池江璃花子が白血病を告白!世間の反応は?

東京オリンピック期待の星、日本水泳界の女王、池江璃花子が、

自身のtwitterで白血病と診断されたことを公表しました。

本人からの衝撃の告白にメディアやネット上でいろいろな反応があるようです。

池江璃花子の白血病の告白の世間の反応をまとめてみました。

池江璃花子の告白

2019年2月12日に、日本女子水泳選手の池江璃花子が、

自身のtwitterで白血病と診断されたことを公表しました。

メディアの報道によると、

池江璃花子本人は今年に入って体調の異変を感じていたとのこと。

2019年に入ってからのレースの後に

「自分でもビックリするくらいタイムが遅かった」

「体のだるさを感じることが多くなっている」

「去年と比べるとだいぶ体の疲れの抜けが遅くなっている感じはしている」

と語っていたとのこと。

このときは、池江璃花子本人も周囲も疲労が原因であろうと考えていたとのこと。

 

それでも疲れが抜けることはなかったようで、

「今まで自分が調子悪かったときは1、2日で治っていることが多かった。長引いているのは心配」

と、これまでにはなかった体調であったという自覚はあった様子。

このような状況にあったことから、

今回オーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、白血病という診断がでたとのことです。

本人も、

「未だに信じられず混乱している状況」

「しっかり治療すれば治る病気でもあります」

と、語っています。

いずれにせよ衝撃的な出来事であることには変わりありません。

周囲の関係者の反応

池江璃花子の白血病診断により、周囲の関係者からはいろいろな反応がみられます。

池江璃花子のマネジメント会社であるルネサンスの吉田社長は、

「池江璃花子が入院中であり、担当医師から早期の発見だったと伝えられた」

と記者会見で語りました。

 

池江璃花子を指導する三木二郎コーチは、豪州合宿時の池江璃花子が、

「今までにみたことがない肩で呼吸をすることがあった」

「病気に立ち向かう姿勢は頭が下がる。あたたかく見守っていただければ」

「この病気と闘っていくと決めたことで強くなって戻ってくると信じている」

「(東京オリンピックは)可能性はゼロではない。精神的にケアできたら」

と、記者会見でコメントしています。

 

日本水泳連盟の上野広治副会長、

「まさか池江がこのような病名を言われるとは思わなかった」

「本人は相当ショックだったと思う」

 

男子水泳選手の小関也朱篤は、インタビューで池江のことを聞かれ、

「さっき聞いたばかりなので・・・(絶句)」

「ちょっと池江のことでびっくりして、何も頭に入ってこないですね」

「こんな急に診断されることってあるんですか。びっくりで、何も出てこない」

とショックを受けていた様子。

 

池江璃花子周辺の関係者からはこれらのような反応があったようです。

ネット上などでの反応

池江璃花子周辺以外の著名人からも様々なコメントがよせられていて、

ネット上でも池江を心配するなどの反応がみられています。

池江選手の一日も早い回復願う(菅官房長官)

 

体が震えています… 池江選手…混乱している中でも病名を公表したことに勇気と強さを感じます…そして、この状況の中でも周りを気遣う優しい気持ち…このような素晴らしい選手なのです。今はただただ…完治に向けて…祈ります。彼女をサポート出来ることは何か…まずは水泳OBOGみんなで考えます(萩原智子)

 

身近な出来事のように心が痛む。僕たち国民は、国を代表して戦うアスリートをそれほどに愛し応援しているんだなと、改めて実感。これまで以上にみんなで応援しよう。頑張れ!頑張れ!頑張れーーーーー!!!!!(和田正人)

 

池江さん、絶対に治る!絶対に治ります(カンニング竹山)

 

僕も同じ病気を経験しました。何故今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います。どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています(渡辺謙)

 

ものすごくやるせない気分。神様たのむよ。 全力で祈る。(武井壮)

 

スポーツやっててどんなに健康体でも病気になるときはなるんやな(ネット上の反応)

 

まだ18やんけ・・・しかもガチの天才スイマー(ネット上の反応)

 

なんでやオリンピック絶望やんワイがなればよかったんや・・・(ネット上の反応)

 

競技者生命のほうは残念やけどリアルの命の方大事にしてくれや(ネット上の反応)

 

まあオリンピックどうでもいいから体大切にしろ(ネット上の反応)

俳優の渡辺謙は、自身も白血病を患いましたが克服した経験をされています。

カンニング竹山は、相方を白血病で亡くしています。

ほか、ネット上でも池江璃花子を心配する声がたくさんありました。

 

筆者もびっくりしました。

このブログの記事でも池江璃花子を扱ったことがあり、

2020年の東京オリンピックのメダル候補であり、ヒロイン候補です。

競技のことも気にかかるでしょうけど、なにより病気を治すことを考えてもらいたいですし、

回復を祈っております。

まとめ

以上、池江璃花子の白血病の告白に対する世間の反応を、速報的に紹介しました。

東京オリンピックは日本人アスリートにとって特別なものかもしれませんが、

東京以降もオリンピックは続きます。

なにより、完治するよう祈ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA