NBA2019-20が開幕します!八村・渡邊・馬場は活躍できる?

世界のバスケの最高峰、NBAの2019-20シーズンが開幕します。

今シーズンは、八村塁、渡邊雄太、馬場雄大の日本人3選手が、NBAのチームを契約をしています。

はたして、この3人はNBAで活躍することができるのか!?

今シーズンのNBAの楽しみでもある、3人の契約内容や動向、経歴などを再確認してみましょう。

NBA2019-20シーズンのスケジュール

まず、NBA2019-20シーズンのスケジュールをチェックしておきましょう。

第74回目となる2019-20のNBA、

シーズン開幕は2019年10月22日~2020年4月15日(レギュラーシーズン)、

ポストシーズンが2020年4月18日~6月中旬(プレーオフ)、

の予定となっています。

 

各チームは、約半年間で82試合した後に、

東西のカンファレンス上位の8チーム(計16チーム)によるプレーオフを戦い、NBAファイナルを目指すことになります。

 

NBAのチームは、全部で30チームあり、

30チームが東西の2つのグループ分かれ(ウエスタンカンファレンス、イースタンカンファレンス)、

さらに、各15チームのカンファレンスが、3つのグループに細分化(ディビジョン)されています。

 

例えば、

八村塁は、イースタンカンファレンスのサウスイーストディビジョンの「ワシントン・ウィザース」に所属しています。

渡邊雄太は、ウエスタンカンファレンスのサウスウエストディビジョンの「メンフィス・グリズリーズ」に、

馬場雄大は、ウエスタンカンファレンスのサウスウエストディビジョンの「ダラス・マーベリックス」に所属しています。

渡邊と馬場は、同じディビジョンに所属していますので、

NBAの試合に出場できれば、日本人対決があるかもしれませんね。

 

NBA2019-20シーズンのスケジュールはこのようになっています。

楽しみですね!

八村、渡邊、馬場の契約内容や動向

さて、そのバスケ世界最高峰の舞台であるNBAに、今シーズンは3人の日本人選手が所属しているわけです。

しかし、残念ながら、3人がNBAの試合に出場できるかどうかは、ちょっと慎重に考えなければならないんです。

 

NBAでは、NBAの公式戦に出場できる資格を持つ選手の枠のことを「ロースター」を言います。

このロースターは各チーム15人の登録人数と決められています。

つまり、八村、渡邊、馬場の日本人選手だけでなく、NBAのチームと契約をした選手は、

このロースターに登録されるかどうかが、NBAの公式戦への基準となるんですね。

逆に、NBAのチームと契約したとしても、ロースターに登録されなければ、NBAの公式戦には出場できないことになります。

 

この「ロースター」登録を踏まえて、日本人3選手の契約形態から、NBAの公式戦に出場でき、活躍できるのかどうか、

また、3人のこれまでの経歴を比較しながら、

2019-20シーズンのNBAの楽しみにしてみましょう。

※年齢は2019年10月現在のものとします。

八村 塁(ワシントン・ウィザーズ)

  • 契約形態:ルーキー契約
  • ポジション:SF/PF
  • 生年月日:1998年2月8日(21歳)
  • 身長:203cm
  • 出身地:富山県
  • 所属:奥田中→明誠高→ゴンサガ大→ウィザーズ

 

ご存知のように、八村塁は、2019のドラフトで1巡目で指名を受け、ワシントン・ウィザーズに所属することになりました。

ドラフト1巡目での指名になったので、八村の契約は「ルーキー契約」となります。

「ルーキー契約」とは、基本的に2~4年の契約期間となりますので、

八村は、ロースターに登録されれば、NBAの公式戦に出場できます。

ルーキー契約の八村の年俸は、1年目が約3.2億円、4年目で約5億円となる見通しです!

 

ロースターに登録されればNBAの公式戦に出場できますが、いわゆる「レギュラー」とはちょっと違うんですね(ま、ほぼほぼレギュラーなんですけど笑)。

試合に出場できるロースターは最大13人と決まっていて、この13人の選手の中でどれくらい長い時間試合にでるかが、八村の注目点だと思います。

幸い?にも、ウィザーズのスコット・ブルックスHCが、八村のロースター入りを明言していますので、

八村は、NBA開幕から、公式戦に出場する可能性があります。

出場したときにの活躍如何によって、出場数、出場時間が増えてくるものと思われます。

つまり、NBA2019-20シーズン、八村はNBAの公式戦で観れます!

どんな活躍をみせてくれるのか、注目ですよ!

渡邊 雄太(メンフィス・グリズリーズ)

  • 契約形態:2way契約
  • ポジション:G/SE
  • 生年月日:1994年10月13日(25歳)
  • 身長:208cm
  • 出身地:香川県
  • 所属:尽誠学園→G・ワシントン大→グリズリーズ

 

NBAのメンフィス・グリズリーズと契約して2年目の渡邊雄太。

昨シーズン渡邊はNBAの公式戦に15試合出場し、日本人として2人目のNBAプレーヤーになりました。

渡邊とグリズリーズの契約は「2way契約」という形態で、

年俸は最低賃金870万円+試合に呼ばれた手当=約3000万円ほどと思われます。

2way契約とは、ロースターと関係している部分があるんですが、

  • 基本的にはNBAの下部リーグでプレー
  • シーズン中最大45日NBAチームに所属できる
  • ロースターには含まれない
  • 各チーム最大2名まで
  • 契約期間は最大2年

という契約形態になっています。

昨シーズンNBAの公式戦15試合に出場した渡邊ですが、八村のように本契約に至っていないんですね。

渡邊の目標は、NBAのロースターに登録されることですから、活躍して認められなければなりません。

 

ジョージ・ワシントン大では活躍しましたし、NBAのサマーリーグでの活躍も認められて、つかみ取った2way契約で、

昨シーズンはNBAの下部リーグではそれなりの活躍をしているようですし、

NBAの公式戦の出場の実績もあるわけですから、チャンスはあると思われます。

また、今シーズンのNBAでも渡邊を観る機会はあると思います。

なんとか、本契約を勝ち取る活躍をしてもらいたいですね。

 

馬場 雄大(ダラス・マーベリックス)

  • 契約形態:エキシビット10契約
  • ポジション:SF
  • 生年月日:1995年11月7日(23歳)
  • 身長:198cm
  • 出身地:富山県
  • 所属:奥田中→富山一校→筑波大→アルバルク東京→マブス

 

NBAのダラス・マーベリックスと契約した馬場雄大。

まだ、NBAの公式戦には出場していませんが、出場のチャンスがあるかもしれません。

ただし、どーも、馬場の契約形態は「エキシビット10契約」だとか。

渡邊雄太の2way契約のひとつ下の契約というイメージで良いと思います。

主に、トレーニングキャンプのときに結ばれる契約で、1年間の無保証契約で、

エキシビット10の当面の目標は、渡邊雄太のような2way契約に移行することのようです。

年俸も条件が設定されているようですが、60日間所属すれば約540万円ほどとのこと。

 

つまり、馬場の場合は、今の契約ではNBAの公式戦に出場することはできません。

しかも、マブスには、既に2名の選手と2way契約を結んでいるようなので、定員が埋まっているということにもなります。

契約期間の1年間で、マブスの2way契約を勝ち取る、

若しくは、NBA下部リーグで活躍して、他のNBAチームと再契約する、ことが現実的な目標となると思われます。

NBA2019-20シーズン開幕時には、馬場の雄姿をNBA公式戦で観ることは難しいでしょう。

しかし、活躍によって、2way契約を結ぶことができれば、今シーズンにNBAデビューできるかもしれまんね。

 

馬場は、八村塁とは同じ奥田中学(富山県)の2コ先輩です。

奥田中恐るべしですね、NBA選手を2人も輩出してしまいました(笑)

 

しかし、これまでに、NBAの公式戦に出場した経験のある日本人選手は、田臥勇太と渡邊雄太の2人だけなんです(昨シーズンまでに)。

富樫勇樹も2014年にダラス・マーベリックスと契約しましたけど、NBAの公式戦に出場できませんでした。

日本人のNBAの挑戦?をまとめてみますと、

  • 田臥 勇太(4試合)フェニックス・サンズ
  • 富樫 勇樹(出場なし)ダラス・マーベリックス
  • 渡邊 雄太(15試合)メンフィス・グリズリーズ
  • 八村 塁(これから)ワシントン・ウィザース
  • 馬場 雄大(これから)ダラス・マーベリックス

この5人がNBAと契約して、2人が出場しています。

あの田臥が4試合しか出場できない、富樫が出場0、・・・NBAがいかに化け物揃いかわかりますね(笑)

2019年に契約した八村は遅かれ早かれ、NBA公式戦に出場し、日本人3人目のNBAプレーヤーになるでしょう。

同じく、2019年に契約した馬場は、これからの活躍次第で、NBA公式戦に出場できるかもしれません。

逆に、富樫のように、出場はできないかもしれません。

2019-20シーズンのNBAに挑戦している3選手に注目したいですね。

まとめ

以上、今回は、2019-20シーズンにNBAでプレーする八村、渡邊、馬場の3選手について紹介しました。

八村、渡邊は公式戦出場は確実だと思われますが、馬場については、今後の契約によるものと思われます。

それにしても、一度に3人の日本人選手がNBAと契約をしている、このことが凄いことですよ。

こうやって、日本バスケは強くなっていくんじゃないかと思います。

八村、渡邊、馬場の活躍に期待しています!

 

今回の記事が読んでくださったみなさんのスポーツの楽しみにお役に立てればうれしく思います。

よかったら関連記事の以下もご参照ください。

NBA定着なるか?渡邊雄太の経歴を確認しておきましょう

日本バスケの救世主となるか?八村塁の経歴をチェック!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA