鍋島莉奈がかわいい!東京オリンピック期待のランナーです!

女子長距離ランナーの鍋島莉奈がかわいいとの評判です、たしかにかわいい(笑)

かわいいだけでなく、近年日本国内で好成績を連発する実力抜群のランナーでもあります。

今回は、鍋島莉奈のこれまでのプロフィールやこれまでの実績を振り返ってみます。

もちろん、かわいい画像も確認しておきましょう(笑)

鍋島莉奈のプロフィール

出典:https://www.jaaf.or.jp/

  • 氏名:鍋島 莉奈(なべしま りな)
  • 出身:高知県須崎市
  • 生年:1993年
  • 種目:長距離
  • 身長:160cm
  • 所属:日本郵政
  • 学歴:山田高校→鹿屋体育大

高知県の須崎市出身、現在は駅伝などの強豪、日本郵政に所属して、めちゃめちゃ活躍しています。

小学生の頃はサッカー少女だったようで、

中学に入りサッカー部がなかったことから、陸上を始めたそうです。

 

高校は、高知県の陸上競技の名門、山田高校に進学し、この頃から本格的に長距離に取り組むことになります。

全国高校駅伝に3年間出場し、2・3年のときには、都大路の1区を走っています。

 

高校を卒業し、鹿屋体育大に進学。

鍋島莉奈の長距離や駅伝等の詳しい実績は後述しますけど、

スポーツの名門である鹿屋体育大の頃の鍋島莉奈の活躍は凄まじく、大学生になって、全国区のトップランナーに成長した感がありますね。

 

2016年に大学を卒業し、日本郵政へ。

実績を積み重ね、日本代表として国際大会に出場したり、海外のレースで好成績を収めるなど、日本を代表する女子長距離ランナーに成長します。

 

この記事を書いているときに、2019の世界陸上ドーハ大会が開催中で、

鍋島もこの世界陸上に、5000m&10000mに出場する予定になっていたんですけど、

疲労骨折とのことで、大会直前で出場を辞退することになりました。

残念でしたねぇ、世界陸上で走る鍋島莉奈を観たかったです。

とくに、2019年の10000mの日本チャンピオンでしたからね。

これから2019の駅伝シーズンが始まりますけど、出場するのは難しいでしょう。

怪我を治して、次は東京オリンピックを目指すことになるかと思われます。

 

鍋島莉奈の座右の銘は「ガマン」だとか。

その走りと同じように、勝負所までじっくりと「ガマン」して、怪我を克服してほしいものです。

かわいい鍋島莉奈

日本国内の女子長距離ランナーとして実績を積み上げ、

2019年現在で、日本No.1のトラックランナーに成長しました。

そして、かわいいんです(笑)

ここでは、鍋島莉奈のかわいい様子を確認しておきましょう。

↑2015年の鍋島莉奈、プライベートショットのようです。

この地味感もかわいいです。

 

出典:https://www.kochinews.co.jp/

↑2018年のお顔どアップ!なかなかありませんよ、しかも、やっぱりかわいいですし。

 

鍋島莉奈の声を聴きたい方はこちら↓

地元高知県だけの放送なのかもしれませんが、鍋島莉奈とお母さんを特集した番組もあったようです。

PRムービーだけですけど、かわいい鍋島がちょっとだけ観れます。

テレビ高知放送『見えない絆 いつもココロに ~ランナー・鍋島莉奈の挑戦~』

鍋島莉奈の実績

鍋島莉奈がノリにノっているランナーであり、東京オリンピックで活躍が期待できる選手であることを、

過去の実績から振り返ってみます。

たくさんある実績から、特注の実績をピックアップしてみますね。

 

2009年:全国高校女子駅伝2区18位(山田高は21位)

2010年:全国高校女子駅伝1区5位(山田高は12位)

2011年:全国高校女子駅伝1区5位(山田高は24位)

2012年:日本学生個人選手権5000m優勝(現在も大会記録)

2014年:全日本インカレ10000m優勝

2015年:全日本インカレ10000m優勝(連覇)

2016年:クイーンズ駅伝5区、区間賞

2017年:日本選手権5000m優勝

2017年:世界陸上5000m出場(予選敗退)

2017年:クイーンズ駅伝3区、区間2位

2018年:日本選手権5000m優勝(連覇)

2018年:クイーンズ駅伝5区、区間賞

2019年:日本選手権10000m優勝

2019年:日本選手権5000m2位(3連覇ならず!)

【PB】

1500m:4.17.97
3000m:8.48.21←日本歴代4位
5000m:15.10.91
10000m:31.28.81

↑高校時代からの主な実績を時系列でピックアップしてみましたが、

高校時代は無名の選手だったかもしれませんが、高校女子駅伝では2年連続で1区5位です。

大学に入って大学No.1の選手に上り詰めます。

そして、社会人になり、5000mの日本チャンピオンになり、日本代表選手として世界陸上にも出場します。

そして2019年に距離を伸ばし、10000mで鈴木亜由子、新谷仁美を破り、10000mのチャンピオンになりました。

これらの実績から、紛れもない女子5000m、10000mの日本人第1人者です。

怪我は残念ですけど、2019年現在で日本の女子で一番強い選手である鍋島ですから、

来年のオリンピック出場を視野に入れているでしょうし、我々ファンも期待してしまいますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本陸上競技連盟(JAAF)(@jaaf_official)がシェアした投稿

 

MGCが終わりまして、東京オリンピックの女子マラソンに出場する選手は、前田穂南と鈴木亜由子に決まりました。

残りの1人が小原礼に決まるか、別の選手が条件をクリアしてオリンピックの切符を手にするのかはわかりませんが、

鍋島莉奈は、おそらく5000mと10000mでのオリンピック出場を目指すものと思われます。

鍋島が、マラソンに取り組む意向があるのかどうかは不明ですが、

マラソンに転向するとすれば、東京オリンピックの後ではないかと思われます。

↑あ!全くの私見ですよ(笑)↑

 

鍋島莉奈の実績で紹介しましたように、

2019年現在、5000m&10000mのトラック長距離で、一番強い日本人女子選手が鍋島莉奈です。

東京オリンピックで世界の強豪と戦う鍋島を観たいですよね。

・・・怪我を治して、オーバーワークに気を付けて、オリンピックに挑戦してほしいです。

まとめ

以上、今回は、長距離ランナー鍋島莉奈のプロフィール、実績などを紹介してみました。

凄い実績を残している選手で、日本のトップランナーです。

しかも、かわいい!応援したくなりますよね。

怪我を治し、復活を果たしてほしいと思います。

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみのお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください

トルソワがシニアデビューで世界が驚愕!紀平梨花は勝てるか?

日本バスケの救世主となるか?八村塁の経歴をチェック!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA