

↑前回大会準優勝の古川学園(宮城)のブロック。

 

このグループも、古川学園(宮城)以外のチームは、力が拮抗しているのかなと。

気になるということでは、金沢商(石川)、鎮西(熊本)あたりでしょうか。

 

以上、春高バレー2021女子に出場する全52校を、トーナメント表に沿って紹介しました。

 

過去の実績と2020年度の傾向

前回(2020年)の春高バレーの女子も優勝予想をさせていただきました。

春高バレー2020(女子)の優勝を予想!あの高校の3連覇か?

↑男子もそうですが、本当にバレーボールの予想って当たりません、私の場合(笑)

 

春高バレー2021の男子の優勝予想と同じで、

インターハイが中止となりましたので、女子も各校の力関係がわかりません。

予想するための材料が少ないので、ほぼほぼ、個人の思い込みの強い予想になりますことをお許しください。

 

春高バレー女子の過去の実績

前回(春高バレー2020)の女子の優勝校、及び上位進出の状況は次のとおりでした。

  • 優勝:東九州龍谷(大分)
  • 準優勝:古川学園(宮城)
  • ベス4:金襴会(大阪)
  • ベス4:共栄学園(東京)
  • ベス8:八王子実践(東京)
  • ベス8:大阪国際滝井
  • ベス8:誠英(山口)
  • ベス8:熊本信愛女子

↑2021年の春高バレーには、熊本信愛女子以外のベスト8進出校は出場しています。

ほぼほぼ男子と同じ状況ですが、

前回大会でベスト8以上に進出したチームは、2021年の大会も有力な高校だと思います。

 

2020年の春高バレー以降の高校バレー女子の状況

さらに、前回の春高バレー以降(新チームとなった段階)を振り返ってみたときには、

感染症の影響により中止になった地区もありますが、2019年度の各地区の新人大会が開催されたんですね。

開催された地区の新人大会の結果から、春高バレー2021女子に出場している高校でピックアップしたときには、

  • 東北優勝:古川学園(宮城)
  • 中国優勝:誠英(山口)
  • 九州優勝:東九州龍谷(大分)

↑と、やっぱり、東龍、古川学園は安定して強いんですよねぇ。

2021年春高バレー女子の優勝予想

ということで、春高バレー2021女子は、

金襴会or古川学園が優勝すると予想します!

すみません、こんな卑怯な予想になってしまいましてm(__)m

要は、東龍の連覇がないと予想の中心です。

東龍の優勝がないとすれば、準決勝で対戦する可能性のある金襴会か古川学園の勝ったほうが、優勝すると思います。

 

確固たる根拠も、自信もありません、ただのカンでございます。

前回の春高バレーで、金襴会は東龍に準決勝でセットカウント2-3で敗れています。

昨年のチャンピオンの東龍を最も追い詰めたのは金襴会でした。

また、古川学園も9年ぶりに春高バレーの決勝に進出しましたが、東龍に完敗でした。

金襴会と古川学園は、東龍にリベンジしたい2校であり、モチベーションが高いのではないかと思うのです。

 

そういうことで、トーナメント表から、上位進出(ベスト8)を予想させていただきますと、

  • 東九州龍谷
  • 八王子実践
  • 誠英
  • 共栄学園
  • 金襴会
  • 文京学院大女子
  • 鎮西
  • 古川学園

↑ではないかと。

 

そして、最終的な成績は、

  • 優勝:金襴会
  • 準優勝:東九州龍谷
  • 4強:共栄学園
  • 4強:古川学園
  • 8強:八王子実践
  • 8強:誠英
  • 8強:文京学院大女子
  • 8強:鎮西

↑となると予想します。

 

金襴会と古川学園は入れ替わるかもしれません。

もちろん、東龍に返り討ちに合うかもしれません・・・。

まとめ

以上、ここでは2021年の春高バレー女子の優勝を予想してみました。

東龍の連覇がないと予想しますので、優勝するとすれば、リベンジに燃えている(と思います)金襴会か古川学園。

優勝はどうかと思いますけど、個人的には、

北嵯峨(京都)、北陸(福井)、就実(岡山)、氷上(兵庫)に注目しています。

読んでくださったみなさんは、どう予想されますか?

 

この記事が読んでくださったみなさんの春高バレーの楽しみのお役にたてればうれしく思います。

よかったら、男子の予想もしていますので、ご参照ください。

春高バレー2021の優勝を予想!男子は連覇の可能性大か!?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA