紀平梨花の高校は通信制の「N高等学校」!どんな学校なの?

フィギュアスケーター紀平梨花が在籍する高校は、通信制の「N高等学校(略称:N高)」です。

スケートに集中したい紀平梨花にとって、スケートと学業の両立のために選択したのが、通信制のN高ということのようです。

そのN高ってどんな学校なのか、調べてみました。

N高ってどんな高校?

出典:https://www.fnn.jp/

紀平梨花の在籍するN高の概要を確認してみましょう。

  • 名 称:N高等学校(略称:「N高」)
  • 設置者:学校法人 角川ドワンゴ学園
  • 設 立:2016年
  • 所在地:沖縄県うるま市
  • 分 校:東京、大阪ほか
  • 課 程:通信制
  • 学 科:普通科
  • 生徒数:約11,000人(2019年9月現在)

↑と、このようになっているようです。

 

設置者の「角川ドワンゴ学園」は、

出版事業を手掛けるあの角川書店が母体となった会社と、

ニコニコ動画を手がけていたIT関連企業ドワンゴが、設立した学校法人です。

※2019現在、角川書店は「株式会社KADOKAWA」という社名になっていて、「株式会社ドワンゴ」は、KADOKAWAの子会社です。

出版社のKADOKAWAとIT企業のドワンゴが、

「全日制高校に通えないから仕方なく通信制高校」

という旧来の社会のイメージを変える新しい形の「ネットの高校」の設立を目指した結果が、このN高の設立となったとのことです(2016年4月に開校)。

 

 

高校の所在地は、沖縄県うるま市にありますが、通信制という特長を生かすように、

東京、大阪、名古屋、福岡などに分校があり、

2020年4月開校予定の札幌、神戸、広島を加えると、全国に18の分校ができる予定のようです。

 

N高の最大の特長は、

「ネットの高校だから好きな時に好きな場所で学習」

できるということでしょう。

N高のサイトから引用させてもらうと、

一人ひとりのライフスタイルに合わせた学び方で高卒資格取得を目指せます。在校生には自分の夢に向かって活動しながら学んでいる方、海外から学んでいる方、仕事をしながらなど、個人個人の状況に合わせた学習が可能です。

引用:https://nnn.ed.jp/net_course/

とのことです。

紀平梨花をはじめとした、10代でスポーツ活動に打ち込んでいる人たちには、とても良い高校なのではないでしょうか。

 

2019年9月現在の生徒数は約11,000人。

フリースクールとしての「中等部」もあるようです。

また、入学式もネットで行ったりするようです。

紀平梨花の在籍するN高とは、このように、ネットを活用した通信制の高校です。

注目度の高い高校のようですよ。

N高出身者たち

2016年に開校したばかりの高校ですけど、既にいろんな有名人が在籍しているようです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

↑こちらは紀平梨花と同じフィギュアスケーターの川畑和愛

川畑和愛も通信制のN高に在籍しているようです。

紀平梨花と同じ2002年生まれですが、学年は紀平梨花の1つ上のようです。

 

↑囲碁界の期待の若手女流棋士、上野愛咲美もN高に在学中のようです。

その攻撃的な棋風から「ハンマー女子高生」と呼ばれています。

2001年生まれですから、川畑和愛と同級生ということになりますね。

 

↑近年、注目度の高いeスポーツ、そのウイイレの日本代表である相原翼もN高出身です。

また、N高には部活としてeスポーツ部があるそうです。

ネットの高校、通信制の高校にはうってつけの部活かもしれませんね。

N高eスポーツ部

 

出典:https://www.excite.co.jp/

↑テニス界の期待の若手選手、望月慎太郎もN高在学中です。

2019年のウィンブルドンテニスジュニアのシングルスで、日本人で初めて優勝した選手です。

2019年にN高に入学したようです。

2003年生まれの16歳、海外で活躍している選手ですので、通信制、ネットの高校はぴったりの環境なのでしょう。

 

↑人気モデルでタレントの「みちょぱ」こと池田美憂もN高出身です。

みちょぱも10代でモデルとして大活躍していたことから、通信制の高校で学んでいたとのこと。

なんでも、はじめは別の通信制高校だったようですが、N高に転向したんだとか。

 

N高在学中、出身者の有名人5人を紹介しましたけど、他にも、

  • 奥村 野乃花(アイドル)
  • 的場 華鈴(アイドル)
  • 広瀬 優一(囲碁棋士)
  • 立花 乃音(バレエダンサー)

など、若くして、それぞれの業界で活躍している人たちが、N高出身のようです。

特に、高校生の年代16~18歳くらいの年齢で、スポーツや芸能などで活躍する人たちにとって、

通信制の高校、ネットの高校であるN高のような高校は、

それぞれのライフスタイルにマッチする高校なんでしょうね。

今後、ますます注目されることが予想されます。

まとめ

以上、今回は、紀平梨花が在籍する「N高」について紹介しました。

通信制であり、ネットの高校、というのが最大の特長の高校で、

通学しなくても、ネット環境があれば、自宅からでも、海外からでも、授業を受けられる学校です。

紹介しましたように、

紀平梨花だけではなく、スポーツ界や芸能界など、それぞれの分野で活躍している方々が多く利用されているようです。

今後も、注目の高校ですね。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

紀平梨花のスポンサーはどこ?年収はどれくらいあるんだろう?

トルソワがシニアデビューで世界が驚愕!紀平梨花は勝てるか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA